FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

北村晴男弁護士が亀田ジム側見解を説明

 国際ボクシング連盟(IBF)のスーパーフライ級王者の亀田大毅(亀田)が2団体王座統一戦で判定負けしながらIBF王座を保持したままとなっている問題について、亀田ジム代理人の北村・加藤・佐野法律事務所の北村晴男弁護士らが19日、現状報告のファクスをマスコミ各社に送付した。

【写真】北村弁護士娘がセクシーグラビアに挑戦!父は「羞恥心で死にそう」

 それによると、亀田ジム側は17日、ジムが認識する事実を書面でJBCに提出した上で、JBCの事情聴取に応じた。

 その結果、北村弁護士らは「重要な事実認識の齟齬は『試合前日に行われたルールミーティングの中で、“亀田大毅が試合に敗れた場合のIBF王座の扱い”についてどのような説明がなされたか』にあることが明らかとなりました」とした。

 ルールミーティングでのIBFからの説明について、ジム側は「IBFから両陣営に対し、IBFルールブック(英語版)が亀田陣営とソリス側に配布され、同ルールに従って試合が行われることが確認された」。それによって勝敗にかかわらず亀田の防衛が確認され、さらには口頭でもジムのアドバイザーがIBFスーパーバイザーのタッカー氏に同様の確認を行ったという。

 一方のJBC側は通訳を介してタッカー氏から「大毅選手が敗れた場合にIBFの王座が空位になるとの説明を受けた」としており、北村弁護士らは「『試合前日に行われたルールミーティングの中で、“亀田大毅が試合に敗れた場合のIBF王座の扱い”についてどのような説明がなされたか』について、当ジム又はJBC担当者のいずれかが、何らかの意図をもって事実に反する主張をしているものと考える外ありません」と結論付け、ジム、JBC双方で真実を究明すべく調査を進めていることを明らかにした。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/16619-63a333a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック