FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

<芥川賞>毒舌…いえ、無口でまじめ 素顔の田中慎弥さん

 「都知事閣下と都民各位のために、もらっといてやる」--先月の芥川賞決定記者会見の発言で、一躍時の人となった田中慎弥さん(39)=山口県下関市在住。受賞作「共喰(ともぐ)い」(集英社)の発行部数は、純文学としては異例の20万部に達した。すっかり毒舌のイメージが広まったが、素顔の本人は?

 受賞決定から2週間後の1月31日夜。北九州市内で、田中さんを囲んで祝杯をあげる数人の集まりがあった。受賞会見に話題が及ぶと、田中さんは「葉室(麟)さんと円城(塔)さんに申し訳なくて……」。例の発言のためにメディア(特にテレビ)の関心が自分に集中し、ほかの芥川・直木賞受賞者の存在がかすんでしまったことをしきりに気にしていた。

 文芸担当として07年ごろから接してきた記者の目に映る田中さんは、周囲にこびない、無口でまじめ、発する一言一言に説得力がある--といった印象。確かに社交的ではなく、取材を始めて10分ほどで話題が尽き、長い沈黙が続いて焦ったこともあるが、人を寄せ付けないタイプでは決してない。

 酒好きと聞き、飲み会に誘うと、初対面の相手ともよく飲み、文学談議で盛り上がった。同席した一人が作家志望で、自作の小説のコピーを託されると、驚いたことに約1カ月後、小説の感想とアドバイスを書いたファクスが送られてきた。酒席での約束も忘れない誠実さと律義さがある。

 芥川賞受賞後、燃え尽きて創作から遠ざかる作家も散見されるが、田中さんにはそんな心配は無用。なにせ発表の当てもないのに20歳から毎日書き続けてきた。田中さんの作品世界は、父と子の関係や血脈の問題をテーマに、悪夢的な暴力の世界が描かれる例が多い。「共喰い」の主人公は、性行為の最中に相手に暴力をふるってしまう男子高校生。海峡の町を舞台に、濃密な空気をたたえながら、物語は展開する。

 受賞後第1作は、1月23日付の本紙西部本社版に掲載された掌編「竹やぶ」。短編の名手として知られるが、初の長編にも挑んでいる。文芸誌「群像」に連載中の「燃える家」は最終的には1000枚の分量に上る予定で、作家としての新境地を示す。

 下関市在住の直木賞作家、古川薫さん(86)は「『共喰い』は下関の方言を巧みに織り込み、成功させた初の小説。言葉が音楽的で、ユーモラスな感じも出ている」と評価。田中さん本人は「当面は下関から動く予定はない」と言い、「生まれ住んだ土地でただ小説を書いているだけ」。今回の20万部については「これほど多くの人に読んでもらえるのは最初で最後かも」と話す。

 パソコン、携帯を持たず、原稿は手書き。古風な文士のスタイルは、今後も変わりそうにない。

 さて、17日は芥川賞の贈呈式。毒舌を“期待”する向きもあるが、本人は決して騒ぎは起こさないと明言している。

 ◆たなか・しんや 山口県下関市出身。高校卒業後一度も職に就かず、05年「冷たい水の羊」で新潮新人賞を受け作家デビュー。08年「蛹(さなぎ)」で川端康成文学賞、「切れた鎖」で三島由紀夫賞を受賞。芥川賞受賞決定時の記者会見にはワイン2杯を飲んで現れ、「もらって当然」などと発言。選考委員で東京都知事の石原慎太郎氏をやゆした会見の模様が、テレビのワイドショーなどで大きく取り上げられた。
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/6706-445c3527
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。