FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

津川雅彦、号泣「死んだとはまだ思えない」

 俳優、長門裕之さん(享年77)の訃報を受け21日夜、弟で俳優の津川雅彦(71)が都内にある長門さんの自宅前で会見した。最期を看取ることができなかった津川は「死んだとはまだ思えない」と苦しい胸の内を吐露。芸能界の良きライバルで良き理解者だった兄を「厳しい兄貴だった。70歳を過ぎて、やっと仕事の中で協力し合える良い関係になってたのに…」と涙ながらに振り返った。

 死に目には会えなかった。長門さんはこの日の昼頃から意識がなかったといい、津川のもとに危篤の連絡が届いたのは午後3時過ぎだった。

 「もう少し待ってくれ」。必死に医師を説得した津川だったが、「もうかわいそうだから…」と医師は心臓マッサージの手を止めた。無言の兄と再会したのは、病院のベッドの上だった。

 「とても安らかな顔をしていたよ。死んだとはまだ思えない。踏ん切りがつかない…」。津川は目を赤くしながら、弱々しい声で振り返った。

 最後に会ったのは見舞いに行った3日前。監督としても活躍する津川が「次に作る映画に、兄貴も出てもらうよ」というと、「よし」と返してきたという。

 「昨日までは元気だったのに」とあまりに突然の出来事に信じられない様子の津川は、「体、だいぶ弱っていたんでしょうね。外見のみてくれと、中で浸透していることは別だったんでしょう…」としんみり。

 芸能界の先輩でもあった兄を「厳しい兄貴だったからね。ライバルだったし、目の上のたんこぶとして君臨していてくれた」と振り返った。

 津川はマキノ雅彦名義で初めて映画監督を務めた06年の映画「寝ずの番」、2作目の08年「次郎長三国志」と続けて長門さんを出演者として起用。09年に長門さんが愛妻を亡くしてからは兄弟愛はさらに深まり、互いに支え合ってきた。

 津川は「70歳を過ぎて、やっと仕事の中で協力し合える良い関係になっていたんだけど…」といい、「頼りがいのない男ですよね。死に目に会えなかったし…」と、鼻をすすった。
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/2931-8613926f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック