FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

山中詩乃、競技歴1年半で五輪切符 近代五種

 【いざロンドン】 昨年5月のアジア選手権。最終種目の「3000メートル走・射撃」で残り約100メートルに力を振り絞った。1人かわし、トータル6人抜きで5位入賞。近代五種の競技歴約1年半の山中詩乃(自衛隊)が、日本人女子初の五輪切符をつかんだ瞬間だ。

 国内の女子の競技者は5人程度。山中が競技を始めたのも2009年の自衛隊入隊後だ。陸上の長距離出身。高知・山田高2年時に全国高校駅伝でチームの8位に貢献し、3年では大分国体少年女子A5000メートルで2位に入った。

 「まだ伸びる自信はあったけれど、オリンピックに出られるレベルかと言えば、厳しかった」

 大学にあこがれもあったが、高校が寮生活で両親には経済的に負担をかけた。「准看護師の資格も取れるし、給料ももらえる」。そんな思いで自衛隊への入隊を決めた。

 陸上での実績が、自衛隊体育学校近代五種班の才藤浩日本代表監督の目にとまった。「近代五種なら、五輪に出られるかもしれないぞ」という言葉に心を揺さぶられた。

 中学1年で陸上に転向するまで、水泳の自由形の選手だった。漠然とした夢が「将来、五輪に出ることだった」。近代五種に水泳が含まれたことも有利に働いている。

 まだまだ苦悩の連続だ。フェンシングの剣先が怖くて、頭からよけてしまう癖がなかなか直らない。

 馬術では何度も落馬の恐怖を味わった。一昨年の全日本選手権は危険との理由で、馬術の出場さえできなかった。厩舎(きゅうしゃ)当直を交代でこなすうち、ようやく「馬の機嫌や調子がわかるようになった」。

 「競技歴は短いし、水泳も陸上も、専門の人には全然かなわない。でも、だからこそ伸びしろがある」と五輪までにさらなる成長を目指す。

 インターネットで見つけたロンドン五輪金メダルの画像を携帯電話の待ち受け画面にする。「見るたびにモチベーションが上がる。出るからにはメダルを取りたい」。異例のスピードで駆け上がった五輪の舞台に、21歳の夢の続きがある。 (田中充)

 【プロフィル】山中詩乃(やまなか・しの) 1990年8月3日、高知市生まれ。幼稚園から水泳を習い、中学1年から陸上部に所属。中学3年から4年連続で都道府県対抗駅伝メンバーに選ばれ、全国高校駅伝にも出場した。2009年に自衛隊に入隊し、同年10月から近代五種に挑戦。11年5月のアジア選手権で5位に入り、日本女子初の五輪出場を決めた。158センチ、42キロ。

 【用語解説】近代五種…フェンシング(エペ)水泳(200メートル自由形)馬術(障害飛越)の3種目で得点を争い、4ポイント1秒でタイムに換算。最後の複合(3000メートル走+射撃)で上位順にスタートして順位を競う。男子は1912年ストックホルム五輪から、女子は2000年シドニー五輪から採用された。
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/7072-dbfa957a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック