FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

出版業界の救世主とアイドル復興の鍵を握るAKBのしたたかさ

──今や、表紙を飾れば雑誌の売り上げが跳ね上がるとまでいわれ、何を出してもハズレなしの“AKB48本”。しかし、流用などが多く見られるそのクオリティには、疑問を投げかけられることもしばしば……。そこで今回、改めてAKB48と出版社の関係を追及し、カメラマニアとグラドルに写真集レビューをしていただきつつ、各メンバーのソロ写真集から見えるプロダクションごとの戦略の違いなどを検証した。

「選抜総選挙」が世間の話題をさらい、8月28~29日放送の『24時間テレビ33 愛は地球を救う』(日本テレビ系)でも番組パーソナリティーを務めることが決定するなど、躍進を続けるアイドルグループ・AKB48。そんな彼女たちを出版業界はデビュー当初から起用し、写真集やMOOKを次々と発売、ブレイクの素地をつくってきた。だが、今でこそ、発売すればたちまち売り上げランキング上位にランクインする彼女たちの関連本ではあるが、ほんの2~ 3年前までは話題にならないものばかりだった。当時は出版社側も半信半疑だったのか、特に初期の写真集やMOOKに関しては、ほかの出版物用に撮影された写真の流用も多く、2006年3月発売の『密着!「AKB48」~写真集 Vol.1 the・デビュー』(講談社/1890円)は「TOKYO1週間」(同)の連載をまとめただけの構成。また、昨年発売されたAKB48初の水着写真集『AKB48総選挙! 水着サプライズ発表』(集英社/1000円)は同社発行の「週刊プレイボーイ」における連載写真やグラビア写真の使いまわしが多く、こちらも一部ファンの不評を買った。

このほかにも、07年には東京ニュース通信社が、アイドルに特化した月刊テレビ雑誌「B.L.T.」の表紙を刷りわけし、AKB48劇場限定版を毎月発売。1冊買うと1枚ランダムで生写真が付く"AKB商法"を雑誌で初めて展開した。この際、写真目当てにファンは行列して同誌を買い、劇場周辺には捨てられた雑誌本体が散見されるという、悪しき慣習が生まれたことでも有名だ。しかし、このような出版社とAKB48とのかかわりを、アイドル評論家の北川昌弘氏は次のように分析する。

「これまで、アイドル写真集は3000円くらいするのが当たり前になっていました。DVDなら4000~5000円。でもそうなっちゃうと、本当に信念持って応援しているファン以外、高くて買わないじゃないですか。まだ売れる前の彼女たちの写真集もそうだったんだけど、最近はいわゆる“AKB商法”的なものも手伝って、ひとりのファンが何冊も買ってくれることがわかってきた。だから出版社は、今度は単価を下げ始めたんだよね。これによって新しいファン、つまり中高生とか、お金のない若年層ファンの獲得に成功したことは、評価すべきでしょう。そう考えれば、AKB商法も使いまわしの写真も、"努力"の結果」

 確かに『水着サプライズ発表』も、今年「選抜総選挙」前に発売されたMOOK『AKB48総選挙 公式ガイドブック』(講談社)も共に1000円と、安価なものほどすさまじい売れ行きを見せている。

「ここ最近はずっと、誰も新しいアイドルファン層を開拓することができてなかったんですよ。AKB48以前でいうとモーニング娘。が最後だったかな。だって中高生には、アイドルに投資できるほどの資金なんてあるわけないじゃないですか。だから、アイドルはお金を持ってる大人たちの楽しみになっていた。そのせいでDVDや写真集の値段はどんどん上がっていき、"グラビアアイドル"という大人向けの方向性にシフトし、本来の“アイドル”は死滅されたかのように思われていたんです。それを以前の形に復興させたのが、AKB48なんですよ」(同)

 事実、『AKB48総選挙 公式ガイドブック』は、発売初週に村上春樹の『1Q84 BOOK3』(新潮社)の4週連続1位の記録をストップさせて、オリコンBOOK(総合)週刊ランキングで1位を獲得。8.6万部以上(10年7月時点)を売り上げて、現在の2010年タレント本売り上げ首位に躍り出ている。また、写真集部門においても、3月に発売された『AKB48 FASHION BOOK』(マガジンハウス)が7.5万部以上(10年7月時点)を売り上げ、こちらも2010年の売り上げトップを記録。「タレント本」「写真集」部門で2冠達成という偉業を成し遂げた。

 7月9日には集英社が「週プレ」のチームPB、「ヤングジャンプ」のチームYJを結成し、どちらのチームが勝つかをファン投票で競い合った『AKB48 チームPB・チームYJ 神保町決戦SPECIALムック』(10年/980円)も発売。さらに7月22日には、東京ニュース通信社が生写真集付きの『AKB48 VISUAL BOOK 2010』(10年/1800円)を各チームで発売するなど、写真集・MOOKのリリースラッシュはまだまだ続いている。10年の出版業界は、当分彼女たちに引っ張られ続けるのだろう。
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/17-adfb2b93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック