FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

奈良公園の鹿、ワイルドな実態…「角」切られても“香水”つけメス追い回す

奈良公園(奈良市)の名物の鹿が子孫を残すため、野生さながらの激しい行動をとっていることはあまり知られていない。雄は多数の雌を囲うハーレムを形成するが、雌を引きつける“武器”の立派な角は、観光客や建物に危害が及ばないよう毎年秋に切り落とされてしまう。しかし、その後も雄は“香水”代わりに公園の泥や自分の尿を体に塗りつけるなど涙ぐましい努力を続け雌へ猛アピール。ハーレム形成後は餌に目もくれず集団を見張り、“過労”から20~30キロも体重を落とす雄もいるという。かわいいだけでない、知られざる奈良の鹿の生態を紹介する。(山崎成葉)

■雄の象徴「角」

 一般財団法人「奈良の鹿愛護会」によると、奈良公園には、野生状態や保護施設「鹿苑(ろくえん)」内にいる鹿も含めて約390頭の雄がいる。雌は、その2倍の約860頭。

 雄にだけ満1歳から角が生え、毎年生え替わる。角は春先に新しく生え始め、9月には整う。最も立派な年代は7~8歳の壮年期で、通常は約60センチまで伸び、3つに分かれて4つの枝角が生える「三又四尖(さんさよんせん)」になる。枝角が長いほど立派とされる。

 角の形は気象条件や餌の量にも影響されるとされ、角が左右対象にそろった雄は全体の1割程度に限られる。10歳を超えて老齢期に入ると、角は縮小傾向となり、枝角が出なくなる。交通事故などで負傷し、角の形がいびつになることもある。


■ハーレム形成へ

 雄は8月下旬~11月下旬ごろに発情期を迎えて気性が荒くなり、気に入った雌をハーレムに入れようと必死に追いかける。ところが、雌の方は“タイプ”の雄でないと逃げ去ってしまう。

 ここでアピールポイントになるのが角だ。もてるタイプは角が立派で体格がよく、筋肉が発達して首も太い雄だ。そんな“ハンサム”な雄は、多い場合20頭ほどの雌を集めてハーレムを形成する。

 雄は立派な角を維持するため、常に木などにこすりつけて磨きをかけ、他の雄に縄張りを荒らされないよう、角を突き合わせて闘うこともある。

■職員と知恵比べ

 そんな雄のシンボルの角も、奈良公園では「人との共生」のため切り落とされる運命にある。毎年秋になると、愛護会の職員たちが奈良公園をパトロール。ドングリなどの飼料をまいて雄をおびき寄せ、麻酔をして捕獲する。

 しかし、角は雌を引きつけるシンボルだけに、雄たちは切り落とされるのを避けようと必死に抵抗する。雄の側も角を切り落とされることに気付いており、職員と鹿との間で知恵比べも繰り広げられる。

 職員の服装や車を覚えている勘のいい雄は、職員が近づこうとすると、たちまち全速力で逃げる。しかし、鹿は本来、舌で体温調節し、長く走り続けるのが苦手で、結局は捕まってしまうのだが…。

■角を切られても…

 職員に捕獲され、立派な角を切り落とされた雄は、心持ちしょんぼりした様子を見せる。それでも、雌を引きつける努力は続ける。角をなくした代わりに、“香水”として泥や自分の尿を体に塗り、アピールするのだ。

 「ヌタ場」と呼ばれる奈良公園内の「雪消沢(ゆきげのさわ)」周辺では、しばしば泥を頭などにこすりつける姿が目撃される。泥が乾いて臭いが薄まると、また塗りにいく。

 ほかにも「三連声(さんれんじょう)」と呼ばれる行動がみられる。3回続けて「ピュー、ピュー、ピュー」と鳴き声を出し、雌を呼ぶもので、3回続けて鳴くことができると一人前という。愛護会の職員は「雌を呼んでいるのか、縄張りをアピールしているのか、秋の時期だけ聞かれるもの悲しい響き」と話す。

 ハーレムの形成に成功した雄は、好物の鹿せんべいなどに目もくれず、文字通り食べる間も惜しんで昼夜を問わず、雌たちの見張りを続ける。この命がけの努力のため、夏に80~90キロほどあった体重は秋以降、20~30キロほど減るという。「人間だけでなく鹿の世界も大変。新しい命を誕生させるために頑張っている」(愛護会)のだ。


■伝説の雄鹿「ヌシ」

 鹿は一般的に群れで行動するが、約3年前に死ぬまで“一匹狼”のように単独行動を続け、その立派な風貌から「ヌシ」と呼ばれた伝説の雄がいた。体重が110キロほどもある立派な体格。立派な角と貫禄ある風貌を備え、どっしりと歩く姿が印象的だった。

 晩年は、奈良公園の西側に延びるメーンストリート・三条通にある開化天皇陵を“住みか”とした。このヌシも、秋の発情期になると、住みかを離れ、奈良公園に姿をみせた。

 他の雄のように、特に雌を追いかけることもなかったが、奈良公園に落ち着いた様子で座り、あたりを見回していた。愛護会も「ヌシは変わった鹿だった。秋になると奈良公園に姿をみせ、時期が終わると、また三条通に戻っていた」と振り返る。

■小鹿思いの一面も

 雄が形成したハーレムは、雌が妊娠すると自然に解消される。愛護会の獣医師、吉岡豊さんは「鹿の雄は基本的に子育てをしない。人間社会では“イクメン”が増えつつあるが、鹿の雌は大変」と話す。

 ただ、雄たちには小鹿思いの一面もある。雄同士が餌を奪い合うシーンは頻繁にみかけるが、一方で、小鹿が餌を食べにきたら追い払わず、先に食べさせることもある。

 さまざまな顔をみせる雄たち。特徴的な雄の鳴き声は、江戸時代の俳諧師、松尾芭蕉の句にも詠まれている。

 びいと啼く尻声悲し夜の鹿

 その奥深い姿は、古くから人々の目にも止まっていたようだ。
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/17081-25626b7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック