FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

ついに「ルパン三世」も実写化 アニメの実写映画化に立ちはだかる高い壁

人気アニメ「ルパン三世」の実写映画が2014年夏に公開されることが話題を集めている。

 「ルパン三世」といえば、モンキーパンチ原作の漫画で連載が1967年にスタート。アニメについては、1971~72年のテレビ第1シリーズを皮切りに、1977~80年、1984~85年と3シリーズが放送されたほか、劇場版や単発のテレビスペシャルなども制作されており、男女を問わず幅広い年齢層に愛される国民的人気アニメだ。

■配役を巡りさまざまな憶測が飛び交う

 昨年には、テレビアニメの放送開始40周年を記念して、主要キャラクターの1人の峰不二子を主人公にした「LUPIN THE Third‐峰不二子という女‐」も放送された。実写映画化に関しても、ここ2~3年の間に何度となく週刊誌や実話誌、夕刊紙などで取り沙汰されており、そのたびに主要キャストの配役を巡り、さまざまな俳優や女優の名前が浮上していた。

 今作は構想期間に約4年間を費やしたということから、水面下での動きが漏れ伝わっていたのだろう。結果的には、ルパン三世を俳優の小栗旬が、次元大介を玉山鉄二が、石川五ェ門を綾野剛が、銭形幸一警部を浅野忠信が、峰不二子を女優の黒木メイサが演じ、北村龍平監督がメガホンを執ることになった。

■ルパンに扮する小栗は「マジかよ~、実写化!」

 ルパンに扮する小栗をはじめとしたキャスト陣は、アクションのトレーニングを積んだり、体重調整を行ったりと、役作りに励んでいるという。小栗は「『マジかよ~、実写化!』と僕も思いました」と出演オファーを受けた当時の心境を吐露し、「みなさんの中にそれぞれのルパン三世がいると思いますが、若い世代にも、”リアルルパン世代”にも楽しんで頂けるルパン三世をお届けできるように、タイの暑さと闘いつつ頑張っています」とコメントしているが、この発言の裏には高いハードルに挑む出演者の複雑な思いが伺える。



人気アニメ作品の実写映画といえば、今年8月に公開された松坂桃李主演の「ガッチャマン」を筆頭に、昨年には佐藤健主演の「るろうに剣心」、綾瀬はるか主演の「映画 ひみつのアッコちゃん」、一昨年には山下智久主演の「あしたのジョー」、2010年には「SMAP」木村拓哉主演の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」などが制作されて話題を集めた。

■昨今のリメイクブーム 親子世代をターゲット

 芸能評論家の三杉武氏は語る。
 「70~80年代の人気アニメ作品は、原作の知名度が高く、昨今のリメイクブームなどの影響もあり、親子世代を家族で取り込めるといったメリットもあり、とくに00年代前半から映画業界やテレビ業界で重宝されています。アニメを原作とした映画で言えば、ほかにも『デビルマン』や『キューティーハニー』、『タッチ』、『ゲゲゲの鬼太郎』などが制作されています。親子ではないですが、幅広い年齢層にウケが良いという意味ではパチンコやパチスロなどにも重宝されていますね」

 だがその一方で、話題性はあっても興行収入が振るわなかったり、内容に対して厳しい批判を受けたりするケースも多い。

■原作とのギャップ 観客動員も伸びず

 「アニメに限らず漫画や小説もそうですが、名作と呼ばれるものにはそのぶん思い入れの強いファンも多い。原作の知名度を利用しようと、“はじめにビジネスありき”で、安易に原作キャラクターのイメージに合わないタレントをキャスティングしたり、原作の世界観にそぐわないストーリーにしたりすると、手痛いしっぺ返しを受けることになる。いくら最新鋭の撮影技術や特殊メイクなどを駆使したところで、原作への愛情や尊敬の念が感じられない作品に対しては、ファンは敏感に反応します。公開前に派手な宣伝で煽ったところで、すぐにネガティブな情報がツイッターやブログなどを通じて拡散し、思ったほど観客動員に結びつかないのが実情です」(三杉氏)

 原作が多くの人たちから愛されている名作であればあるほど、それだけハードルも高くなる。とくに、作品を観る側が能動的にチケットを購入し、劇場に足を運ぶ映画に関しては、相当シビアな評価が下されるというわけだ。

■リスクを負うのは出演者

 しかも、出演者を取り巻く環境はかなり厳しい。
 「本来なら、叩かれてしかるべきなのは映画会社や制作サイドなのですが、大抵の場合は『イメージと違う』など批判の矢面に立たされるのはキャスト陣です。出演者にとっては名誉なこととはいえ、リスクも相当高いですよね」(三杉氏)

 先述の小栗のコメントからは、そうした演者としての覚悟や原作に対する敬意が感じられるが…。74年公開の「ルパン三世 念力珍作戦」以来、40年ぶりに実写化されることになった映画「ルパン三世」だが、果たして“本家”と同様にファンのハートを盗むことができるのか!?
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/17024-5a6acd99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック