FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

<美里町>悩む佐々木町長 “多選”意識、引退か出馬か どうする「脱原発」継続 宮城


 東京電力福島第1原発事故以来、「脱原発町長」として活動する宮城県美里町の佐々木功悦町長(65)=2期目=が、任期満了に伴い来年1月にある町長選に出馬するかどうか思い悩んでいる。4年前の再選時の公言通り3選を辞するか、町内外に共感が広がる脱原発町政のトップを続けるか、「ジレンマに陥っている」と言うのだ。

【本気で「原発ゼロ」】どこへ行く、小泉劇場第2幕 ケンカ戦法再び

 佐々木町長は、大石武一・元環境庁長官の秘書を務め反核平和の思想を学び町政に反映させてきた。そこに降った原子力災害。「核兵器と違い原子力は安全」とする信頼感を崩され、「脱原発」「東北電力女川原発の再稼働反対」姿勢を固めた。

 昨秋、「脱原発の町」を宣言し、今夏には「UPZ(緊急時防護措置準備区域)関係自治体5首長会議」を発足させ、同電力との安全協定の締結を図る。こういった姿勢に3選を望む声がメールなどで多く届くという。

 佐々木町長は4年前に対立候補を破り再選を決めた時、「2期目は町長としての集大成の時期」とし、3選はないと支持者らに明言した。合併前の小牛田町長を4期務め“多選”的になることも意識した発言だった。

 「言葉の重みは分かっている」とも言う。東日本大震災からの復興も「めどがついた」とし、本来なら公言に従い引退が筋だ。だが、原発問題の行方が揺れているだけに踏ん切りがつかないわけだ。

 佐々木町長は「原発問題で私の主張を継いでくれる人が想定されれば(引退も)問題ないだろう」と話す。そんな後継者がいるのか、あるいは自分が立つのか、12月初旬には回答を出したいという。今のところ出馬予定者は見あたらない。町長選の告示は来年1月14日、投開票は同19日。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/16063-3b1c1029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック