1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

「彼のここがイヤ」がカギ!幸せになるための秘訣・4つ

付き合っていると相手の知らなかった面が見えて来ます。「こんな一面あったんだ!」と嬉しくなるような面もあれば、「えっ…こんな面があったの?」と悲しくなるような面に気づく場合も。



実は、そんな嫌な面、ダメな面が見えた時は、幸せになれるチャンスだったんです!今日は、相手の嫌な面、ダメな面を克服して幸せをGETした女性達に、その秘訣を聞いて来ました。

1.男の嫌なところは同じことが多い

「今まで何人か付き合ってきましたが、嫌なところはだいたいどの男性でも同じ。部屋が汚いとか、浮気性とか、自分勝手とか。今までは我慢できなくて別れてましたが、このままではキリがないと思い、受け入れることにしたら、今の彼とは結構長く続いてます。」(28歳/販売)

すぐ他の女性に目がいく、マイペースすぎるなど、自分が感じる「男性の嫌な点」はどの男性に対しても同じことが多いようです。嫌な点を見つけるたびに別れていたら、誰と付き合っても別れることになってしまうので、理想の王子様はいないと心得るのが幸せになる近道なようです。
2.その人が嫌なのか、その人に嫌な部分があるのかは違う

「今の彼のことはすごく好きで、今までの人だったら許せなかったようなことも許そうと思えました。嫌なところが見えて嫌いだと思ったならその程度の好きという気持ちだったのかなと思うし、今の彼はそれを受け入れてでも大好きだと思えたんです。」(24歳/美容)

嫌な点を見つけた時に、その人自身を嫌いになってしまうのか、その人は好きだけれど許せない点があるのとでは、大きく違います。嫌な面に気づいた時には「こんな面があったなんて…」と気持ちが萎えてしまうこともあるかもしれませんが、別れる前に一度、自分の気持ちを確認してみることをオススメします。
3.嫌な点を受け止めて一緒にいたい相手か考える

「彼の場合、約束を全然守ってくれなくて、待ち合わせで待たされることがすごく多かったんです。しかも10分20分ではなくて、2時間とか平気で遅れてくるんです。別れようかと思った時もあったけど、やっぱり好きだったので、今は、少しずつでも直していってもらえたらイイかなと思っています。」(22歳/学生)

嫌な点があっても一緒にいたいのであれば克服方法を考えた方が相手にとっても自分にとってもプラス。彼もあなたの想いが伝われば変わってくれる可能性があるかも?
4.克服できれば、次にそのタイプの人に出会っても受け止められる

「前の彼がすごく自信家な人だったんですが、付き合っている間に彼のことを気持ちよく褒める術を身につけたので、他の男性と一緒にいても気持ちよく褒めることができるようになっていて、気づいたらモテてました。もちろん、今の彼も、褒めて気分良く持ち上げながら付き合っています!」(27歳/サービス)

自分にとっての「嫌なところ」を持つ男性は多いものです。その欠点その「嫌なところ」への対処法を得たということは、多くの男性に対応できるスキルが身に付いたということで、結果、モテるということにつながるようです。
おわりに

「えっ…」と思うような一面を見つけた時こそ、「この一面さえ受け入れたらあとは幸せかな?」「これを乗り越えるスキルを身につけたらモテるかも?」と考えてみるチャンス。男性の嫌な面、ダメな面を克服していけば、他の人と付き合うことになっても、その経験は間違いなく活かされることでしょう。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
たくさんの人に教えたくて、こうして書きます。
無職で収入がない人生を今まで続けてきました。
そんなとき、ある掲示板を知ってしまったんです。
連絡するだけで一生使い切れないほどのお金をもらえたんです。
すぐに裕福になれる方法があります。
本気で知りたいという人は連絡してください。
emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてもらえたらその方法を教えます。
メールもらえたらすぐに返事出しますからね。
2014/07/23(水) 10:17 | URL | suzuri #27Yb112I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/17847-ef489511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック