1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

将棋 棋士側ことしも負け越す

将棋のプロ棋士とコンピューターソフトが5対5の団体戦で対決する電王戦は、12日の最終局でもコンピューターが勝って対戦成績が棋士側の1勝4敗となり、2年連続で負け越す結果となりました。

将棋の「第3回電王戦」は現役のプロ棋士5人がトップクラスのコンピューターソフトと5対5の団体戦で対決するもので、これまでの4戦で1勝3敗と棋士側が負け越しています。
プロ棋士の意地を見せたい12日の最終局では、屋敷伸之九段がコンピューターソフトどうしのトーナメント戦で優勝した「ponanza」と対決しました。
コンピューター側は、ソフトが決めた次の差し手に従って、ロボットアームが将棋盤の上に駒を置いていきます。
午前10時に始まった対局は終盤まで接戦の展開となりましたが、午後9時45分、130手で屋敷九段が投了し、コンピューターが勝ちました。
この結果、対戦成績はプロ棋士側の1勝4敗となり、前回に続いて2年連続で負け越す結果となりました。
対局のあと、屋敷九段は「終盤何手か間違えたので、敗戦はしかたないと思う。やはりどのソフトも強く、なかなか厳しい結果だと思う」と話していました。
一方、将棋ソフトを開発したプログラマーの山本一成さんは「勝てたうえに、将棋の内容もかなり熱戦だったと思うので、開発者としてとてもうれしい」と話していました。

厳しい現実
将棋のプロ棋士がコンピューターソフトに2年連続で負け越したことについて、日本将棋連盟の谷川浩司会長は「ことしはプロ棋士が勝てると思っていたが、この1年でコンピューターもより力をつけていた。厳しい現実を受け入れなければならない。今後については、ファンの皆さんも注目しているので、続けたいとは思っている」と話しています。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/17437-78b980fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック