1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

男性がイラつく女性の言い方 「私が頑張ってるのに…」「どういうこと?」

 男女混合の組織が普通になりつつあるが、どうも異性との話がかみ合わない。その理由を生物学的に検証しつつ、すぐに役に立つ会話術を紹介しよう。

 いつも沈着冷静な女性上司を演じよ

 一方、女性から男性に対する上手な話し方はどうなのだろうか? マイクロソフトで管理職を務めた田島弓子さんに聞いてみた。

 「同じことを言っても、女性の言動には『男性よりも感情的』というバイアスがすごくかかるもの。いつも沈着冷静な自分を心がけ、ものの言い方も必要以上に冷静にというのも、女性が人の上に立つうえで損しない方法だと思います」

 管理職になるほどの女性は、仕事に対して人一倍真面目な人が多い。自分が一生懸命取りまとめているものを期日までにやってくれない男性がいると、ついつい「じゃ、いつまでにオッケーもらえるんですか!」「私がこんなに頑張ってるのになんでやってくれないの!」と、追い詰めるようなコミュニケーションになってしまいがちだ。そんな女性を見ていて、田島さんは物陰に呼んでよく注意したという。


「あのね、あなたにとってできは7割かもしれないけど、周りの目から見たらもう100%できてるから、あんまり突き詰めなくても大丈夫だよ」

 そうすると、女性もハッと気がついて「私、そんなにテンパっていました?」と反省する。

 「会社はまだまだ男性社会なので、上に立つ女性は『なめられまい』と鎧をきてしまいがちなんですね。そうすると、話しにくい、扱いにくい上司になってしまう。たとえ水面下で足をバタバタさせていても、表面はちょっと抜けているぐらいのホンワカな感じのほうが、周りも助けてくれるし、声もかけてくるし、情報も入ってくる。これがひとつの目指すべき女性上司像だと思います」

 部下が失敗したときも、「どうして? お客さんになんて言ったの?」と追い詰めるより、笑顔で「今回は君らしくないよね。どうしたの?」と聞く。ユーモアも交えつつ、でも目は笑っていないなど、女性にしかできない「ほんわかコミュニケーション」という武器である。

 なぜ細かい指示は逆効果なのか?

 もう1つ、女性が男性部下にやってはいけないことは、細かすぎる指示や進捗状況の報告の強制、いわゆるマイクロマネジメントだ。田島さんも自分より年上の男性部下に細かく指示をして失敗したなと感じたことがあるという。

 「なぜ細かく『あの件ちゃんとやった?』と聞いてしまうかといえば、自分が不安だからなんです。自分本位のタイミングで言うんじゃなくて、不安な部下はよく観察しておく。ビジネスとしてそろそろまずいだろうという段になってから『大丈夫?』と声をかけると、部下も話しやすいんです」

 男性はプライドもあり、自発的には報告してこない傾向があるのであえて待つ。泳がせて、大事になる前に対処するのも上司の仕事の1つなのだ。

 「『共感力』と『観察力』は女性の武器になります。まあ最近の若い男性には『僕どうしましょう?』ってすぐに飛んでくる人もいるんですが(笑)」

 それでもなかなか進まないときなどは、正面から責めるのではなく「良心に訴えかける」ほうが効果的だ。


「プライドをくすぐるような督促の仕方をする。『○○さんだったらわかってくれてると思ってたのに……』とか言うと、男性はハッとするようですよ」

 やはり「男のプライド」をうまく使うことが、コミュニケーションのうえで効果的ということだ。ただし、丁寧なだけで判断ができない管理職は結果的に信頼されないので、話し方は柔らかく、でも決めるべきところは気合を入れてバランスを取っていたと田島さんは語る。

 「私は、部下たちが現場で結果を出せるようにするためにフォローするから、というタイプのマネジャーでした。上司だからといって上から目線になるのではなく、一緒に結果を出す仲間という感じでしょうか??ただし、普段はほんわかしていても、『何かあったときは私が表に立ちます』とはっきり言う」

 これは男女問わずだが、上にちゃんとモノを言ってくれる上司かどうかも部下はちゃんと見ている。「これ以上は無理です」と、ときには上の要求から部下を守るきっぱりした言い方も試されるところだ。

 「部下を動かすためには『目的』を納得してもらうのが一番早い。仕事の内容は10分でも、目的に50分かけるぐらいでいいと思います」。田島さんもぐっどうぃる博士と同じく、特に女性は、納得すると何倍もの働きをしてくれるものだと語る。


男女の基本的な差異を押さえたうえで、スムーズなコミュニケーションが取れるようになれば、全員で結果を出せるチームになれるはず。従来の男性型縦社会に適応することよりも、繊細で柔軟なコミュニケーションができる人材が必要とされる時代なのだ。(ジャーナリスト 白河桃子=文)

 異性の部下に「これだけは言ってはいけない」NGワード例

 <女性→男性>

 ×(自分が頑張ってるのに)「なんで期日までにやってくれないの?」

 →○「○○さんだったらやってくれると思ったけど、なんか残念だな~」

 ×「何日までにやるって言ったよね!」

 →○「何かあったの??○○君らしくないじゃん」

 ×「あの件どう?」(期限より自分が不安でしつこく確認する)

 →○(本当に危ない状況になった場合に)「大丈夫?」

 ×(感情的に)「ちょっと今聞いたんだけど、どういうこと?」

 →○「どうしたの?」「何かあったの?」

 ×(有無を言わさぬ口調で)「こうしなさい!」

 →○「で、どうするつもりだったの?」(と聞いてから意見を言う)

 田島弓子 マイクロソフト日本法人の営業・マーケティング部門で数少ない女性部長を務める。2007年、キャリアおよびコミュニケーション支援事業を行うブラマンテ設立。著書に『女子社員マネジメントの教科書』など。

 ぐっどうぃる博士 理学博士。2004年より始めた「ぐっどうぃる博士の恋愛相談室(現「恋愛ユニバーシティ」)で、生命科学的視点に立った独自の恋愛メソッドを展開。著書に『夢を叶えるアカデミー』など(PRESIDENT Online)
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/15893-5540cfbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック