FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

「虎女」を増やすには?…“肉食”ウリで「カープ女子」に続け

【シマチカ姉さんが行く

 「阪神にも虎女旋風、起こしたれ!」-。久々に阪神の川藤幸三OB会長が吠(ほ)えました。

 先日行われた甲子園歴史館の運営会議。年に約5回の企画を展開し、一度行けば、評判もいい記念館ではあるのですが、1年目の2010年こそ17万人の入館者を記録しましたが、2年目以降は毎年8万5千人と横ばい状態。このため、今年は「最低でも10万人」と議題に上ったのです。

 そこで、川藤OB会長が訴えたのが女性ファンの拡大でした。

 「今は女性が興味をひきやすいアイデアを考えんとあかん。男は女性に引っ張られたら付いていくもの。子供を引っ張るのも母親やろ」

 甲子園歴史館の担当者によれば「女性は全体の2割ぐらいでしょうか」とのこと。昨年は野球を愛する女性がおおいに増えた年だっただけに、約2割というのはちょっと寂しいかもしれません。

 今更ですが、女性の野球ファンで昨年最もメディアで取り上げられたのは「カープ女子」です。首都圏で、独特のスクワット応援による一体感に魅了される女性が急増。強かった時代の広島を知らない若い女性たちの心をつかんだ一つには、カープを題材にした漫画「球場ラヴァーズ」(石田敦子著、少年画報社刊)の存在も大きかったようです。

 野球にあまり興味のないヒロインたちの恋愛や人間模様が、チームの姿と重なり合って描かれ、熱いファンになっていく物語。野球の基本中の基本も知ることができ、野球を知らなくても抵抗なく入っていけます。

 阪神担当の私から見て、けなげに映るのも大きなポイント。資金力のなさから、育て上げた生え抜き選手が裕福な球団に次々取られていく-。若い選手たちは少ない給料で必死に頑張る。ファンもそんな選手たちをつい応援したくなる。広島を担当していた記者も「私が応援してあげなきゃ、と母性本能をくすぐられるっていうファンが実に多かった」とうなずいていたほど。今季不振だった堂林翔太内野手についても「人気が先行したばかりに苦しんでるなんてかわいそう。でも、私はどんな状況でも応援し続けるわ」という具合だったとか。

 ならば、常勝軍団になった阪神がいま一度、どん底に落ちれば、これまで野球に見向きもしなかった女性ファンを引きつけられるかも…。おっと、だめだめ、こんな自虐的なことを考えては。カープが「けなげさ」で訴えるのなら、阪神は猛虎というからには、やはり「強く猛々しく」。今どきの若い男性にはすっかり珍しくなった“肉食系”のたくましさ?で、ぜひとも若い女性をひきつけてほしいものです。いかがでしょう、川藤OB会長-。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/17365-d6f75c9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック