FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

悲願のディスプレイに参入 ソニーの牙城狙うキヤノンの捲土重来

 映像の入り口から出口までを網羅する――。キヤノンが長年抱き続けてきた野望が、いよいよ実現する。

 欠けていた最後の“ピース”を埋めるべく、キヤノンが満を持して来年1月から販売を始めるのが30型の業務用ディスプレイ「DP―V3010」である。ハイビジョンの4倍の解像度の「4K」映像を表示でき、価格は約300万円となる見通しだ。

 静止画の分野ではカメラとプリンターという映像の入力、出力装置を手がけてきたキヤノンにとって、動画を表示するディスプレイ事業の成功は、御手洗冨士夫会長兼社長の長年の悲願であった。その挑戦の代表例であり、また、苦い記憶でもあるのがSED(表面電界ディスプレイ)事業だろう。

 キヤノンは次世代テレビの本命と位置付け、1999年から東芝と共同開発。当初は2002年に月5万台のSEDテレビの生産を目指していた。だが、開発延期が繰り返され、結局、10年に家庭用SEDテレビの開発凍結に追い込まれた。「技術は確立していたが、コスト面で量産のメドが立たなかった」とディスプレイ開発センターの和愼一所長は悔しそうに振り返る。

● 家庭用でなく業務用で勝負

 家庭用テレビで辛酸をなめてから3年――。業務用ディスプレイで勝負を賭けるキヤノンが狙うのは、米国ハリウッドの映画編集センターや放送局など、高精細な映像を扱うプロ向け市場である。

 「動画の出力が4Kという新しい世代に移り変わるタイミングに照準を合わせた」と語る和所長が、ディスプレイ普及の牽引役として期待を寄せるのが、映画製作や放送局などで人気の業務用ビデオカメラ「シネマEOS」シリーズだ。
 撮影する映像が高精細になるにつれ、わずかなピントのずれや色味の違いが致命傷につながる。シネマEOSで撮影した4Kの映像を、撮影したままの画質でその場で確認できる点が、最大のアピールポイントなのだ。

 そのため、ディスプレイ上で色を再現する正確性には絶対の自信を持つ。色や輝度のムラをなくし、正確な色を表示し続けるための専用の画像処理用半導体を新規に開発。IPS液晶パネルは外部調達だが、LEDのバックライトは独自設計するなど、旧SED開発チームが育んできた映像処理技術を惜しげもなく注ぎ込んだ。

 開発にあたり「どこにも負けない業務用で最高品質のものを作れ」とハッパをかけてきた御手洗会長も「映像がきれいだ、これはいける」と太鼓判を押した。既に日本や北米を中心に引き合いがあるという。

 調査会社の富士キメラ総研によると、13年の30インチ以上の業務用ディスプレイの市場規模は推定で400万台、7035億円。東京五輪が開かれる20年には700万台、9400億円規模まで成長すると予測されている。

 市場拡大が見込めるプロ向けの放送機器市場は、一度食い込めば買い替え需要やメンテナンス収入も見込める“一大鉱脈”。王者のソニーは、1台数十万円~数百万円する放送用モニターを、毎年数万台を安定して売り上げているという。

 一眼レフカメラの成長に黄信号がともったキヤノンにとって、新たな収益の柱の確立は喫緊の課題。業務用ディスプレイはソニーの牙城を崩し、キヤノンの新しい顔になれるか。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/16454-7302dc13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。