FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

恋の「不幸グセ」に要注意!

相手や環境が違っても恋がうまくいかないとしたら、原因はあなたの側にあるのかもしれません。誰と恋をしても辛く悲しい展開に……そんな「不幸グセ」から脱出するには、どうしたらいいのでしょうか。

辛い恋ばかりしてしまうあなた。後先考えず恋に溺れたり、周囲の反対も聞かずに飛び込んだりしていませんか?

恋愛にはさまざまな場面があります。その恋を楽しくするも辛くするも、結局はあなた自身の心が決めるもの。
誰だって幸せになりたいはず。しかしなぜか不幸な道ばかりを選んでしまう人がいます。傍目には、幸せな選択を放棄し、わざわざ不幸へと身を投じているようにも見えます。
「私だって幸せになりたいのに」
彼(彼女)らが望む幸せを選べないのは、どうしてなのでしょうか?


冒険心が災いを招く理由

いくつか具体例をあげてみましょう。

■ネットで知り合ってまもない彼に一目惚れ。プロフィールを鵜呑みにし、つきあって半年後、彼に妻子がいたことが判明。

騙した彼はもちろん悪いのですが、彼の素性を確かめもせず、出会ってまもない相手を全面的に信用してしまうのは、あまりに純粋すぎます。万が一犯罪にでも巻き込まれたら、傷つく程度では済まないかもしれません。
友人の紹介のように第三者の信頼があれば別ですが、ナンパやネットなどの出会いは、相手の身元を確かめるまで距離を保つくらい慎重でいいのです。

■前から少し気になっている男友達に誘われ、彼の部屋へ。ふたりきりで酒を飲むうちにベッドへ押し倒され、不本意ではあったが関係を持ってしまう。これで両思いになったのかと思いきや、その後音信不通に。

恋にはタイミングも重要。しかし自分が不本意だと思っている以上、それはタイミングの一致とはいえません。
一番よくないのは、この後「遊ばれた」などと被害者ぶること。抵抗できなかったから自分は悪くないというのは間違いです。本当にイヤならば、彼の部屋(密室)でふたりきりになる状況を作らなければいいのです。
(もちろんふたりきりになっても紳士的な男性もいますが、すべてがそうとは限りません)

恋に積極的なのは素敵なこと。だけど猪突猛進に突き進んでしまうのは危険です。特に、女性が安易に好きな男性との関係を深めてしまうことは不幸の温床。「しなければよかった」と後悔する可能性が1ミリでもありそうなときは、きっぱり拒絶する勇気を持って。
恋の進展と体の関係は、必ずしもワンセットではありません。自分を大事にしない人は、他人からも大事にされません。

目の前の幸せから目を背けてはダメ。じっくり見つめ、飛び込む勇気を持とう。

幸せになるのが怖い心理とは

前項とは逆に、慎重になりすぎて幸せな恋を逃してしまう人もいます。
幸せになる選択を選べない、わかっているのに手放してしまう「不幸グセ」は、過去の失恋や幼少時代の家庭環境など、深く傷ついた心が引き起こしています。
幸せになりたいくせに、幸せの絶頂にいるほど「こんな幸せ、長く続くはずがない」と否定的に捉え、落ち着かなくなってしまう。むしろ多少困難を味わっているときのほうが「まだ上を目指せる」と、安心するのです。

原因(心の傷)を治癒するのは簡単なことではありません。セラピストや心療内科など、専門家の手を借りたほうがいい場合もあるでしょう。

ただ、臆病や慎重なのも悪いことばかりではありません。
何も始まらないうちに終わらせることは、今以上に深い傷を増やさないために無意識に身につけた処世術。特に女性は奔放すぎるより多少は慎重なほうが、真面目で好印象に映ります。


「石橋」は適度に叩こう
「石橋を叩いて渡る」ということわざがあります。恋の場面においても、その道を選んでいいかどうか、考えもせずに渡るのは無防備というもの。無用なトラブルやアクシデントに巻き込まれる「冒険者」タイプの人は、ひと呼吸するだけの冷静さを意識して。

告白や関係を進展させるターニングポイントなど、大事な場面は特に、その場で結論を出さず、持ち帰って一晩考えるくらいでも遅くはありません。それで去ってしまうような相手なら、あなたの人生において縁の深い人ではなかったのです。本当にあなたのことを愛している相手なら、心が決まるまで待ってくれるはず。

逆に、石橋を叩き過ぎて壊してしまうのも考えもの。保留というのも立派な選択肢ですが、恋愛は相手あってのもの。いくら待ってくれると言われても、無期限に待たせては、待たされるほうも痺れを切らしてしまいます。

傷つくことを怖れている人は、友人などからできるだけ多くの失敗体験を聞き、シミュレーションしてみましょう。「自分だけが辛い恋をしているわけではない」と知ることは、心の平穏に繋がるだけでなく、傷つくことへの恐怖心を薄める効果があります。

待たせないために断る、という選択ばかりしていると、どんな恋も先へは進めません。たとえ心が傷つけられても、あなたがあなたであることに変わりはないのです。
選んだ先の未来が幸せになるか不幸になるかは、誰にもわかりません。ひとりよがりに止まったり焦ったりせず、愛する人と足並み揃えてゆっくり進んでいくのが最良です。
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/751-dd3ccafe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック