FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

南極にもダイヤ鉱脈か=手掛かりの火山岩を初発見―採掘はできず・豪州チーム

 ダイヤモンドを含むことが多い「キンバーライト」と呼ばれる火山岩を南極大陸で初めて発見したと、オーストラリア国立大などの研究チームが18日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。
 ダイヤが見つかっても、環境を保護する国際的な取り決めで採掘はできない。しかし、このキンバーライトができた過程を調べると、約1億2000万年前(白亜紀初期)の大陸移動を探る手掛かりになるという。 
 ダイヤは特殊な結晶構造の炭素で、大昔に地下深くのマントルの高温高圧下で形成され、マグマと一緒に地表に急上昇した所で見つかる。この急上昇したマグマが冷えた岩石がキンバーライトだ。
 かつてはインドやブラジルが主なダイヤ産地だった。インドや南米大陸のほか、現在の主要産地であるアフリカとオーストラリアは、白亜紀までは南極大陸とともに広大な「ゴンドワナ大陸」を形成していた。このため、南極大陸にもキンバーライトがあるのではないかと考えられてきた。
 研究チームがキンバーライト岩石を発見したのは南極大陸のプリンスチャールズ山脈北部で、昭和基地から東へ遠く離れた位置にある。この岩石の年代を測定すると約1億2000万年前だった。南極・オーストラリア大陸からインドが分かれて離れ始めた時期に当たり、この大陸移動を引き起こすマントルの流れを探るのに役立つという。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/16706-ffdebd80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック