FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

糖尿病の予防に効果的なのは?筋トレ vs 有酸素運動

 そろそろ秋の検診シーズン。残暑が遠のくとともに「脱メタボ」を目指して運動を始める人も多いだろう。ウオーキングに代表される有酸素運動の効用は誰しも認めるところだが、いかんせん続かないのが難点。インドアでできる筋力トレーニング(以下、筋トレ)のほうが続けやすいかもしれない。ただ、肝心の疾病予防効果については有酸素運動の「補完」程度の認識だった。

 ところが、先日、ハーバード公衆衛生大学院の研究者らが一般内科専門誌に報告した試験結果によると、スクワットなど一般的な筋トレでも「単独」で2型糖尿病の発症リスクを下げることがわかった。試験では、およそ3万2000人の米国男性(年齢40~75歳)を1990年から2008年にかけて追跡調査。糖尿病を発症した2278人について飲酒やテレビ視聴時間、糖尿病の家族歴などの影響因子を排除した上で、運動の効果を解析している。

 その結果、全く何の運動もしない人の糖尿病発症リスクを1とすると、1週間で合計60分未満の筋トレを続けている男性は発症リスクが12%低下。60~149分では25%、150分以上、つまり1日30分の筋トレを週の5日間以上継続している男性では、34%も糖尿病発症リスクが低下していたのだ。

 筋トレの糖尿病予防効果を証明してみせた初の成果であり、研究者は筋トレ効果で大口の血糖消費先である筋肉量が増え、インスリン作用が改善すると指摘している。

 さらに、週に150分程度の有酸素運動を組み合わせたケースを解析すると、なんと6割近く(59%)も発症リスクが低下。それぞれ単独でも有用性は十分だが、両者を組み合わせることで相乗効果が期待できるようだ。ちなみに筋トレ効果は60代までが高い。中高年ほどフッキンすべきである。

 興味深いのは試験対象の平均体格指数(BMI)が25近辺であること。日本人基準なら「肥満」ギリギリラインなのだ。それでも筋トレ効果で糖尿病が予防できるわけ。太り気味を理由に有酸素運動に二の足を踏んでいる方は、まず筋トレから始めてみてはいかがだろうか。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

低カロリー食で寿命は延びない、米研究

低カロリー食を続けると健康にはなるが、寿命が延びることはないとの結果が、23年間にわたるサルを使った実験で示されたと、米国立老化研究所(National Institute on Aging、NIA)が29日の英科学誌ネイチャー(Nature)に発表した。

 論文によるとNIAでは1987年から、平均寿命が27年比較的長く個体によっては40年生きるアカゲザルを使って長期の実験を行ってきた。実験ではさまざまな年齢のアカゲザルに「普通食」と、カロリーが30%低い食事を継続して与えた。ビタミンやミネラルのサプリメントは両方のグループに与えた。どちらのグループも野生のアカゲザルよりも長生きし、体重も多くなった。

 健康度でいえば低カロリー食のグループでは普通食のグループよりも、糖尿病や心疾患、がんの発症例が少なく、またオスではコレステロール値も低くなった。しかし、NIA老年学実験研究室のラファエル・デ・カボ(Rafael de Cabo)氏によると、少なくともアカゲザルにおいてはこうした健康度が直接、寿命の長さに影響してはいなかった。

 この実験結果は、他の研究結果と矛盾しているように見える。たとえば米ウィスコンシン国立霊長類研究センター(Wisconsin National Primate Research Center、WNPRC)が現在行っている実験では、カロリー制限をしたアカゲザルのほうが長生きするという結果が出ている。

 WNPRCのリッキー・コールマン(Ricki Colman)上級研究員は、2つの研究には相違点が多く、実験結果の矛盾はそのためだとの見方を示した。特に、WNPRCでは普通食グループのサルに人間の通常の状態と同様、自分で好きなときに好きなだけ餌を食べられるようにしたのに対し、NIAの普通食グループでは人間の理想的な食事習慣を模して決まった量の餌だけを与えていた。このためNIAの実験では普通食グループのサルも、低カロリー食グループのサルと同じくらい長生きしたのだとみられるという。また、WNPRCの実験ではサルにサプリメントは与えていなかった。

 一方、デ・カボ氏は2つの異なる研究結果を比較すれば説得力のある答えが見えてくるとして、健康な食事習慣によって寿命は延びるが、低カロリー食では病気の発症を遅らせることはあっても寿命の延長にはつながらないという結論が導き出されるだろうと述べている。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

がんの要因は過剰鉄分か=ヒトと同様の染色体変化―名古屋大

 実験用ラットに鉄分を投与し腎臓がんを発症させ、染色体が変化する様子を調べたところ、ヒトのがんと共通する特徴があることが判明したと、名古屋大の豊国伸哉教授らの研究グループが発表した。研究成果は29日付の米科学誌プロスワンに掲載された。
 豊国教授らは、ラットの腹に特殊な鉄分を過剰に投与し腎臓がんを発症させた後、ラットのがん細胞から染色体を抽出するなどして解析。ヒトの腎臓がんの染色体と比較したところ、似た位置に欠損や増加などの変化が見られたという。
 豊国教授は「ヒトのがんも、主に過剰な鉄分によって引き起こされている可能性がある。がんが発生する原理の解明に貢献できるかもしれない」と話している。 

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

なぜ、くしゃみをするのか?

 くしゃみには、細菌などの“迷惑な侵入者”を体外に排出する働きがある。しかし、新たな研究によると、それ以外にもさまざまな役割があるようだ。

 異物を吸い込むと、鼻の穴や鼻腔のセンサーが探知して、繊毛(せんもう)に排除するように信号を送る。繊毛とは、鼻の穴と鼻腔に並んでいる毛のような器官だ。

「このプロセスは常に“ローギアのアイドリング”状態で、必要なときに繊毛が素早く動き出せるよう準備している」と、共同研究者でペンシルバニア大学とフィラデルフィア退役軍人医療センターの耳鼻咽喉科医ノーム・コーエン(Noam Cohen)氏は話す。

 くしゃみで一気に吐き出される空気には、鼻腔をきれいにする効果がある。研究チームによると、繊毛のセンサーを刺激して、“トップギア”で数分間フル稼働させる役割も明らかになったという。

「その意味で、くしゃみは鼻のシステムをリセットしていると言える。Ctrl、Alt、Deleteキーを一度に押すとパソコンは再起動する。これと同じだ」とコーエン氏は語る。

 ピッツバーグ大学医学部の耳鼻咽喉科医ステラ・リー(Stella Lee)氏は、「“過小評価された器官”である鼻の役割について、特に健康維持の観点からスポットを当てた」と説明する。

◆くしゃみの仕組みを解明

 繊毛を顕微鏡で見ると、「絶えず動いている毛足の長いカーペット」のように見える。肺の有害な微生物や微粒子を鼻腔や食道まで押し出す役割があり。鼻腔に運ばれた物質は体外に排出され、食道の場合は胃に落ちて、胃酸で分解される。

 繊毛が働く環境には粘液が欠かせない。人間の鼻は1日に約1リットルの粘液を分泌し、その大部分は飲み込まれている。

 副鼻腔炎や嚢胞性線維症(のうほうせいせんいしょう)などの遺伝性疾患の患者は、粘液の処理がうまくできない。くしゃみを何度しても改善されないという。

 コーエン氏のチームでは、繊毛による粘液の排除にくしゃみが一役買っているかどうかや、副鼻腔炎の患者ではその機能が損なわれているかについて調べることにした。

 まず、健康な人と副鼻腔炎患者の鼻の穴から細胞を採取し、培養器の中で数週間、鼻腔内と同様の膜を形成するまで培養した。

 次に、健康な人の膜に空気を吹きかけて、試験管内で“くしゃみ”を起こした。「細胞の繊毛は素早く波打った。思った通りの結果で、仮説が実証された」とコーエン氏は述べる。

 一方、副鼻腔炎患者の膜に空気を吹きかけても、繊毛の動きに変化は見られなかったという。

「患者がくしゃみをしたときは、健康な人のような細胞の反応が起きないのだろう。例えば、慢性的な炎症や副鼻腔炎に関わる細菌内の毒素によって、繊毛の正常な機能が妨害されている可能性がある」。

◆副鼻腔炎患者を救う治療法

「次の課題は、研究成果を治療法の開発に活かせるかどうかだ」とコーエン氏は話す。理論的には、鼻スプレーなどの局所的な治療法を開発し、粘液の排除がうまくできない患者の繊毛を活性化できるかもしれない。

 ピッツバーグ大学のリー氏も、「今回の研究は新たな治療につながる可能性がある」と同意する。「アメリカでは1400万~1600万人の患者がいるが、副鼻腔炎には十分な治療法がない」。鼻づまり、嗅覚や味覚の減退、顔の痛みや腫れなどの症状は、薬や手術で緩和しているという。

「有効な方法が見つかれば、効果は非常に大きい」とコーエン氏は期待を寄せる。

 今回の研究は「FASEB Journal」誌8月号に掲載されている。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

乳酸菌で睡眠障害改善=ヨーグルトなど商品化へ―サッポロ

 サッポロビールは24日、同社が保有する「SBL88乳酸菌」に、ストレス性の睡眠障害を改善する効果があることをマウスを使った実験で見つけたと発表した。同社は、この乳酸菌を使ったヨーグルトなどの食品を年内に商品化する方針。
 実験は独立行政法人産業技術総合研究所と共同で実施。ストレスをかけて睡眠障害を引き起こしたマウスは寝付きが悪くなり、活動時間帯の活動量が低下するが、この乳酸菌を混ぜた餌を与えると活動量の低下が抑えられたという。 

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動