FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

就職先「公務員になりたい」が5割超す 本当に「楽で一生安泰」なのか

就職活動に臨む学生にとって厳しい環境が続くなか、就活生の安定志向が顕著になってきたようだ。就職先として公務員が人気を集めているという。

しかし近年は、公務員の採用人数減少や給与削減の話が進んでおり、自治体の中には財政破たん状態にあるところも出てきた。果たして一生安泰な職業と言えるのか。

リーマンショック後「公務員コース」受講生が増

人材サービスを手がけるレジェンダ・コーポレーションが2012年5月22日に発表した、大学・大学院生の就職活動動向調査には興味深いデータが見られた。回答した721人のうち、「公務員になりたいと思ったことがある」と答えた割合が、半数を超える51.9%に上ったのだ。理由として最も多かったのは「長く勤められる」で42.5%、「リストラされない」が37.7%でこれに続く。

学生本人が希望しているだけでなく、約7割が「周囲から公務員を就職先として勧められた」と回答。その相手は「両親」という人が72.5%と突出している。民間企業は近年、業界大手でも業績不振に苦しむところが少なくない。グローバル化の波が押し寄せて外国人採用を増やす企業が増えつつある。就職するのもひと苦労だが、入社後も早出やサービス残業が当たり前、社内外の競争も激しく先行き不安というところが少なくない。就活生やその親が、公務員なら競争が少なく勤務時間も比較的はっきりしており、将来も安心と考えても不思議ではないだろう。

実際に、公務員を目指す若者は増加傾向にあるようだ。各種資格の専門学校・講座を運営する大原学園に取材すると、2008年秋に起きたいわゆる「リーマンショック」の後、公務員コースで学ぶ生徒が増えたと話す。大学在学中にいわゆる「ダブルスクール」として受講する学生だけでなく、高校を卒業後、あるいは大学を中退した後に大原学園に入学して公務員試験を目指す若者もいる。18歳人口が「右肩下がり」で減り続けるのとは対照的に、同校の入学者数はアップしているが、とりわけ公務員を希望する受講生は多いようだ。

人材コンサルタントの常見陽平氏は、複数の大学のキャリアセンターと接触したうえで、就活生の間で公務員人気の高まりを「明確に実感しています」と話す。特に地方公務員が注目を浴びているそうだ。レジェンダの調査でも、公務員の中で希望する職種のトップは「市役所・区役所職員」だった。東日本大震災を境に、大企業でも「絶対安心」と思えなくなった就活生が、さらなる安全性を求めて公務員を目指す傾向が強くなったという。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

2013年度卒業予定者が選ぶ「IT業界 就職人気企業ランキング」

■IT業界の就職人気企業ランキング、総合1位は「NTTデータ」

 楽天は4月23日、同社が運営するクチコミ就職情報サイト「みんなの就職活動日記」(みん就)において実施した「IT業界 就職人気企業ランキング」の結果を発表した。

 同調査は2011年12月15日~2012年2月12日に、「みん就」に登録する2013年度卒業予定の学生会員を対象としてインターネットおよび「みん就」主催の就職フォーラム会場でアンケートを行ったもの(企画協力:日経コンピュータ)で、1,499名の回答を得ている。

 総合ランキングで1位は「NTTデータ」(658票)、続いて2位は「富士通」(408票)で昨年と同じ結果となった。3位は「NTTコミュニケーションズ」(343票)、4位は「野村総研」、5位は「ヤフー」。6位以下には「NEC」、「日本アイ・ビー・エム」、「楽天」、「グーグル」、「伊藤忠テクノソリューションズ」がランクインしている。

 トップ10企業は、順位の変化はあるものの昨年と同じ顔ぶれとなった。これらの企業を挙げた理由には、「社会に役立つ仕事ができる」「社風・居心地が良い」といった回答が多かったという。

 また、上位3社に共通しているのが「セミナー・説明会での説明が詳細でわかりやすかった」という点だという。同社では、「企業の情報公開が10月から12月になったことから、学生は企業研究の時間が少なくなり、セミナーや説明会を使って学生に正しい業界理解と企業理解を促した企業が高い支持を得ている」と分析している。

 「他の業界(IT業界以外)の会社から内定が出た場合、どちらを就職先として優先させるか」という質問に対しては、「IT業界の企業を優先する」が昨年よりも2.6ポイント上昇した。一方、「IT業界ではない方の企業を優先する」は、昨年よりも2.5ポイント減少しており、学生のIT業界の見方が少しずつプラスの方向に変化している様子が伺えるとしている。

 なお、「みんなの就職活動日記」のサイトでは、総合ランキング(100位まで)と分類別ランキング(それぞれ10位まで)が掲載されている。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

高校生内定94% 19年ぶり高水準 宮城

 宮城労働局が19日に発表した県内の新卒高校生の就職内定率(2月末現在)は94・7%で、前年同期を12・2ポイント上回り、平成5年3月卒以来となる高い水準に達した。

 高校生の就職希望者はこれまで県内志向が強かった。ところが、東日本大震災で沿岸地域の地元企業が被災して、県外希望に切り替える生徒が増え、県外企業も震災枠で被災地の生徒を優先したことから、高水準の内定率となった。

 求職者4060人(前年同期比4・6%減)に対する就職内定者は3845人(同9・5%増)。うち県外内定者は前年同期より272人も多い969人。一方、県内就職希望者は前年同期より444人少ない3076人だった。

 復旧・復興事業もあって求人数が31・3%増の5393人、求人倍率が0・58ポイント増の1・75倍になったことも高い内定率につながった。ただ、震災による特殊事情が来年度以降も続くとはかぎらないことから、宮城労働局は「予断を許さない状況」としている。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

「学生ならアリだろうけど社会人は……」SNSが転職活動では利用されない理由とは

 以前、本コーナーで「IT業界志望なら当たり前!? 就活でのフェイスブック、ツイッター利用率が上昇中」という記事を公開した。ツイッターを就活で使う学生は半数以上、ツイッターに比べて日本での普及が遅かったフェイスブックに関しては約30%という利用率の高さが明らかとなった。だが、社会人が転職活動を行う際のSNS利用率は、まだ低いようだ。転職サイト「DODA」の行った調査によれば、転職活動におけるSNS利用率は9.8%に過ぎないという。では、調査内容を詳しく見てみよう。

 調査対象は転職活動経験のある25~39歳のホワイトカラー系職種の男女(正社員)。実施期間は2011年10月22日~23日。調査方法はインターネット。有効回答数は1000件。

● SNSを利用した情報収集 学生と社会人の差とは? 

 SNS利用率が低い理由として、同調査では「ネット内に実名や社名、職歴を公開する習慣が日本にはまだ根付いておらず、またビジネス機会の創出にソーシャルメディアを活用するケースも少ないから」としている。ただ、これだけでは学生に比べて転職組である社会人の利用率が低いことを説明するのは十分ではないだろう。

 SNSを利用する理由として主に考えられるのが、「情報収集」と「人脈作り」だ。このうちの「情報収集」は、転職組であればそれまでの社会人経験から得る部分は大きい。どこにあたればほしい情報にたどり着けるか、理解できているのが転職組だと言える。それに比べると多くの学生たちはまだ社会を知らず、どのように情報収集をすれば良いのかもわからない段階だろう。そこでデジタルネイティブである彼らは、ネットでの情報収集に精を出すのではないか。

 また、これは推測に過ぎないが、「ネットを使って情報収集」ということの示す意味合いは学生と社会人でやや違うと考えられる。情報収集の初期段階からネットを利用するのが学生で、ネットでしか知り得ない情報に関してのみ利用するのが転職組ではないだろうか。

● ミクシィとフェイスブックで大きく異なる 「利用する理由」

 さて、少数派とはいえ転職活動でSNSを利用する人たちは、どのSNSを最も利用しているのだろうか。最も多かったのはミクシィ(6.3%)で、フェイスブック(4.7%)、ツイッター(4.3%)、そしてビジネスに特化したSNSであるリンクトイン(1.9%)が続く。

 違いが目立ったのは、「SNS別の利用目的」。「企業や求人の情報収集」はフェイスブック(40%)が最も多く、ミクシィ(29%)が最も少なかったが、「他の転職者の動向を知る」はミクシィ(21%)が最も多く、フェイスブック(13%)が最も少なかった。また、「人脈を築く」はフェイスブックが53%、ミクシィが35%、「自己PRをする」は同11%、13%、「企業と直接対話する」は同11%、同3%だった。「企業へ応募する」はフェイスブックが6%、その他のSNSはすべて0%だった。

 今回の調査では、実名制で学歴や職歴を記入することを推奨するフェイスブックの特徴が強く出た結果と言えるだろう。また、ミクシィでは、転職者同士など同じ目線の相手とのコミュニケーションが他のSNSよりも活発な様子が見受けられた。

 まだまだSNSを使った転職活動が一般的ではない日本。これから一層SNSが社会に浸透していくうえでSNS転職が海外のように一般的となるか――。それは、SNSを使ったビジネスの進展に日本人がついていけるか否かが重要な判断基準になると思われる。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

会社情報専門口コミサイトが好評

就職や転職を希望する際、リアルな社風や社内の雰囲気などを知ることは、なかなか難しい。そんなお悩みを解決するべく11月30日、「誰もが簡単に、自分に合った会社を見極められるクチコミサイト」をキャッチコピーにした『カイシャの評判』がオープン。こちらがなかなか好評だ。

このサイトは、求人情報のポータルサイト「エン・ジャパン」が開設したもの。「会社名」「都道府県」「業種」ごとに欲しい情報を検索できるようになっており、利用者は自分が勤めている(勤めていた)会社の情報を書きこんだり、それらに関する情報を閲覧したりすることができる。

会社情報提供者が書き込む情報は、やりがい、安定性、成長性・将来性、社会貢献、給与水準、人事評価制度等々多数の項目に分けられており、サイトにはすでに

「生き残ってはいけるとおもいますが成長性は少ないのではないでしょうか?」(某エネルギー企業の【成長性・将来性】について)
「仕事の進み具合や時期など様々な状況によってかわってくるので何時に帰れるなど明言することはできません」(大手IT企業の【福利厚生】について)
「退職金制度もなく長く働こうという意欲を給与の面からは持ちにくい」(人材紹介企業の【給与水準】について)

といった“中の人”ならではの書き込みが続々と登場。ツイッター上にも、このサイトに関して

「会社のホントの姿がわかり、就活の人にとってはいいかも!」(原文ママ)
「就職活動のときに欲しかったなー」
「このサービス結構怖い気がする・・・w:企業の評判、口コミ、年収から求人情報まで分かる」

といった声が寄せられており、どこまで参考にするかは人それぞれだが、就職・転職の下調べに威力を発揮しそうだ。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動