FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

LOOX Uを超えたケータイサイズの新LOOX──“PC”として写真と動画で見る「Window 7ケータイ F-07C」

 ドコモより「Windows 7ケータイ」が登場。Windows Phone 7ではなく、Windows 7 Home Premiumがそのまま動くのに、フツーのケータイでもある──という、ほかとは違う面白い特徴を備えている。

●「普通のWindows 7」を搭載するケータイ機能付きポケットPC ととらえたい

 「あ、Windows Phone 7じゃないんですね。勘違いしていた」──と発表会会場で多く語られた富士通製“Windows 7ケータイ”が「F-07C」だ。PCとして気になった部分をぷちチェックしてみよう。

 本体サイズは125(幅)×61(高さ)×19.8(厚さ)ミリ、重量約218グラム。いわゆるケータイサイズ(……プラスアルファ)のボディに32ビット版のWindows 7 Home Premium(SP1)をプリインストールし、CPUにインテルのタブレット/モバイル機器向けプロセッサであるAtom Z600(1.2GHz/Hyper-Threading Technology対応)、1024×600ドット表示に対応する4型ワイドの静電タッチパネル付き液晶ディスプレイ、1Gバイトのメインメモリ、32Gバイトのフラッシュストレージを備える、いわゆるAtom搭載Netbookなみの性能は備えるポケットPCである。

 ディスプレイをスライドして開くとトラックボールによるポインティングデバイス付きのQWERTYキーボードが表れ、本体単体でいわゆる普通のWindows 7搭載PCとして扱える。

 別売りオプションとしてUSB 2.0×4、HDMI出力、DC入力を備えたクレードル(実売7000~8000円前後とのこと)を用意し、それにUSBのマウス+キーボード、HDMI経由でテレビや液晶ディスプレイに接続すると、さらに普通のPCのスタイルで使えるようになる。Windows 7 Home Premium(Starterなどでもない)搭載PCなだけに、もちろんUSB接続の光学ドライブなどを用いてWindows用アプリケーションを自由にインストールできてしまう。

 さらに独特なのは、“普通のケータイ”にも切り替えられる点だ。本体上面の切り替えキーにより、Windows動作モードとケータイモード(Symbian OS)に、ほぼ一瞬(……この手のモノとしては早い印象の2、3秒)で切り替わる。ケータイモードはよくある富士通東芝製のiモードケータイとして動作するモードで、iモードメールやiモードサイトの閲覧、iアプリのダウンロードや利用、おサイフケータイ、緊急速報のエリアメールなど、普通のiモードケータイとしてできることがとりあえず普通にできる(ワンセグを備えないが、この手の端末を望む人であれば、なければないでよいという人は多そうと思われる)。

 つまり、2つのOSが同時に起動した状態で動いている。Windowsモード作業中に電話着信があればケータイモードに自動的に切り替わって“普通のケータイ”として通話可能、終話でWindowsモードに戻る。ケータイモード動作中のWindowsモードは、バッテリー消費を抑えるためにスリープ状態(休止状態かもしれません。追って再確認します)に移行する仕組みとなる。ちなみにドコモの音声対応端末は、“ドコモスマートフォン”、“PRIMEシリーズ”、“STYLEシリーズ”、“SMARTシリーズ”、“PROシリーズ”などに分類されるが、F-07Cはどれにも属さない「その他」扱いになってしまったのも、よい意味でその独特感が伺えてしまう。

 また、ビジネス向けに──とスマートフォンで半ばむりやりPCのオフィスファイルを扱う事例や雑誌の企画をよく見かけるが、F-07Cはそんなことをしなくても普通のPCだ。一応、2年ライセンス版のOffice Personal 2010(Word 2010、Excel 2010、Outlook 2010を包括)もプリインストールする。

●CPUはHT対応のAtom Z600、メインメモリは1Gバイト固定

 改めてF-07Cの主な仕様は、CPUにAtom Z600(1.2GHz)でチップセットはIntel SM35 Express、1Gバイトのメインメモリ、32Gバイトのフラッシュストレージ(eMMC)、4型ワイドのタッチパネル付き液晶ディスプレイ(1024×600ドット)、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、トラックボール+QWERTYキーボードを搭載する。そうそう、下り最大7.2Mbps/上り最大5.7MbpsのFOMA(3Gデータ通信)モジュールも“内蔵”する。こちらはデバイスマネージャーによると「FOMA F07C」というモデムが内蔵済みということになっている。

 Windowsモードでの3Gデータ通信は、iモードケータイをPCに差してデータ通信を行う「PCデータ通信」と同じ扱いになる。パケ・ホーダイ フラットの契約だと、Windowsモードでのデータ通信料上限は1万395円となる。FOMAモジュール搭載PCとしてデータ通信のみ契約のFOMAカードの利用もできなくはないが、今度はケータイモードの利用に不都合が出てしまう。この部分は少し考え方が難しいが、Windowsモードでの通信は無線LAN+WiMAXルータなどで利用し、本体の3G通信は“広域で利用できる(WiMAXが入らない場所での)予備”などとして使用するのがよいかもしれない。WindowsモードではFOMAのデータ通信と無線LANの同時利用はできないという。

 ちなみにストレージはデバイスマネージャーによると「DOCOMO FOMA F07C USB Device」と「Fujitsu 11 MMC 32G SCSI Disc Device」という2つ、無線LANチップはAtheros製で「Atheros AR6003 WLAN Adapter」とあることが確認できる。イメージングデバイスやUSBコントローラにも「FOMA F07C」という文字列があり、通信機能やカメラなどはケータイモードのものをそれぞれ工夫して併用しているであろうことが伺える。

 Windowsモード時のバッテリー動作時間は約2時間だ。バッテリーは3.7ボルト/1400mAh仕様(F20)で、ACアダプタは5ボルト/1A出力のUSB出力型となっている。あくまでサポート対象外で自己責任での利用となるが、説明員によるとPCのUSB接続やUSBポータブルバッテリーなど併用して使い続けることも電源仕様的には可能──とのことだ。本体には充電用にMicro USB端子を1つ備えている(ただ、USBホスト機能はなく、外付けのUSBマウスやキーボードを使うにはクレードルが必要。さらに、ケータイモードはBluetoothが使えるものの、Windowsモードでは残念ながら利用できない)。

 最後に、Windowsエクスペリエンスインデックスの値をチェックしようと思ったが、展示機は初期測定されておらず、測定に(なぜか)数時間もかかる……ようで測定できなかった。このため、PCとしてのパフォーマンスは(測定に時間がかかる分)それなりとのことだが、こちらは後ほどじっくりチェックすることにしたい。
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/2756-11f538ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック