FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

「低視聴率の女王」を返上した上戸彩の人妻フェロモン

 上戸彩(28)が不倫妻を熱演する主演ドラマ「昼顔 ~平日午後3時の恋人たち~」(フジテレビ系)が、じりじりと視聴率を上げている。実生活でも人妻となった上戸の不倫ぶりが、主婦の間で大人気というのだ。
「初回から平均視聴率13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまずのスタートだったんですが、途中、増減を繰り返しつつ、ここに来て4日放送の第8話が15.6%(同)と完全に上昇気流にのってきました。人気の理由は、上戸の不倫ぶりが口コミで主婦の間に伝わってきたからですよ」(テレビ誌ライター)
 つい数年前までは清純派アイドルだった上戸が、不倫ドラマで再ブレイクとは‥‥。
「独身時代は、好感度NO1と言われながらも、出演するドラマが惨敗続きで、『低視聴率の女王』と呼ばれてしまった。せっかくの隠れ巨乳でありながら、お色気シーンに関しては、CMの絡みで事務所からさまざまな制約が現場に入った。それが、人妻になって以前に比べかなり緩和されたので、自由に作れる環境にあるようです」(週刊誌記者)
 2012年9月にEXILEのHIRO(45)と結婚し、人妻となって2年。「半沢直樹」(TBS)では献身的人妻役、今回は不倫妻役、さて次回はどんな人妻艶技をみせてくれるのか。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

Hey!Say!JUMP・中島裕翔らが海パン姿で大暴れ!? 7月クールの土ドラで「水球ヤンキース」を放送!

フジ系で7月にスタートする土ドラが、Hey!Say!JUMP・中島裕翔主演の「水球ヤンキース」に決定した。中島は連続ドラマ単独初主演となり、水球がモチーフのドラマが制作されるのは、日本では今回が初めて。

同ドラマは、いまの時代には失われつつある“男気”を心に秘める主人公の熱きヤンキー・稲葉尚弥(中島)が、上昇志向もなくダラダラと毎日を過ごし続ける“マイルドヤンキー”たちが通う高校に転入し、“水球”に魅了されていく青春群像劇。共演者として、マイルドヤンキーの代表格で主人公とぶつかりながらも徐々に水球部の中心的存在になっていく水球経験者・三船龍二を山崎賢人、主人公のライバルとなる私立の名門水球強豪校のキャプテン・北島虎雄を高木雄也が演じることが発表されるなど、フレッシュな面々がそろう。

尚弥は幼少期の体験から“ヤンキーこそが最強のヒーローである”とヤンキーに憧れを抱き、海外で過ごしながらも日本のヤンキー漫画に影響を受け、男気あふれる青年として成長する。そんな尚弥は、高校3年の1年間を日本で過ごすために帰国。地元でも有数の“おバカ”たちが通う廃校寸前の霞野工業高校、通称“カス高”に転校することに。「カス高に行き、てっぺんを取る!」と意気込む尚弥だが、憧れていたいわゆる“ヤンキー”は日本から姿を消し、そこにいたのは保守的なヤンキー“マイルドヤンキー”たちだった。そんな絶望する尚弥が出合ったのが“水球”。尚弥が引っ越してきた町は「水球の町」として有名で、ひょんなことからライバル校の水蘭高校の虎雄に水球勝負を挑むことに。強敵である虎雄に敗北してしまった尚弥は、「ミズタマ(水球)であいつに勝ち、てっぺんを取ってやる!」と心に誓い、徐々に水球にはまっていく。

時代遅れのヤンキーに憧れ、マイルドヤンキーたちと衝突しながらも仲間と共に水球に打ち込むアツい男を演じる中島は、「主演の実感はまだありませんが、これからだんだんなじんでいきたいと思います。経験豊富な先輩、嵐の二宮(和也)さんからの“自分らしくそのままやれば大丈夫だよ~”というアドバイスを参考にさせていただいて、皆さんに助けていただきながら、仲間たちと頑張っていきたいです。楽しみです」と意気込んだ。

また、山崎は「僕が演じるのは何かを諦めている役。主人公と出会うことによって、その“何か”や情熱を取り戻していきます。このドラマを通して見ている皆さんにとって何かを取り戻したり、一歩を踏み出すきっかけになればいいなと思います」、高木は「大好きな夏をこのドラマで盛り上げたいです。そして、水球にしっかり取り組んで、その魅力を皆さんに伝えたいと思います。水球魂を見せます!」とそれぞれコメントした。

収録に向けて水球のトレーニングを開始するという中島ら。中島は「水球は本当に“カッコいい”スポーツです。攻守にわたり選手たちが一斉にクロールで移動する様子が、すごく迫力があり格好良い印象で、水球に挑戦したい気持ちがより強くなりました。その水球にヤンキーという要素が加わることで、誰も想像しえない面白い作品が出来る気がしています。水球は並大抵の体力ではできないと聞いていますので体力作りに励み、今回のドラマを通してたくさんの事を身に付けていきたいです」と気合十分。

一方、山崎と高木も「水泳とサッカーの経験があるので、自分の特技を生かしていきたいです。水球のシーンはブーメランパンツ姿なので、トレーニング、練習、筋トレを頑張って体を絞りに絞りたいです!」(山崎)、「水球は初めての挑戦です。水球は水中の格闘技、そして想像以上にハードなスポーツという印象なので、“自分にできるか!?”という不安はありますが、水球のことを勉強するほどにこのドラマを通して多くの人に水球を知ってもらいたい!という気持ちが強くなりました」(高木)とそれぞれアピールした。

クランクインは6月を予定しており、この夏“イケメン水球男子”に注目が集まりそうだ!

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

北川景子「私は世界で一番幸せ」 キムタク主演『HERO』ヒロイン役に夢心地

 SMAPの木村拓哉と女優の北川景子が10日、東京都内で行われたフジテレビ系月9ドラマ『HERO』の制作発表会見に出席した。
【関連】SMAP木村拓哉や北川景子らが出席した『HERO』制作発表会見<フォトギャラリー>

 松たか子に代わって新ヒロインとしてチームに参加する北川は「1年に4度しかない月9で、しかも木村拓哉さんの相手役で、人気のある『HERO』に出演できて世界で一番幸せな人間」と声を弾ませながら「テレビで観ていたセットの中に自分がいてお芝居のチェックをさせていただくけど、なんで木村拓哉さんと一緒に松たか子さんではなくて自分がいるのか、ピンと来なかった」と未だ夢心地の様子だった。

 一方の木村は「7月14日の夜9時に帰ってきますので、皆さん迎えてください」と連続ドラマとしては約13年ぶりの復活を宣言しながら「セットに身を置かせてもらうと、どこか落ち着く自分がいたりして。本当に帰って来られたという気持ちになった」とヒットドラマの続編に早くも馴染んでいるよう。文部科学省とタイアップも決定し、ドラマポスターが全国約4万校に配布されることを知ると「凄く嬉しいけれど、小中学生の皆さんにはイタズラで画鋲を刺さないでほしいですね」とイタズラ防止を呼びかけた。

 2001年に連続ドラマとして大ヒットし、2006年のスペシャル版の放送を経て、スクリーンにも進出した『HERO』待望の続編。型破りな検事・久利生公平(木村)と個性的な城西支部のメンバーが繰り広げる群像劇で、フジテレビ開局55年目という節目に連続ドラマとしては約13年ぶりに蘇る。この日は杉本哲太、濱田岳、正名僕蔵、吉田羊、松重豊、八嶋智人、小日向文世、角野卓造も同席した。

 ドラマ『HERO』はフジテレビ系列にて、7月14日21時スタート。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

16年大河は“三谷戦国”主役候補に役所広司、佐藤浩市ら

 2016年のNHK大河ドラマの脚本を人気劇作家の三谷幸喜氏(52)が手掛けることが6日、分かった。戦国時代の武将を題材にすることも内定。現在、主人公と主演俳優の選定が同局の関係者らと進められている。

【写真】映画「清須会議」の出演者。この中から大河主役が!?

 三谷氏は04年にSMAP香取慎吾(37)が主演した「新選組!」の脚本で、初めて大河ドラマに関わった。それ以降、人形劇「新・三銃士」(09~10年)や「シャーロック ホームズ」(放送中)の脚本を任されるなど、NHKからの信頼が厚い。子供時代からの歴史好きも公言。昨年は、戦国武将の柴田勝家を主人公にした、自身の小説「清須会議」を自らメガホンを取って映画化し、大ヒットさせている。

 題材となる戦国武将には、「清須会議」で扱えなかった織田信長や明智光秀らが有力。密室劇や会話劇を得意にしてきた三谷氏だけに、豪傑より知略や駆け引きにたけた武将が選ばれる可能性が高い。

 主演俳優も選定中。候補とされているのは三谷作品と縁が深い俳優陣で、「清須会議」に主演した役所広司(58)や、同作に出演した佐藤浩市(53)らベテラン勢の名前が挙がっている。大河ドラマの最年長主演は00年の「葵 徳川三代」の津川雅彦(74)で、当時60歳。最近は20代の若手俳優の主演が続いているが、NHK関係者は「往年の大河ファンからは、演技力をしっかり身に付けた俳優による骨太な作品を望む声も強い」と話している。

 役所や佐藤のほか、“三谷組”の俳優、女優は人気者ばかり。豪華俳優陣による戦国絵巻が展開されそうだ。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

キムタク「お久しぶり」北川景子と新コンビで「HERO」復活

 「SMAP」の木村拓哉(41)が主演し、01年に最高36・8%、平均34・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したフジテレビ系連続ドラマ「HERO」が同局7月期の月曜午後9時枠に復活することが25日、明らかになった。木村演じる型破りな検事・久利生(くりゅう)公平が事件の真相に迫っていく群像劇。久利生とコンビを組む事務官・麻木千佳を女優の北川景子(27)が演じるなど一部キャストもリニューアルし、新生「HERO」がスタートする。

 さまざまな名作ドラマに主演してきた木村にとっても、最大の「当たり役」ともいえる風変わりな検事・久利生公平が13年ぶりに「月9」に帰ってくる。

 01年1月期に放送された「HERO」は初回の33・4%から視聴率を一度も20%台に落とすことなく推移し、全11回平均34・3%を記録した大ヒットドラマ。東京地検城西支部を舞台に、久利生と事務官・雨宮(松たか子)のコンビに加え、個性豊かな検察官たちのやりとりが人気となり、06年にはスペシャルドラマ化、07年には映画化された。

 7年ぶりの復活に、木村は「お久しぶりです。2014年、再び城西支部に帰ってきました。よろしくお願いいたします」とコメント。今月20日から撮影はスタートしており、通販オタクで徹底した現場主義を誇る久利生検事に身も心も染まっている。

 城西支部のメンバーもリニューアル。久利生とコンビを組む事務官には、新たに北川が起用された。木村との共演は10年のフジ系「月の恋人~Moon Lovers」以来4年ぶり。「木村さんのカメラ目線を見ると『わ、HEROだ!』と思ってしまいます」と興奮しつつも「今回から参加した人がプラスαの部分を担わなければいけないと思いますので、新しい風を吹かせられたら」と意欲をみせた。

 城西支部のほかの検事役には杉本哲太(48)、濱田岳(25)、松重豊(51)、吉田羊(よう、年齢非公表)ら実力派俳優がそろう。事務官コンビの小日向文世(60)と八嶋智人(43)は続投し、11年に死去した児玉清さん(享年77歳)が前作まで演じていた次席検事の役職には、これまで検事部長だった角野卓造(65)が昇格する。オリジナルのキャストと新レギュラーの融合で、再び「HERO」がスタートを切る。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動