FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

81%の国民がW杯ベスト16を予想するが――。FIFAランクはブービー、攻守に課題。韓国代表の不安な現状

最悪の状況で監督を引き受けたホン・ミョンボ
 8大会連続でW杯本大会に出場する韓国だが、ブラジルまでの道のりは、苦難の連続だった。アジア3次予選こそ1位で通過したが、続く最終予選ではまさかの急ブレーキ。

 3戦目のウズベキスタン戦をホームで引き分けると、アウェーでのイラン戦には0-1で敗れてしまった。6月の3連戦も1勝1敗1分で終え、最終予選はトータル4勝2敗2分。僅差のグループ2位通過で、青息吐息で掴んだ本大会出場権だったと言える。

 予選期間を振り返ると、南アフリカW杯閉幕後に就任したチョ・グァンレ監督がアジア3次予選でレバノンに敗れて解任されると、その後を継いだチェ・ガンヒ監督も苦戦続き。

 キ・ソンヨンがSNSで監督批判をするなど、選手と監督、選手同士の信頼関係も疑問視された。チームとしての一体感もなく、予選突破でも問題が絶えない代表チームに、国民は失望を隠せなかった。

 そんなどん底の韓国を再び浮上させたのは、13年6月に就任したホン・ミョンボ監督だ。日韓W杯で韓国をベスト4へと導いた“永遠のキャプテン”は、監督としてもカリスマ性を失わず、12年ロンドン五輪ではチームを銅メダルに導いている。

 最悪の状況下で監督となったホン・ミョンボは、「ワンチーム、ワンゴール、ワンスピリッツ」のスローガンを掲げ、チーム再建に取り掛かった。印象的だったのは、ホン監督が就任後、初めて選手を招集した際に、スーツ着用を命じたこと。規律を正すという基本の“キ”からチームを再構築するという、監督の意志が感じられた新たなルールだった。

復活が期待されるパク・チュヨン
 就任直後こそ4試合連続で勝ち星を上げることができなかったが、ブラジルとの親善試合を終えてからは上昇気流を掴んだ。ブラジル戦後、監督、選手ともに口にしていたのは、“自信”の二文字。実際に続くマリ戦を快勝し、11月には強豪スイスを2-1で下すなど、一定の結果を残している。

 そのホン監督就任以降、韓国代表は10回のAマッチを消化。ロースコアの試合が目立ち、どちらかといえば守備重視のスタイルと言えるが、無失点で終えた試合はわずか3試合のみ。

 攻撃陣も、ソン・フンミン(レバークーゼン)、イ・チョンヨン(ボルトン)、ク・ジャチョル(ヴォルフスブルク)とタレントこそ揃っているが、未だに手探りといった感が否めない。そうなると注目は、中盤のキ・ソンヨン(サンダーランド)か。

 非凡なテクニックとパスに定評があり、どんな相手にも物怖じしない精神力も兼ね備えている選手だ。彼が中盤の要となってゲームを組み立て、両サイドのソン・フンミンとイ・チョンヨンが崩し役に…というのが、攻撃パターンになる。

 とはいえ、ゴールゲッターが定まらず、ワントップの起用選手が流動的なことも気がかりの一つ。復活が期待されるのは、予選7試合で6ゴールと結果を残したパク・チュヨンだ。現在、所属するアーセナルからは戦力外となっており、代表にも招集されていない。

 しかしホン・ミョンボ監督の信頼は厚く、9月にイギリスを訪れた際も二人は話し合っている。パク・チュヨンの代表復帰に対してホン監督は、「私の意志というよりも、本人の意志が重要だ。パク・チュヨン本人が代表復帰に向けた強い意志があることは確認できた」と明かしたこともあり、今後の動向を注視したい選手だ。

国民の81%はグループステージ突破を予想
 ただし、すべてのタレントが揃ったからといっても、韓国のグループステージ突破は容易ではないだろう。何よりも守備を徹底強化する必要があり、特に10試合で4点を失っているセットプレーへの対処は、最大の課題だ。

 直近のロシア戦でも1-1で迎えた後半14分にコーナーキックから逆転ゴールを許して敗れており、ここ数試合、試合内容ほどの結果を出せていない原因となっている。

 逆に言えば、守備を固め、伝統的なスピード&スタミナのフィジカルサッカーで試合の主導権を握ることができれば、グループステージ突破の可能性も見えてくるかもしれない。ホン監督自身、組み合わせ自体は「悪くない」と考えているようだ。

 それにしても、予選終了直後に失墜していた国民からの信頼は、完全に取り戻したように思える。というのも、韓国がグループステージを突破すると予想した人が81%(韓国ギャラップ社調べ)に上ったからだ。

 しかも、そのうちの25%がベスト8以上を予想したというのだから、国民が代表チームに期待していることだけは間違いないだろう。

 いずれにせよ、残された6ヵ月という期間と、FIFAランキングが32ヵ国中31位という現実を冷静に考えると、決勝トーナメント進出が現実的な目標だ。

担当記者による分析
目標:ベスト8
ノルマ:ベスト16
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/16815-5749ec2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック