FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

エロすぎて? 能年、広末が出演拒否したと噂の過激な映画とは

 いよいよ今月、能年玲奈主演の映画『ホットロード』が公開される。社会現象にもなった『あまちゃん』終了から約1年を経てようやく、“『あまちゃん』の次”の能年が見られるわけだが、実はこの間、能年がある映画の出演を断ったというウワサが業界内で飛び交っている。
 ウワサになっているのは、作家・山内マリコ氏のデビュー作でスマッシュヒットとなった小説『ここは退屈迎えに来て』(幻冬舎)の映画化版だという。同作は、とある地方に住む女性たちを主人公にした連作小説で、それぞれ都会への憧れや執着を持ちつつ、狭い街で暮らす様が描かれている。地方都市のリアルな情景描写や、煩わしい人間関係や地方ならでは閉塞感にやりきれない思いを抱えながら生きる女性たちの強さがこじらせ女子の共感を呼び、ネットでも大きな話題を集めた小説だ。
「反響が大きかったので、早い段階から映画化の話は進んだようです。監督候補には、映画『モテキ』やドラマ『まほろ駅前番外地』で知られる大根仁氏、広末涼子や『あまちゃん』の能年玲奈らがキャスティングの名前に上がっていました。しかし、肝心の広末、能年が断り、映画化の話自体がうやむやになってしまったそうです」(映画関係者)
 関係者によると、同作におけるセックスシーンが広末や能年サイドの顔を曇らせたというが、出演を断るほどの衝撃的なシーンとは一体どんなものだろうか?
 収録作のひとつ「君がどこにも行けないのは車持ってないから」の主人公は、学生時代に憧れていた“椎名”が地元から大阪に行ってしまい、彼の動向が気にながらも、バイト先に勝手に迎えにくる“遠藤”を適当にあしらっていた。「彼氏みたいに振る舞」う遠藤は、半ば強引に一緒に夕食を食べ、そのまま県道沿いにあるラブホテル街へと向かう。
「薄寒くて布団に潜り込むと、すぐに遠藤はパンツを脱いで入ってきて、前戯もそこそこに挿入した。前に体中を撫でられたりキスされたり、なんか気持ちのこもった愛撫をされたとき、『やめて(触んな)。早くしてよ(とっとと終わらせろ)』って言ったのを、どうやら『やめて(お願いやめないで)。早くしてよ(早くいれてほしいの、あたしもう待てない)』と誤解したらしく、いっそうべたべたと触り始めて、挙句あそこを舐めようとしたので頭を思いっきり蹴ると、ようやく遠藤は意味を解したようで、それ以来彼は最短最速でことを終える」
「私にも性欲はあるし。けど、ヤッたあとお風呂場で、自分のあそこを洗っているときだけは、なんか死にたいくらいみじめな気分になる」
 好きでもない男とのセックスや、それをしてしまう自分自身にもイラ立つものの、憧れの男とはどうにもなれない現状や性欲を持て余している「あたし」。30を越えてさわやかな色気をまとい始めた広末にこそ、半ば自暴自棄になっている役どころをどう演じたのか、ぜひ見てたかったシーンのひとつだ。

「ローファー娘は体なんか売らない」「十六歳はセックスの齢」は、能年玲奈の瑞々しさが生きただろうと思わされる作品。
「ローファー娘〜」は、他の子がニューバランスのスニーカーや、コンバースのオールスターを履いている中、一人学校指定のハルタのローファーを履く、真面目な女子高校生が主人公。彼女には誰も知らない秘密がある。友人たちは時々迎えに来る中年男を彼女の「お父さん」だと思っているが、実は年齢すら知らない男で、肉体関係を持っているのだ。
「部屋に入るとすぐに彼女は制服を脱いだ。白いブラジャーと水色のしましまパンツ、そっくタッチで留めたルーズソックスを脱ぐときは、べりっと糊の剥がれる音がした」
「ハアハアと荒い息づかいで彼女の体を這いずり回るように撫で、べろべろと味わうように舐める。あらゆる場所に舌を這わせ、こそばゆくて彼女は身をよじり、くすくす笑いみたいな喘ぎ声を小さく挙げた」
 一方「十六歳は〜」は、16歳のうちに脱処女を果たそうとする高校が主人公。親友とオナニーの話や猥談で盛り上げるだけで15歳の1年が過ぎてしまったが、やがて柴田という彼氏ができ、脱処女はあっさりと果される。
「セックスはやってみなければ知り得ないディティールが確かにいろいろあった。服を脱がせ合うときのぎこちなさとか、男の子のチンコが凶器のように尖っているのを見たときの、ドキリと胸を衝く凄味。パンツを脱がされたときはギョッとしたし、あそこを触れられるのはもっとギョッとした」
「あたしはなんとかこの行為を、処女喪失というアンニュイな方向でまとめたいと思うけど、どう考えてもただただ間抜けでしかないのだった。ひたすら滑稽なあたしの大股開き、そして哀れな犬みたいな柴田くんの腰の動き。なにもかもが悲しい。そして気まずい」
 両作品ともに、10代特有の性への憧れと、その反動として実際のセックスに対する冷静な目線を持つ少女の姿が浮かび上がってくる。8月公開の映画『ホットロード』では、大人への不信や社会への怒りをもつ女子中学生を演じている能年。「ローファー娘〜」と「十六歳は〜」の性と現実に揺れ動く繊細な女子高生役を彼女が演じていたら、演技の幅もグッと広がり、実力派女優の第一歩となっただろう。
 最近では、映画『私の男』における二階堂ふみの演技が絶賛された。家族を失ってしまった少女と、引き取った遠縁の男の禁断の愛を描いたのもので、激しい濡れ場もあり、二階堂が18歳になるのを待って撮影したという。もともと演技力が評価されていたが、この作品で一躍若手実力派女優の仲間入りを果たした。
 今後『ここは退屈〜』が映画化されるのかは未知数だが、多くの女性がもつ「ここではないどこか」に焦がれ、悩む主人公は演じがいのある役どころ。生々しいセックスシーンを厭わず、名乗りを上げる女優が出てきてほしいものだ。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/17993-02664584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック