1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

6億円横領「32歳伊藤忠元社員」が落ちたFX地獄

 企業理念に「先見性」や「挑戦」を掲げる一流商社。エリート社員であるはずの男は、会社の金に手を出してまで、一獲千金を企むほどのチャレンジ精神の持ち主だった。が、見通しはからっきし甘い。何しろ7億円もの大金をパーにしてしまったのだから――。

 7月6日、業務上横領の容疑で警視庁に逮捕されたのは、伊藤忠商事の元社員・西口元(はじめ)(32)。出向していたニュージーランドの関連会社「SPLF」から6億2300万円を着服したというのだ。

 経済部記者が解説する。

「SPLF社は筆頭株主の王子ホールディングスと伊藤忠、富士ゼロックスが共同出資して設立した会社で、主にユーカリなどの植林事業を行っています。西口は、2010年8月から会計、総務などを一人で担当していたのです」

 金の管理を一手に任されていたのだから、信頼が厚かったのか、あるいは上層部によほど先見の明がなかったのか。ともかく、西口はその立場をフル活用し、会社から金を抜き捲(まく)った。

「その回数が凄い。横領に手を染めたのは、赴任して2年近く経った12年5月からですが、今年2月までの2年間で100回以上に亘って自分の口座に送金していました。金額にして、6憶9000万円です」(同)

■負けが込んだら一発逆転

 今回、警察が容疑として固められたのが、そのうちの6億2000万円分。これでは、親会社の管理体制にも問題アリだったと言われても仕方がないが、その手口は至って簡単だ。

「西口は、ニュージーランド国内にある伊藤忠子会社で木材チップ加工のSWEL社にも籍がありました。この会社名義で、SPLF社宛ての請求書を偽造して、自分の口座に送金していたのです」(社会部記者)

 監査を目前にした2月になって、自らの横領を会社に告白したため発覚。3月27日に懲戒解雇となり、伊藤忠から刑事告発され、逮捕は時間の問題だった。

 西口は会社をクビになって以降、実家のある大阪府守口市に戻り、派遣社員をしていたという。実家近所の人によれば、

「小さい頃から勉強がとてもでき、ご両親の自慢の子でしたよ」

 期待に応えるように、東大農学部から、さらに東大大学院へ進み、商社マンに。海外赴任を経て、着実にエリート街道を歩んでいた男が、なぜ、階段を踏み外してしまったのか。その答えは、FX(外国為替証拠金)取引にある。

 FX取引は、元手の何倍もの外貨売買ができ、投機性が高いとされている。国内では投資家保護の面から、3年前に証拠金倍率の上限は25倍に規制されたが、海外業者を利用すれば、今でも1000倍での取引も可能だ。そのためか、昨年だけでも、億単位の金を横領し、FXに回していた輩が何人も捕まっている。

「西口も海外業者で高倍率でのFX取引を行い、横領した金は、すべてFXに注ぎ込んでいました。おそらく、負けが込む度に一発逆転を狙って会社の金に手を付け、最後はスッテンテンになったのでしょう。会社へは、退職時に支払われる給料からの積立金で、わずかに弁済しただけ。7億円はなくなっていたと言います」(前出の社会部記者)

 伊藤忠は、今後、全額弁済を求めて民事訴訟を起こす予定というから、塀の外へ出たとしても、これから先、限りなく真っ暗に近い西口。相場を見通すつもりが、肝心の人生をもふいにしてしまったのである。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/17818-5828245f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。