1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

アンパンマンの世界には「お金」の概念がない!?

 ユネスコの「和食」を無形文化遺産に登録したことをきっかけに、日本の食文化に国際的な評価と注目が集まっている。そうしたなか農林水産省は、日本の食文化のさらなる普及を目的に、日本の食文化を発展させ、その文化を世界に広めることに貢献した漫画やアニメを表彰する「Contents Award of Japan Food Culture」の第1回表彰式を2013年12月8日に開催した。(授賞式の様子はこちら)

 自薦・他薦を問わず選ばれた国内の約250作品の中で、アニメ部門の最高賞にあたる金賞に輝いたのが、「それいけ!アンパンマン」(日本テレビ系列で放送中)だ。1988年のテレビアニメ放送開始以来、実に25年以上にわたって続いている長寿アニメーションシリーズ。原作者のやなせたかし氏が今年亡くなったことは記憶に新しいだろう。

 日本人の精神性である「自己犠牲」の文化を「食」を通じて世界に発信することで、世界平和につながるのではないか。そんなやなせ氏の思jいが、審査委員から高く評価されての受賞だ。

 受賞を記念して、この作品の「食」に対する考え方や思いを、本作品を手掛けたトムス・エンタテインメントの久保雄輔・執行役員制作本部 3×Cube チーフプロデューサーに聞いた。

Q:「それいけ!アンパンマン」がアニメ化されたきっかけを教えて下さい。

A:この作品は1988年から始まったのですが、日本テレビのプロデューサーの方が、幼稚園で何度も読まれてボロボロになっている「アンパンマン」の絵本を見たのがきっかけだと聞いています。アニメにしても絵本にしても、この作品は子どもたちの力で大きくなった作品だと感じています。

Q:食をテーマにしたアニメ作品は多いですが、それいけ!アンパンマンがほかの作品と異なる点や食の表現の面で気を付けたところはどこですか?

A:登場するキャラクターが食べ物をふるまうところです。アンパンマンの世界にはお金の概念がなく、みんなが料理を作って食べてもらうという喜びを持っています。「貧しい人に食べ物を与えること」を、やなせ先生が絶対の正義として描いていいて、この考えが作品の根本にあります。特にアンパンマンは顔をちぎってお腹をすかせているひとに分け与えるという特徴があり、その気持ちや精神から自己犠牲というテーマが伝わっているんじゃないかなと思います。

 また、キャラクターが食べ物に由来し、調理をする場面もあるので、観る人にとっておいしそうに感じられるように心がけています。実際、アフレコが終わった後、スタッフの間でもアニメに出てきた食事が食べたいと話すことが多いですね。

Q:海外に日本食を伝えるという支店から、オススメの話はありますか。

A:おむすびまんというキャラクターが出てくる回ですね。やっぱりおむすびは日本の食文化を代表する食べ物。笠をかぶった出で立ちも一風変わっていて、海外の人の興味を引くと思います。ちなみに、おむすびまんには、アンパンマンとは別にやなせたかし先生が描いた「おむすびまん」という原作があるのですが、アニメの中では仲間のキャラクターとして登場しています。

Q:海外での反応を教えてください。

A:アジアを中心に海外進出をしていますが、海外だと「あんぱん」自体が浸透していないので、イメージしにくいようです。しかし、やなせ先生は以前「世界に!」とおっしゃっていたので、今後はもっと海外にアンパンマンを伝えていきたいと思っています。

Q:今後は、どのような作品にしていきたいですか?

A:アニメのオンエアは1200回を超えて、絵本や玩具も人気があり、家庭だと3世代がアンパンマンを知っている時代になってきました。しかし、良い意味で変わることなく続けていきたいですね。人助けや、貧しい人に食べ物を分け与えるという行為や精神を、アンパンマンを通じて伝えていけたらと思います。

Q:最後に、受賞の感想をお願いします。

A:こういう言葉で適切かどうかわかりませんが、本当に青天の霹靂で、とっても光栄です。この賞に恥じないよう、これからもがんばっていきたいと思います。
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/16762-9e8a0e12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック