FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

女流王将が苦杯を喫した将棋コンピューター「あから2010」とはナニモノだ!?

今年4月、情報処理学会から「名人に伍する力あり」との挑戦状を送り付けられた日本将棋連盟は、「いい度胸をしていると、その不遜な態度に感服仕った次第」と受けて立った。連盟が対戦相手に選んだのは、清水市代女流王将。タイトル戦登場は60回、獲得は歴代1位の計43期、女流とは言え、男性棋士からも通算29勝を挙げているトッププロである。その清水女流王将が、「トッププロ棋士に勝つ将棋プロジェクト」が送り込んだ刺客「あから2010」に86手で破れてしまったのだ。

 コンピューター将棋と人間の勝負と聞くと、「Bonanza」が渡辺明竜王に惜敗した2007年の対局が思い出される。しかし、当時に比べるとハードもソフトも大きく進歩しているはず。実際、アマチュアレベルでは、高段者でも強豪ソフトに勝てないという現状もある。会場では女流王将を応援する声が圧倒的だったが、それは「コンピューター有利」と感じていた人が多かったことの裏返しだったのかもしれない。

 コンピューター将棋史上初めてプロ棋士に勝ったあから2010は、計169台(676コア)のコンピューターを並列化したクラスターマシンで、指し手は世界最強レベルの4プログラム(激指、GPS将棋、Bonanza、YSS)が合議制多数決で決定する。アニメ「ヱヴァンゲリヲン」のマギシステムを彷彿(ほうふつ)とさせる、情報処理学会の英知の結晶だ。

 個人的には「そこまでしないと、まだプロには勝てないのか」とも思うが、フルマラソンで自動車に勝てる人間がいないように、そもそも人間と機械が勝負すること自体には、あまり意味はないのかもしれない。「勝ってほしい」という周囲からのプレッシャー、6時間に及んだ対局の疲れなど、コンピューターが決して感じない負荷を背負って、清水女流王将は善戦したとも言える。余談だが、今回の対局で対戦相手に男性棋士が選ばれなかった理由は、プロのメンツ云々より、発足して間もない女流棋士ファンクラブ「駒桜」を盛り立てることが目的だったからではないだろうか。

将棋プログラムは人工知能を開発するための手段のひとつなのだから、興味深いのは勝敗よりもむしろ、「あから2010」がどれだけ人間の感覚に近い指し手を選んだかだ。対局後の記者会見で、清水女流王将は「もっと奇抜な手を指してくる印象を持っていたのですが、実際に対局した感じでは、より人間に近いというか、棋理(将棋の理論)に反しない手の連続だったように思います」と述べている。

 両者の対局を振り返りながら、あから2010の人間らしさ、コンピューターらしさを検証してみたい。

コンピューターが女流王将を挑発!? 

 清水女流王将は、急戦からの激しい将棋を得意としており、清楚な外見からは想像もできない“暴力的な手”を放つこともある棋士だ。生粋の居飛車党で、初手▲2六歩の採用率が高いことでも知られている。実際、振り駒で先手番となった清水女流王将は、初手▲2六歩と指した。

 ところが、後日公開された合議サーバーのログを見ると、コンピューターの予想は「YSS is confident in 7776FU.」となっていた。これは「YSSは(相手の初手は)▲7六歩と確信している」くらいの意味だ。このあたりは、女流王将の棋風が考慮されていなかったのかもしれない。

 そして、会場に「え~!」という声が響いたのが4手目、あから2010がほぼノータイムで▽3三角とした時だ。将棋には定跡と呼ばれる手順があり、コンピューターは定跡に沿って手を進めるのが普通。過去に実戦例の多い指し手を選んだほうが、ミスを犯すリスクが小さくなるからだ。膨大なデータを瞬時に処理するのは、コンピューターの得意分野。しかし、あから2010が選んだ▽3三角は実戦例が少なく、過去のデータを生かしにくい。言い換えれば、読みの力や構想力が問われる勝負になりやすいのだ。人間を相手に「読みと構想力で勝負!」と挑発しているとも受け取れる。ログを見ると、ほかのプログラムは▽4四歩や▽8四歩を選んでいたが、「YSSは▽3三角(が最善)と確信している」となっており、それが優先されたようだ。これは、清水女流王将対策としてチューニングされた一手だったのだろうか。ちなみにこの手以降、ログには「YSS is confident in~」という表記は出てこないので、(あらかじめ登録された)定跡手順から外れたと考えられる。

 その後、コンピューターが苦手とする穴熊囲いを目指した清水女流王将に対し、あから2010は手損を無視した▽4四角を放ち、「プロなら打たない角」と、大盤解説の佐藤康光九段、藤井猛九段を驚かせた。あから2010はこの手の合議に2分半ほど使っていることから、プログラム間で意見が分かれたことがうかがえる。ただし、プロには“ない手“かもしれないが、アマチュアレベルでは“普通にある手”なので、ある意味、あから2010が人間らしい手を選んだとも言えそうだ。

女流王将が意地を見せるも、持ち時間が切れる

 中盤、36手目。あから2010が約1分の考慮で指した▽4五同桂も、会場一同を驚かせた一手だ。この桂馬をノータイムで取った清水女流王将は「読み筋でした」と平然としていたが、桂馬の丸損になるだけに、その後の構想が描けていないと指しにくい。その後の展開を検討した大盤解説の佐藤、藤井両九段によれば「意外と成立しているかもしれない」とのこと。事実、この手以降、女流王将は「歩切れ(持ち駒に歩がない状態)」に苦しむことになった。

 その後、▽6七銀成と桂取りを見せたあから2010の▽5六銀に、清水女流王将は1時間近い大長考の末、▲5三桂打から後手陣の金をもぎ取って▲6六金打と応じた。歩の上、しかも角の利きに入る位置なので“筋悪”に見えるが、勝負への執念を感じさせる一手だ。以下、▽4五銀▲2四歩▽同歩▲3一角▽2三飛▲4二角成となって女流王将がやや指しやすい形勢に。

 しかし60手目、あから2010が▽2二飛とした局面で、残り時間2分となっていた清水女流王将にミスが出る。ここで▲3一馬としていればまだ優勢だったのだが、▲2二同馬としてしまったのだ。働きの悪いあから2010の飛車と、攻防に使えそうな女流王将の馬との交換は明らかに損。これで勝負の行方は分からなくなった。ここで持ち時間を使い切り、清水女流王将は以降1手1分以内に指さなくてはならない状況に陥る。

あから2010、女流王将の勝負手をスルーで寄せに行く

 そして終盤。清水女流王将が63手目に▲8六桂を放つ。駒が手に入れば▲7四桂打の「継ぎ桂攻め」から一気にあから2010の玉を寄せてしまおうという勝負手だ。将棋はどんなに駒を損しても、相手の玉を詰めれば勝ちになるゲーム。単純な駒の損得計算だけでは形勢を評価できないことも、将棋プログラムを強くするのが難しい要因のひとつとなっている。

 ところが……この手に対するあから2010の応手は意表の▽6九金だった。周囲の8マス中6マスに利きのある金を3マスしか利かない場所に打つのは効率が悪い。ある程度、将棋の指し方が分かっている人間なら、むしろ考えもしないだろう。いや、それ以前に、自玉のピンチが目に見えているのだから、受けておくべきかどうか、迷って当たり前の局面なのだ。このあたり、あから2010は「自玉は詰まない=攻めても大丈夫」と読み切っていたに違いない。

 ▽6九金の銀取りを受けた清水女流王将の▲7八金に、あから2010は▽5七角と打った。前述の▽6九金からの読み筋と思われるが、その▽6九金が読みになければ、当然、この手は思い浮かばない。これにはさすがの清水女流王将も「本局で唯一びっくりしてしまった手です」とコメントしていた。ちなみにログでは▽6九金には▲2九飛がコンピューターの読み筋。そのせいか、▽5七角の合議にも8分ほどかかっている。

 誰一人予想できなかった▽5七角だが、指し手の狙い以上の効果があったようだ。1分以内に指さなければいけない状況で意表を突かれた清水女流王将が、少なからず動揺したことは想像に難くないし、それが指し手に影響しないとは言えない。将棋はこの後20手ほど続いたが、勝敗は▽5七角に続く数手の間に決してしまったように見えた。

 今回の対局でコンピューターの強さは認知されたと思われるが、指し手を見ると、まだ「人間的思考」とはズレている部分がいくつかあった。人間は人間的に考えることで“良い手“を見落とすことがあり、その弱点がないからこそ、コンピューターは強いのだ。人間的に考えられないことで発見できない“良い手”を指せるようになれば、コンピューターがさらに強くなるのは間違いない。しかし、本当の意味で人間の思考に近づくなら、コンピューターはちょっとだけ弱くなってもいいような気もする。

 将来、「名人に伍する」将棋プログラムが登場する可能性は大きいが、それにはまだ少し時間がかかりそうに思う。記者会見では来年、清水女流王将のリベンジがありそうな雰囲気だったので、ぜひ実現して(いまのうちに)雪辱を果たしてほしいと願うばかりだ。
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/29-704d8eac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック