FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

ホリエモンが、今どうしても伝えたいこと

今年11月10日に刑期満了を迎えた、ホリエモンこと堀江貴文氏。ゼロからの出発となるタイミングに合わせて、新刊『ゼロ』を上梓した。出版界のドリームチームを結集し、ミリオンセラーを狙う同作で、ホリエモンが伝えたかったことは何か。1時間半にわたるインタビューを、動画とともに2回に分けて掲載する。

これまでのイメージと違う理由

――堀江さんの新刊『ゼロ』を読みましたが、今までの堀江さんのイメージとかなり違うと感じました。

堀江:これまでは、「いいことを言っていたら伝わるだろう」「伝わらなくてもわかってくれる人だけわかってくれればいい」というスタンスでいたのですが、それじゃダメだと気づいたのです。実際には本意とまったく正反対に受け取られることもあって、伝えたい人たちにも伝わらないし、痛い目にも遭う。伝えたいことがあるなら、もっと誠実に伝えないといけないと思いました。

――これまで自分のPR戦略やブランド戦略を、考えたことはなかったのですか。

堀江:全然、考えたことがないですね。

――ムダだと思ったからですか。

堀江:相手がわかるべきだと思っていた。でも、なかなかわかってもらえなくて……。

――米国の場合、経営者はPRの専門家を使ってカリスマ的なオーラを演出したりもしますが、日本の経営者の場合、そうしたブランド戦略に疎い傾向があります。

堀江:僕の中では正直、そこまでつくるのは窮屈じゃない?という思いがあります。でも、そうしないと伝えたいことが表面だけで止まってしまうので、もっと真剣にやらなければいけないのでしょう。少し上目線に聞こえてしまうかもしれませんが、僕もみんなに歩み寄らなければいけないし、みんなも僕に歩み寄ってほしいと思っています。

――『ゼロ』には、堀江さんを嫌ってきたオジさんたちが、堀江さんを好きになるようなエピソードが多く記されています。

堀江:僕が歩み寄ったのは、そういう苦労エピソードを初めて明かしたことです。ただ、あまりにもドロくさい方向に行きすぎると、「努力にこそ価値がある」「結果なんかどうでもいい」みたいな極論になりがちなので、努力賛美や労働賛美になりすぎないように、表現を注意しました。すごく微妙なバランスで書いています。

――新聞配達の話やご両親の話、モテなかったエピソードなどをオジさんたちが知っていたら、受けも違ったでしょうね。

堀江:でも、そういう自己プロデュースはしたくなかったですから。

――地方から東京に出てきた人は、堀江さんとレベルは違うにしても共感する部分があると思います。刑務所で読んだ1000冊の本の中で、重松清さんの小説『とんび』に号泣したそうですね。

堀江:あれは泣ける話ですよ。まあ、地方出身者にしかわからないかもしれない。でも、僕はあの小説の息子みたいに「いい子」にはなれないですが。

――堀江さんはご両親に似たところがあるのでしょうか。

堀江:愛情表現がうまくないところはそうですね。

――お父さんとお母さんのどちらに似ていると思われますか。

堀江:母親のほうだと思います。自分を素直に出すことができないところとか。

――母親はかなり激高することも多いと書かれていましたけど。

堀江:僕はそんなに激高しないです。それは反面教師ですよ。

過去にとらわれず、未来におびえず、今を生きろ

――堀江さんが言いたくなかったエピソードを入れて読者に歩み寄ってまで、特に伝えたかったメッセージは何ですか。

堀江:「過去にとらわれず、未来におびえず、今を生きろ」ということです。

――多くの人はその逆に見えるということでしょうか。


堀江:はい。過去にとらわれて、誰かに嫉妬や憎しみ、恨みの感情を持っていると、それは必ず自分に返ってきて、負のオーラが出てきてしまいます。人をうらやんでもいいのですが、そのエネルギーは「あの人のようになりたい」と思って頑張るというプラスの方向に行くべきでしょう。でも、そうでない人が多くて、「なんであいつだけ」と他人の足を引っ張ろうとする。

一方、未来のことを考えると、リスクばかり頭に浮かんで、おびえてしまう。20代の若者が「老後どうしよう」と心配していたりする。

「いきなりフルマラソンを走るのではなくて、まずは100メートル走から始めよう」と言いたい。それが小さな成功につながり、小さな成功の積み重ねが大きな成功につながっていく。これは僕がこれまで繰り返し言ってきたことです。

――人間的な部分をさらけ出したことで、より説得力が増していますね。

堀江:僕は、いい意味でも悪い意味でも、異世界の人間だと思われていた部分がありました。もちろん、僕も悩みはあるし、ルサンチマンの塊ですが、それをプラスのオーラに変えるように努力をしてきたのです。

人生ってマインドセットをちょっと変えるだけで、ものすごく豊かになります。それは難しいことでもなんでもないし、誰でもできることなのでやってほしいのですが、意外と誰もやっていない。それはやっぱり、未来を考えておびえているからでしょう。「起業してうまくいかなかったらどうしよう」とか。

編集ドリームチームに目からウロコ

――今回、100万人に希望を届けるような本を作るために、出版業界のカリスマ的存在であるケイクスの加藤貞顕さん、コルクの佐渡島庸平さん、星海社の柿内芳文さんというドリームチームを組んでいます。スター編集者の力を実感しましたか。

堀江:はい。信頼できる優秀な方たちで、どうすれば僕の思いや考えをしっかり届けられるか、一緒に何十時間も話し合いました。たとえば、オバマ大統領の伝え方も参考にしたのですが、オバマ大統領はいかにして米国国民に語りかけたのかを、彼らは僕に理論立てて説明してくれました。「MeとWeとNow」、つまり、「私、私たち、そして今」という構成で語りかけたんだと。

バラク・オバマという人は、表面的に見るとスーパーエリートですよね。家はお金持ちで、高等教育を受けて、上院議員で、まあ見た目もよくて、非の打ちどころのない人間に見えるのですが、国民にそう見えてしまったら共感を呼べない。そこで、何ら特別な人間ではなくて、マイノリティ出身で、いろいろな苦労もして、ここまで上り詰めたんだ。みんなと同じ米国国民であり、そして今、米国は何をすべきかを訴えたわけです。

僕も表面的に見れば、進学校を出て、東京大学に入って、在学中に会社を始めて、うまくいって上場して、転落した人という、パブリックイメージはそんな感じでしょう。僕を揶揄する言葉って、たぶん「デブ」ぐらいしかなくて。

――もうデブでもないですね。

堀江:今はたぶん「前科者」と言われるぐらいしかない。でも、それだとやっぱり伝わらない。




――堀江さんのいろいろな面を引き出したという意味でも、編集者の力は大きい。

堀江:そうですね。彼らの熱は、僕を大いに刺激しました。

まず「Me、We、Now」の骨格を考えて、そこにエピソードを書き足していった。「Me」の話は、幼少期から大学に入るぐらいまでのエピソード。そこで、まず堀江貴文という人間を知ってもらう。「We」の話は、働くことで世の中と接点を持ったエピソード。僕と読者の共通点が、働くことですよね。大学のときに引きこもり同然で、競馬や麻雀にハマッていた自分から抜け出すきっかけになったのがアルバイトでした。社会に出ていくための、みんなとコミュニケーションを取るための道具が、働くということだった。それを自分で文章化したことがなかったのですが、彼らがそれを発見してくれたのです。

――大学時代にヒッチハイクで全国各地を回ったエピソードも印象的でした。

堀江:そうです。「一歩踏み出す」象徴として、ヒッチハイクのエピソードは大切にしています。

――堀江さんは、自分の考えを多くの人に伝えて、人々のマインドを変えたいのですか。

堀江:そうすれば社会全体がよくなるでしょう。自分だけが幸せになったって、それは本当の幸せではない。本当の幸せって、たぶんみんなで幸せになることですよね。

――堀江さんのそうした考え方は、世の中にあまり伝わっていません。

堀江:それは完全にマスコミの世論誘導ですよ。僕は2004年に近鉄バファローズの買収に乗り出したときからメディアで取り上げられるようになって、そういうキャラクターで売られていった。最初は、みんなのために球団を減らさないということで、「救世主」とも呼ばれていましたから、そのままのイメージでいけば問題もなかったのでしょうけど。

――テレビ局を敵に回して……。

堀江:そこに尽きますね。

――今、テレビに対してどういう思いを抱いていますか。

堀江:いや、そもそも僕は恨みの感情とかがない。単純にないのです。

――裏切られても疑心暗鬼になったりしないのですか。

堀江:疑心暗鬼になってもしょうがないじゃないですか。大学生のとき、先輩と口論になって「おまえ、人の心がわからないのか!」と言われて、「人の心なんてわかるわけないでしょう!」と言い返したエピソードを書きましたが、究極的には人の心の中なんてわからないので、どうせだったら、相手は自分をポジティブに思ってくれていると信じたほうがいい。

人間って、人に対して正の感情と負の感情がグラデーションになっていると思うのです。グラデーションのいいところだけを見たほうが幸せですよね。悪いところを見だしたらキリがないし、みんな欠点の塊に見えちゃいますよ。

僕、刑務所に入って思ったのは、刑務所にいる人たちって極悪人の集団だと思われているでしょうが、全然そんなことはなくて、むしろ普通の人なのです。ちょっとしたきっかけで犯罪に手を染める。人間って弱いなあと感じます。
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/16340-365f0b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。