FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

コネ社員の暴挙にうんざり!わが社の「ナッツリターン」事件簿(上)

 昨年12月に起きた大韓航空のナッツリターン事件で批判を浴びたのが、騒動の発端となった横暴な副社長の出自だった。韓信グループ会長の令嬢である彼女は、まさに「コネ入社」「コネ昇進」の象徴。日本でも、企業でのさばるコネ社員の是非に改めて注目が集まった。では、世間のビジネスパーソンたちは、どのようなコネ社員に悩まされているのだろうか。その実態や呆れたエピソードを収集した。(取材・文/有井太郎、協力/プレスラボ) 

【詳細画像または表】

● 会社ぐるみでワガママ娘をかばう ナッツリターン事件の「コネ論争」

 どの国にも、コネで幅をきかせる人がいるものだ――。

 昨年12月初旬、寒さが厳しくなった頃にワイドショーを過熱させたのが、「ナッツリターン事件」だ。アメリカから韓国へと向かう大韓航空86便に乗り合わせていたチョ・ヒョナ氏(大韓航空副社長)は、提供されたマカデミアナッツが袋に入ったままだったことに激怒。「機内サービスがなっていない」と、その場でCAを叱責した。だが、彼女の怒りはそれで収まらず、その後もスタッフと大揉め。最終的には、滑走路に向かっていた旅客機を搭乗ゲートまで引き返させたのだった。

 いくら副社長とはいえ、多数の乗客がいる旅客機を自分の指示で引き返させるのは“越権行為”。この事件以後、「航空保安法違反」の疑いでチョ氏が逮捕されたり、怒鳴られた女性従業員が米国でチョ・ヒョナ氏を提訴したりと、騒動の余波はいまだ収まらない。

 さらに、そこでさらなる問題が勃発する。事件後、大韓航空では、彼女の行動を隠蔽するよう社員に働きかけていたことが判明したのだ。スタッフたちの虚偽の証言に始まり、チーフパーサーが記入する事件の確認書なども、役員から何度も書き直しを命じられたという。

 大韓航空がチョ氏を守るためにそこまでした理由は、極めて単純だ。彼女は、大韓航空を含む韓信グループ代表取締役会長の令嬢だったのである。

これらの事実はやがて世間の知るところとなり、韓国はもとより世界中の人々から批判の声が噴出した。そしてその批判は、やがて血縁という強固な「コネ」で地位を手に入れてしまうことへの是非にまで発展した。能力や人格ではない、コネによる出世が問題社員を生み、こうした会社の不祥事を引き起こすという論調になったのだ。

● 4~5人に1人は「縁故」で入社 会社を歩けばコネ社員にあたる? 

 今年2月にも、アメリカ金融大手のJPモルガン・チェースが、中国の高虎城商務相の息子を採用する際に「便宜を図った」として、調査を受けていることが発覚している。高氏の息子は、面接試験などの結果が悪かったにもかかわらず、高氏が同社に「便宜を図る」と約束したため、採用された疑いがあるという。まさしく、国家問題にもなりかねない「コネ人事」である。

 海の向こうで取り沙汰された2つのコネ問題は、いずれも世の中の知るところとなった。しかし、コネが発端となった問題は、もっと身近なところにも無数に存在しているのではないだろうか。企業でコネ人事により採用された能力のない社員や、努力せずに高い地位を獲得した役員が、周りの社員を困らせているケースは少なくないのかもしれない。

 そもそも、日本におけるコネ人事の現状はどうなっているのだろうか。そこで注目したいのが、厚生労働省の雇用動向調査だ。同調査では、その年に就職した人(入職者)がどのような経路で職に就いたか、入職経路の割合が発表されている。最新のデータは2013年のものになるが、それによると、全入職者のうち「縁故」で入職した人の割合は21.8%。つまり、4~5人に1人は縁故を頼りに就職していると言える。

 もちろん、縁故にも色々なケースがあり、その全てが私たちのイメージしている「コネ」とは断言できない。とはいえ、これだけ縁故による就職が多ければ、そこから“ナッツリターン嬢”のような、周りを困らせるコネ社員が多数生まれてきてもおかしくないはずだ。

 実際、企業に勤めるビジネスマンたちに「コネ社員の問題エピソード」を聞き回ると、出るわ出るわの大豊作。誰もが知るような大企業から、社員10名ほどの小規模企業まで、まさに「人の働くところに、ダメなコネ社員あり」という状況で、怒りや不満の声が噴出した。



現代のビジネスパーソンたちは、いったいどのようなコネ社員に苦悶しているのだろうか。ここからは、聞き取り調査で収集したコネエピソードを紹介していこう。

● 社長の息子はやはり最強!  経費の使い道も「ブラックボックス」

 世の中には色々なコネがあるが、なかでも最も強力なのが「血縁」だろう。特に、創業者やトップの座に就く者の子息が問題を起こしているケースは多いようだ。ナッツリターン事件もその1つだが、今回の調査でも、親子関係というコネ人事の存在が影響し、ひどい実状に直面している社員がたくさんいた。その声をいくつか載せていく。

 「会長が一代で築いた広告制作会社。7年前から息子が社長となって実権を任されたのですが、とにかく何も決められないんです。ちょうどスマホが脚光を浴びた頃、当社もその対応が求められたのに、社長は『急ぐ必要はない。しばらく様子を見よう』と言って、従来の案件をこなすばかり。結局、スマホ関連の案件は他社に取られ、ウチはいまだにノウハウを培えず……。それでも会長は息子に経営を任せっ切りで、もうこの会社に未来はないと思います」(30代男性・広告制作会社)

 「30代で役員にまでなった社長の息子。仕事は全然できないのに、態度だけは大きいんです。会議ではいつも、意味のない話を延々と喋り続けて、それで自分の力を見せた気になるのがお決まり。ひどかったのは、昨年末の忘年会。乾杯の音頭を任された社長の息子は、40分の大演説をし始めました。『どこまで自分を誇示したいんだろう……』と、私たちは完全に興冷め。ビールはぬるくなり、飲む気が失せましたね」(40代男性・製造メーカー)

 「私は事務職で、社員の経費を管理しています。うちの社長は経費にかなり厳しく、私は社員が提出する経費の申請を細かくチェックして、『多すぎる』という指導をしなければなりません。でも、当社で働く社長の息子だけは、私が経費を管理できず……。事務を通さずに社長のみがチェックするルールで、どんな内容になっているのか全くわかりません。事務の間では、『息子の経費は、この会社のパンドラの箱』と認識しています」(30代女性・教育関係企業)


親が子を可愛がるのは自然の理だが、それを会社でやられては我慢ならない。しかも、その甘やかされた子息が会社の未来を担うケースが多いのだから、働く社員たちは憂鬱でしかないだろう。

● 出るわ出るわの「血縁」エピソード ダメ新入社員を取った理由もコネだった

 親子以外にも、「血縁」というコネは様々な形で存在する。

 「ウチは小規模な会社ということもあり、新卒社員はほとんど採らなかったんです。しかも、採用担当者は審査が厳しいことで有名。かなり有望な新人がいれば採用する、というスタンスだったんですね。それなのに、昨年の新入社員はひどいレベルで驚きました。入社2日目から1時間も遅刻するし、朝すれ違っても挨拶なし。ワイシャツは3日連続で同じものを着ているという体たらく。『あの採用担当者が、なんでこんな新人を……』と不思議でした。

 でも、情報通な同僚の話でわかったんです。その新入社員は、採用担当者の義父の弟の息子とのこと。採用担当者は義父に頭が上がらないらしく、採らざるを得なかったのだとか。少人数の会社だから、1人でも使えない社員がいると大迷惑なのですが……」(40代男性・IT企業)

 「一昨年に新卒で入社したのですが、私の部署の一番端にいた女性は1人静かで、同じ部署なのに仕事で関わる機会がありません。1週間経っても、どんな仕事をやっているのかよくわかりませんでした。挨拶すると、小さな声でモゴモゴいうだけ。上司にそっと『あの人は何の仕事を担当しているんですか? 』と聞いても、苦笑いして『そのうちわかるよ』と言われました。

 それから数週間後、先輩と飲みに行ったときに、例の社員のことを教えてもらったんです。彼女は、社長の妹が離婚した夫との間につくった子どもなのだとか。社長は妹思いなので、物静かな姪を自社で引き取ったらしいんです。でも、あの暗い性格が災いして仕事は全くできず。周りの社員は見て見ぬ振りをするしかないようです。『彼女については、いないものと考えて仕事をしろ』と言われました」(20代女性・会計事務所)

 誰もが関わりたくないと思うであろう、問題社員たち。しかし、彼らは実際に存在している。そして、その問題社員を生んだ要因こそが、「血縁」という強固なコネなのだ。

 >>後編「コネ社員の暴挙にうんざり!  わが社の『ナッツリターン』事件簿」(下)に続きます。
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/18039-329f8853
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック