FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

オルフェの背で味わった希望と絶望

 三冠制覇、GI5勝、凱旋門賞2年連続2着という輝かしい勲章を誇ると同時に、阪神大賞典での逸走など、個性的な一面も持ち合わせているオルフェーヴル。その稀代の名馬が、有馬記念を最後に引退する。頂点の喜びと共に地獄のような苦しみも味わった、主戦池添謙一騎手に、現在の心境を語ってもらった。(取材・文:赤見千尋)
有馬で4冠を獲った後はプレッシャーがキツかった

オルフェーヴルとコンビを組んで3年半。池添は、どんな想いでこの時間を過ごして来たのだろうか。

「この馬がデビューしてからは、頭から離れることはなかったですね。3年半、ずっとです。新馬戦でいい勝ち方をして、クラシックへの手応えを感じ、そこから実際に三冠獲って。古馬になってからもいろいろありましたからね。有馬記念で最後ですが、今はまだ実感はないです。淋しさは、レースが終わってから感じるんじゃないですかね」

 この3年半、オルフェーヴルと共に歩んだ道のり。1番人気でのダービー制覇、そして三冠達成、3歳での有馬記念制覇。池添の心に一番強く刻まれたレースは――。

「一番嬉しかったのは、やっぱりダービーです。この馬に乗ってガッツポーズしたのはダービーだけなんですよね。よくあの時ガッツポーズ出来たなと思いますよ。いつも落とされますからね(笑)。一番緊張したのは菊花賞。三冠が懸かってましたから、またダービーとは違うプレッシャーがありました。ゴールした瞬間は、嬉しさよりもホッとしたというのが一番でしたね。その後は有馬記念で4冠目を獲って、負けちゃいけない馬になったので、プレッシャーもキツかったです」
世紀の大逸走を振り返る

無事に三冠を達成し、その年の有馬記念も制したオルフェーヴルは、池添の言葉通り負けてはいけない馬になった。しかし、古馬になっての初戦・阪神大賞典で、レース途中で外へ逸走、その後猛烈に追い上げて2着という、誰もが目を疑うような負け方をした。

「まさかレース中にああいう風になると思わなかったです。一瞬止めようかと思ったんですけど、もうしがみついてるしかなかったです。『やってしまった……』という感じでした。ハミは利かないし、なんとか止めようとした時に、内側の馬が見えたんですよ。そしたら、自分から追いかけて行ったんです。『戻るんかい!』って思わず言ってしまいました(苦笑)。レースが終わったと思ったのに、まだだったって思ったんでしょうね。言葉を交わすことはできないので、どう思っていたのかはわからないですけど。周りのジョッキーもびっくりしてました。安藤さんは二度見してましたし、福永先輩もゴールした後、『え?』って感じで二度見してましたから。普通なら止まってますもん。外行って、戻って、しかも2着って……。でも、あそこまで行ったら勝たなきゃいけなかったんですけど」

 この世紀の大逸走は、競馬ファンのみならず、日本中を驚かせた。続く天皇賞・春も、1番人気に支持されながらの11着。一度崩れた歯車は、三冠馬オルフェーヴルといえどもなかなか元には戻らなかった。

「阪神大賞典と天皇賞の時は、騎手を辞めようかなって初めて思いました。今までそんなこと思ったことなかったですけど、相当ヤジられましたし(苦笑)。精神的に、かなりキツかったです。なかなか眠れなかったり、夢に阪神大賞典が出て来て、ハッと目が覚めることもありました。でも、宝塚記念もこのまま行くからって言っていただきましたし、乗り越えなきゃいけないなって思いました。宝塚に挑む時は、『もう天皇賞と大賞典とは違うんだ』って思って。レースも2200mですし、『この馬の競馬をすれば大丈夫だ』って信じてました」

 迎えた宝塚記念。オルフェーヴルは中団でキッチリと折り合い、4コーナーで馬群を割って内から進出。池添に導かれ、再び圧倒的なパフォーマンスを見せた。

「宝塚は折り合いもしっかり付きましたし、内に入って行ったのもいい判断だったと思います。自分の中でも上手くレースが出来たなって思いますし、自分が助けることが出来たレースだったんじゃないかなって思いました。一時は本当に辛かったけど、そこから勝てたので、自信にもなりました。宝塚を勝ったら凱旋門賞へ行く予定だったので、その時は自分も一緒に行けるって思っていたので、もうウキウキでしたね」

 大きな試練を乗り越えた先に掴んだ、宝塚記念完勝の喜び。しかし、池添は再び絶望を味わうことになる。次なる試練は、凱旋門賞乗り替わりという現実だった。

凱旋門賞乗り替わりを知ったとき

オルフェーヴルと共に挑むと思っていた凱旋門賞が夢に消えたのは、函館開催最終日だったという。

「レースが終わって、函館から札幌に移動する時に、池江先生とオーナーから電話が入って。『ごめん。申し訳ないけど』って。聞いた時は、もう頭の中が真っ白でした。とりあえず札幌まで移動して、もう忘れようと思ってお酒を飲みました。いつもだったら絶対潰れてるくらいの量を飲んだんですけど、一切酔えなかったです。朝まで飲んでも、全然酔えなくて……。凱旋門賞へ行けるんじゃないかって思える馬との出会いなんて、一生に一度あるかないかですからね。本当にショックでした」

 その後フランスへ渡ったオルフェーヴルは、クリストフ・スミヨン騎手を背にフォワ賞を快勝。凱旋門賞でも、人気を集めた。

「去年の凱旋門賞は3日間開催の時だったので、調整ルームで何人かと一緒に見てました。勝って欲しかったですよ、もちろん。自分が乗ってる馬が世界一になるのは嬉しいことですから。勝って欲しいっていう気持ちと、乗りたかったなっていう気持ちと、両方考えながら見てました。レースは本当に惜しかったですよね」

 この時の口惜しさをバネに、池添は凱旋門賞での騎乗依頼をもらうためにどうすればいいのかを考え、今年の春行動に出た。

「一つの問題点がロンシャンで乗ったことないっていうことだったので、それをなくしに行こうと思って、フランスに行きました。まずは騎乗依頼をもらえなければ、どうしようもないですから。でもフランスに行ってる間に凱旋門賞には乗れないという知らせがあったので……。仕方ないことですけどね。去年ほどの衝撃はなかったですけど、もちろんショックは大きかったですよ」
オルフェのおかげで凱旋門賞を「目標」にできた

当初2か月間を予定していたフランス遠征だが、池添は1か月で帰国した。

「フランスへ行って1か月。オルフェーヴルに騎乗するのは無理になった。正直、今回フランスに行った目的は凱旋門賞に乗せてもらう可能性を広げるためだったので、その目的がなくなったのなら、もう居ても意味がないって思ったんです。でも今は、思い切ってフランスに行って良かったと思ってます。違う環境に身を置くのは勉強になりますし、刺激にもなりますから。(藤岡)佑介がフランスでオルフェーヴルの調教に一回乗ったらしいんですよ。『よくこのプレッシャーに耐えてますね』ってメールが来ました。フォワ賞の一週前だと思うんですけど、アイツもかなり緊張したそうです。僕としては乗って欲しくなかったですよ(笑)。日本人ジョッキーでは、オルフェーヴルの背中を知ってるのは僕だけだって思いたかったですし。レースと調教では違いますけど、他のジョッキーからしたら羨ましいと思います。アイツもフランスに行ってなかったら絶対乗ってないですから。遠征すると何があるかわからないし、本当にいい経験になりますよね」

 オルフェーヴルは今年もフォワ賞を快勝し、凱旋門賞でも1番人気の評価を受けた。

「今年は京都の知り合いのお店で見ました。勝って欲しいんですけど、勝っても負けてもモヤモヤすると思ったので、幸(英明)先輩に付き合って下さいってお願いして、あと元ジョッキーの柴原(央明調教助手)に付き合ってもらって、一緒に飲みながら見てました。また2着で残念でしたけど、凱旋門賞で2年連続2着なんて、たいしたもんだと思います」

 オルフェーヴルと共に凱旋門賞に挑む夢は消えた。しかし、池添には新たな目標が出来たという。

「いつか凱旋門賞に乗りたいし、勝ちたいです。オルフェーヴルに出会う前は、凱旋門賞というのは現実的ではなかったんです。やっぱり、ダービーを勝ちたいっていう方が大きかったですね。デビューした頃は『ダービーを勝ちたい』って簡単に口にしてたんですけど、乗るたびに二桁着順で、簡単に勝ちたいなんて口に出しちゃいけないレースだなって。経験を積んで重みが増していったんです。ゲシュタルトで4着に来て、初めてダービーのレースに参加出来たっていうのがあって、次の年にオルフェーヴルでダービーを獲ることが出来ました。だから本当に、凱旋門賞は遠くで見てる憧れのレースっていう感じで。この馬に出会って、現実的に乗れるかもしれないって思ってから、初めて凱旋門賞に乗りたい、勝ちたいっていう目標が出来ました」

 二度の乗り替わりを経験し、苦しみの中から新たな希望を見出した池添は、もう一度オルフェーヴルのパートナーに指名された。いよいよラストラン、有馬記念へ――。


久しぶりに味わうオルフェの背中

いよいよラストラン。もう一度オルフェーヴルとコンビを組む、今の率直な気持ちは――。

「宝塚記念を回避した時に、正直もう乗れることはないのかなと思ってました。それがまた最後に有馬記念に乗れる。もう嬉しいっていう気持ちがほとんどですね。プレッシャーよりも、乗れる喜びの方が今は大きいです。久しぶりにオルフェーヴルの背中に乗るわけですけど、やっぱり全然違います。すごくいいですよ。気持ちいいです。『ああ、オルフェーヴルに乗ってる』って思います。調教だけでも緊張しますね」

 頂点に立つ喜びと、騎手を辞めたくなるほどの苦悩を教えてくれたオルフェーヴル。池添にとって、どんな存在なのだろうか。

「与えてもらったものが大きすぎますよね。三冠ジョッキーにしてもらったし、走る馬っていうのはこういうものなんだ、こういう背中なんだっていうのも教えてもらいました。この先ジョッキーをやっていく中で、これは大きな財産だと思います。この馬とは、本当に色んなことがありましたからね(笑)。メンタル面はすごく強くなったと思いますよ。そうじゃないと多分やっていけないから。本当に特別で、感謝してもしきれない馬ですね」

 池添はこれまでにも、数多くのGIを勝っている。しかもそのお手馬たちは、オルフェーヴルがそうであったように、一筋縄ではいかない個性派揃いだ。

「スイープトウショウ、デュランダル、ドリームジャーニーと、みんな気性がキツくて自分を出して来る馬たちなんですよね。何故かそういう馬ばっかり集まって来るので、自分はもう、そういうジョッキーなのかなと思ってます(笑)。でも、そういう馬たちには、やっぱり能力があるんですよ、みんな。変なことするっていうのは、余裕があるから出来るんじゃないですかね。あの馬たちがいたからこそのオルフェーヴルって思います。実際、デュランダルの騎乗を見て池江先生がドリームジャーニーに合うんじゃないかって思って乗せてくれましたし、それで弟のオルフェーヴルにも乗せていただいて。だから、全部が繋がってるんです」
この馬が一番強いんだって証明したい

オルフェーヴルとドリームジャーニーの母であるオリエンタルアートにも騎乗し、全3勝すべてを挙げている。

「現役時代の深い印象はないんですけど、やっぱり気性はキツかったのかな。今年牧場に会いに行ったんですけど、めっちゃうるさかったです(笑)。もうけっこういい年で、普通の馬なら大人しくなるのに、牧場の方もこの馬は変わらないっておっしゃっていました。ドリームジャーニーにも会いに行きましたけど、前脚で叩いてこようとしたから、もう遠目から写真を撮るだけにしました(笑)。お世話になった馬たちには、なるべく会いに行ってます。デュランダルも、毎年夏に北海道に行ってる時に会いに行ってたんですけど、今年死んでしまって。トールポピーにも会いに行ってたんですけど、死んでしまったので今は手を合わせに行ってます。やっぱり、その馬たちがいてこそですし、主役は馬ですから。馬たちに食べさせてもらってるし、この馬たちがいたからこその自分なんで。感謝ですよね」

 現役時代に活躍し、種牡馬や繁殖牝馬になった馬たちが、また新たな世代を生み出していく。まさに、ブラッドスポーツである競馬の醍醐味だ。

「僕が乗せてもらってて種牡馬になった馬たちが、ちょっとずつ増えて来ましたね。次の世代に乗るっていうのは、騎手としての楽しみの一つだし、醍醐味だと思うんです。オルフェーヴルもあと1レースありますけど、次の仕事が待ってるんでね。そしたら子供が生まれて来るのも楽しみですよね。あと、弟が1歳なんですけど、オルフェーヴルにそっくりなんですよ。栗毛で、顔に流星もあって。その馬たちに乗せてもらえるように、しっかり成績を挙げないといけないと思ってます」

 いよいよ、オルフェーヴルと共に歩んだ3年半の集大成、最後の有馬記念が目前に迫っている。

「有馬記念で最後なので、有終の美をしっかり飾りたいです。しかも、その日のレース終了後に引退式もあるので、負けたら大変なことになりますから(苦笑)。残念ながら、キズナやエピファネイアが出られないということですけど、僕としては出て来て欲しかったです。ジェンティルドンナも出て来て、強い馬みんなが揃ってる中で勝って、この馬が一番強いんだって証明したかったです。でも勝負なんでね、与えられた舞台で全力投球するだけです!」

池添を背にした、稀代の名馬オルフェーヴルの最後の走り。しっかりと胸に焼き付けたい。(了・文中敬称略)
池添 謙一(いけぞえ けんいち)
1979年7月23日生まれ、滋賀県出身。栗東所属のフリー騎手。98年に栗東・鶴留明雄厩舎からデビュー。同年、トウショウオリオンで北九州記念を制し重賞初勝利。また、最多勝利新人騎手賞にも輝いた。02年、アローキャリーで桜花賞を制しGI初勝利を飾ると、その後もデュランダル(03年スプリンターズS、03年・04年マイルCS)やドリームジャーニー(09年宝塚記念、有馬記念)などでGI勝利を重ねる。11年、ドリームジャーニーの全弟オルフェーヴルで三冠制覇の快挙を果たした。
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/16662-75dec1f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。