FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

【MLB】ヤンキースの来季二塁手候補に日本人選手が浮上!? 地元メディアも加藤豪将を「成長を示した」と評価

来季の二塁手候補4番手として評価された20歳の加藤
 ヤンキース傘下1Aチャールストンで今季プレーした加藤豪将内野手(20)が、ヤンキースの来季の二塁手候補4番手として取り上げられた。地元紙ジャーナル・ニュースが「球団の状況。二塁手編」というヤンキースのポジション別の特集を行い、「カトウ」の名前が登場している。

 昨季終了後、FAとなったロビンソン・カノ二塁手がマリナーズと大型契約を結び、チームを去って以来、セカンドはヤンキースのウィークポイントとなっている。特集では、来季の二塁手候補の一番手に今季7月のトレード期限でダイヤモンドバックスから加入し、活躍したマーティン・プラド内野手を挙げている。

 もっとも、記事では「現時点で開幕二塁手はプラドの方向だが、確実ではない。あまりに多くのポジションをこなすことができるプラドの能力は、現在のヤンキースのロースターに最高にマッチにする」と説明。キャッチャー以外の内野ポジション全てに加え、外野もこなせるプラドは、薬物規定違反による1年間の出場停止処分から明けるアレックス・ロドリゲス三塁手や、右肘骨棘障害の手術を受けるカルロス・ベルトラン外野手のコンディション次第で、穴埋めに回る可能性も高いと見られている。

 2番手は今年9月のロースター枠拡大に伴い、マイナーから昇格したホセ・ピレラ内野手。今季、ヤンキース傘下の3Aスクラントンで打率3割5厘、出塁率3割5分1厘、長打率4割4分1厘と活躍し、3Aオールスターにも選出された有望株。プラドが盲腸の手術で戦線離脱後、レッドソックスとのシーズン最後の3連戦で先発している。

 ピレラは守備力に関する評価はさほどでないというが、捕手と投手以外のポジションを全てこなせるプラドのような多様性を持つ。特集では「すでに彼は40人のロースターに入っている。そのことは、ヤンキースが彼と契約延長しようとする方針を示唆している。スプリングキャンプで彼のプレーを見ることになるだろう。控えの万能型選手になりえるし、もしメジャーでも打撃面の成功を続けられるなら、プレー時間を常に手にすることも可能だろう」と高く評価している。

今季の加藤は後半戦に成績が大きく上昇、「出塁率が際立っている」
 3番手は、有望なプロスペクトと評価されているロブ・レフシュナイダー内野手。すでにメジャーでの即戦力の期待も集めている。今季3Aで打率3割、出塁率3割8分9厘、長打率4割5分6厘と活躍。「チームはその成長と努力に感心している」と指摘し「すでに二塁手の仕事への鍵を手にしている」と次代のヤンキースの二塁手という評価をしている。

 そして4番手に登場しているのがカリフォルニア出身の加藤だ。2013年にドラフト2巡目(全体66位)でヤンキースに指名された20歳の俊英については、以下のように言及している。

「加藤は1年半前にカリフォルニアの高校からドラフト2巡目で指名された。そして、まさにこの日(10月8日)に20歳になった。彼は若い。プロ1年目は彼の若さ故の未経験さだけではなく、ヤンキースがドラフト上位で指名するに至った能力を見せつけた」

 高卒直後だけに経験値はまだ足りないが、その才能は光ったという加藤は「チャールストンでの成績は全体的にさほど印象に残るものではないが、出塁率が際立っている」と評価されている。

 1Aでは打率2割2分2厘と低調ながらも、出塁率は3割4分5厘と優秀な数字を残している。メジャーでは出塁率が打者の評価における大きな指標となるために、これは大きなプラスのようだ。142三振で、71四球というデータも紹介されている。

マイナーでは「加藤が明確に先んじている」
「彼は成長を示した」と特筆されている理由は、前半戦と後半戦の成績の違いだ。前半戦は打率1割9分、出塁率3割2分、長打率3割1分5厘という低調な数字だったが、後半戦は打率2割5分1厘、出塁率3割8分2厘、長打率3割3分7厘と上昇している。

 ヤンキースのマーク・ニューマン運営担当副社長は、加藤の才能を高く評価。「彼は素晴らしい守備力を持つ。足もある。そして、賢い。出塁するのに必要なアプローチというやつを会得した。それは彼にとって大きな進化だね」と語っている。

 そして、特集では「それは事実だ。加藤のパフォーマンスはこれから彼が到達できるであろう領域を示している」と伸びしろの大きさに期待。現在マイナーで切磋琢磨する二塁手のライバルはアンジェロ・ガムス、アンダーソン・フェリス、タイ・マクファーランド、ドミニカ出身のジュニア・バレラと4選手いるが、「加藤は明確に先んじている」と高く評価されている。

 2年連続でプレーオフ進出を逃したヤンキースだが、イチロー外野手、黒田博樹投手、田中将大投手の日本人トリオは不振のチームで奮闘した。今季限りでイチローと黒田はヤンキースとの契約が満了となるために、その去就が注目されているが、ヤンキース期待の生え抜きで、急成長を遂げる加藤が来季メジャーデビューを果たせるのか、ニューヨークでも注目を浴びている。
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/18008-c90a1704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。