FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

平田容疑者出頭1週間 捜査員100人態勢 教団関係者と接触か

 ■奈良・橿原から天王寺へ

 東京・目黒公証役場事務長監禁致死事件で、16年10カ月の逃亡の末に逮捕されたオウム真理教元幹部、平田信(まこと)容疑者(46)が、警視庁丸の内署に出頭してから7日で1週間。接見した弁護士には教団や麻原彰晃死刑囚(56)=本名・松本智津夫=との決別を強調するなど冗舌に語るものの、取調官にはときに敵意をむき出しにするという平田容疑者。奈良県橿原市から新大阪を経て出頭したとみられ、大阪・天王寺で教団関係者と接触したとの情報もあり、警察当局で確認を急いでいる。

 ◆「全面戦争」名残

 「他人に迷惑をかけるので」。捜査関係者によると、平田容疑者はしばしば供述を拒むという。事件について「犯行計画は知らなかった」と犯意を否認。取調官の質問に答えず、にらみつけることもあった。

 一方、接見した滝本太郎弁護士を通じてみえる顔はまったく違う。「(麻原死刑囚の)法廷での情けない態度を知って、教団への気持ちが離れた」「自分は非常に罪深い人間」「社会に大きな不安を与えてしまいおわびの言葉もない」。率直に反省の弁を口にしている。

 ある捜査幹部は「事件当時、警察とオウムは『全面戦争』をしていた。警察に対する不信感や敵対心は簡単にぬぐえないのだろう」と分析する。

 ◆弁護士には冗舌

 警察には話さなかった出頭までの足取りについて、弁護士には話し、報道などを通じて知った警視庁が後から確認したこともある。

 出頭前に警察のフリーダイヤルに10回以上電話して電話中だったことや110番通報したことも主張したが、それも警視庁は当初聞かされていなかった。急いで確認したところ、その時間帯、フリーダイヤルへの着信はなかった。

 また、平田容疑者は取り調べ中に「寒い」と漏らすことが多いという。取り調べ場所の大崎署は3年前に建設されたばかりで、暖房設備は新しい。取調官はワイシャツ姿で取り調べに当たっており、ある関係者は「異常な寒がりようだ。相当暖かい場所にいたので、寒暖の差を感じるのではないか」と首をひねる。

 捜査関係者らの間では「海外で、南方に潜伏していたのではないか」との観測も出ている。

 ◆御堂筋線で新大阪

 出頭前の足取りも、徐々に絞り込まれている。

 捜査関係者への取材では、平田容疑者は昨年12月31日に出頭した直前、奈良県橿原市内から大阪市内の天王寺駅に移動し、教団関係者と接触したとの情報もあり、警察当局は確認を急いでいる。

 その後、地下鉄御堂筋線を利用してJR新大阪駅に行ったという。警視庁の捜査では、新大阪駅とJR山手線の品川駅構内で防犯カメラに平田容疑者の姿が写っているのが確認されている。

 警視庁は平田容疑者が新大阪駅から東海道新幹線でJR品川駅に行き、大崎駅から大崎署に寄った後、恵比寿駅を経由して霞ケ関駅から警視庁本部、丸の内署へ移動したとみている。

 警視庁は平田容疑者が関西地方に潜伏していた疑いがあるとみて、大阪などに捜査員を派遣。御堂筋線の駅の防犯カメラの映像を収集して分析するなど、平田容疑者の足取りを詳細に調べている。

 また、平田容疑者は逃走直後、教団から1千万円の資金を受け取ったとされるが、逃亡生活を組織的に支援した者がいる疑いもあるとみて、オウム真理教から分派した「アレフ」関係者らから任意で事情聴取を進める。大崎署捜査本部の陣容も60人から100人態勢に増強した。

 警視庁幹部は、オウム事件で特別手配中で現在も逃走している高橋克也(53)、菊地直子(40)両容疑者の潜伏先についても、「平田容疑者の潜伏先が分かれば、2人の逃走経路も割り出せる可能性がある」と期待を寄せている。
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/5958-1de71507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。