FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

年収2000万円程度で満足していないか? 誘惑に負ければ衰退の道

 私の顧客をはじめ、年収1億円に達した人たちを見ていると、1億円を稼げるようになるまでには、いくつかの分岐点がある。

 そのひとつが、年収2000万円から3000万円にかけてだ。

 このあたりの額を稼げるようになると、1日に数万円ほどの小遣いを使えるようになる。毎日、一流レストランで食事をするといった贅沢も可能だ。

 すると、これ以上稼がなくても、いまのままでいいのではないかという気持ちが生まれてくる。現状に満足して、事業をはじめたころに抱いた志やハングリー精神を失いそうになる。そればかりでなく、周囲からの誘惑も増える。

 実際、私の経験でも、年収2000万円を超えたあたりから、急にそれまでとは違う人たちが寄ってくるようになった。だが、たとえば水商売の女性が近づいてきたとしても、それは江上治が素敵だからではなく、店に頻繁に通ってくれたり、高級な酒のボトルを入れてくれたりするからだ。


そこで自分を見失い、誘惑に負けると、あとは衰退の道が待ち受けている。

 もうひとつの分岐点は、本業が一応の成果を収めたときだ。

 たとえば、これまで見たなかでは、調子に乗って多角化をはじめるケースがある。

 私の元顧客に、Mさんという経営者がいる。Mさんは人材派遣ビジネスで成功し、創業4年で年商100億円、年収2億7000万円を稼ぐまでになった。

 ところが、そこで魔がさした。本業以外でミャンマーに進出するというギャンブルのような事業をはじめてしまったのだ。

 結局、信頼していた部下の裏切りも重なって、本業もろとも会社を破綻させてしまった。

だが、Mさんほどの能力があれば、その気になれば再起も可能だ。原点に立ち戻って、また人材派遣ビジネスをはじめればいいのだ。私はそう見ていた。

 しかしMさんはそうしなかった。

 それどころか、高級ブランドの服を身につけて、私のところに借金をしにきた。一度覚えた贅沢な暮らしを捨て切れないのだ。

 当然、私はお断りした。事業をはじめたときの気持ちを忘れ、儲けだけが目的になってしまっては、再起は難しい。

 年収のステージがあがったとき、誘惑に負けて、坂を転げ落ちないためには、ひとつには年収に応じて、欲のもち方を変えていくという方法がある。

 最初は誰しも、もっとお金を稼いで、高級車を乗り回したいといった自分のための欲をもっている。アースホールディングスの國分社長の場合、最初の欲は25歳までに自分の店をもち、人に使われない生き方をすることだったという。


だが、222店舗を展開するホールディングスとなったいま、目指すのは美容業界で日本一のグループになることだ。そのため、グループ全体で100人のフランチャイズオーナーを育てようとしている。

 また、國分社長はプールのある豪邸や、愛車としてフェラーリを所有していることでも知られるが、それも自分の欲のためというより、美容師を目指す若い人たちに夢をもたせるためである。青山に本社を構えるのも、海辺に数億円のサーフィンハウスを建てたのも、すべて同じ理由からだ。つまりは、すべて事業のための欲である。

 ここで、私がおすすめしている方法を紹介しよう。それは、5年先、10年先までの人生計画書をつくり、1年ごとに見直すといった方法だ。

 東海地方で医療法人を経営するY理事長は、5年先までの計画書をつくり、毎年同じ場所で、同じ仲間と一緒に、それを見直し、修正している。


Y理事長が最初に、計画書をつくったのは8年前のことだ。計画書には、目標とする5年後の年収を記入し、そのためにすべきことを60カ月の月間目標に落とし込んで、目標が達成できたかを、毎月チェックしていった。

 すると、目標も、目標年収もあっけなく達成できてしまったのだという。

 ほかにもY理事長は、後悔しない人生を送るために、公正証書遺言を残し、それを毎年、書き換えているのだそうだ。

 いっけん、簡単なようだが、このような形で人生の計画を立てている人は少ないのではないだろうか。だが、これを地道に継続できた人が、年収数千万円のレベルにとどまることなく、億単位の年収を継続できる。

 Y理事長の人生の目標は、常人とはレベルの違う高い地点にある。

 次の目標年収は、10億円である。(株式会社オフィシャル 代表取締役 江上 治)

 【年収1億を生む黄金則】たかが年収数千万で終わらないために、志に立ち戻る仕組みをつくる。(※『プロフェッショナル ミリオネア』(プレジデント社刊)第1章「考える、失敗を積む」より)
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/15998-37ec011d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。