FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

今さら聞けないNISAって何?/木暮太一のやさしいニュース解説


2014年から「NISA(ニーサ)〔=少額投資非課税制度〕」がスタートします。名前は聞いたことがあるかもしれませんが、いまいちよくわからないという方が多いかもしれません。

[図表] NISA口座 ここに注意

―――「うん、あんまりわからない。新しく買えるようになった株みたいなものかな?」

それは違います。NISAは、「投資して儲けても、非課税にしますよ」という制度のことです。制度の名前なんですね。

―――「ん? どういうこと?」

通常、株や投資信託を売買して儲かると、その儲けに対して税金がかかります。でも、“NISA口座”というものを作り、その口座を使って取引をしたら、非課税になるんです。
.

証券会社や銀行にNISA口座を作る

―――「“その口座を使って取引をしたら”って、どういうこと?」

通常、株や投資信託を買う時には、現金ではなく、口座から代金を振込みます。ただ、銀行口座から振り込むのではありません。銀行口座と同じ要領で証券会社や銀行にNISA専用の口座を作り、あらかじめお金を預けます。そして、その口座から振込むのです。

―――「そっか、株を買うには、証券会社に口座をつくらなければいけなかったんだね」

そうなんです。そして、その中でも、特に“NISA用の口座”を作り、その口座から売買代金を振り込むと、この制度が利用できるということなんです。

―――「へぇ、すごい。じゃあみんなNISA口座を使うようになるね」
.

非課税は「一定期間、一定金額まで」

ただし、非課税になるのは、「一定期間、一定金額まで」です。無制限に税金がかからないわけではありません。ここでNISAの概要を整理しておきましょう。

【特徴1 NISAは2014年の1月から2023年までの10年間の制度!】
NISAという制度は来年から始まり、2023年まで続けられる予定です。

【特徴2 「毎年、元本100万円まで」が非課税。枠は10年間もらえる(合計1000万円分もらえる)が、非課税になる投資総額は500万円まで!】

非課税になるのは、毎年投資金額100万円までです。この100万円がどれだけ増えても構いません。毎年追加で、この非課税枠の100万円をもらえますので、10年間制度が続けば、1000万円分“非課税枠”をもらえますね。ただし、非課税枠での投資金額が500万円を超えると、枠は残っていても、課税対象になります。

【特徴3 年間100万円の“非課税枠”が有効なのは、5年間!】
NISAの制度を使えば、毎年100万円まで非課税枠として投資ができます。たとえば、来年100万円分の“枠”を与えられます。この枠が有効なのは5年間です。翌年もまた100万円の枠をもらえ、もらった時点から5年間有効です。
その“枠”の範囲内だったら、資金がどれだけ増えて、どれだけ売却益が出ても非課税です。

非課税5年、その後どうなる

―――「5年たったら、どうなるの? 没収されちゃうとか!?」

いえ、そうではありません。5年たったら、そこで一度清算したと考えます。
本当にそこで持っている株を売って清算しても構いませんが、継続して保有しても構いません。継続する場合は、「その時の値段で新しく買い直した」とみなし、その後は、その値段を基準に利益がどれだけ出たかの計算をします。


【特徴4 “非課税枠”は一度に使う必要はない。でも「翌年に繰り越し」はできず、一度使ったら、なくなる】
100万円の“枠”は、その年の権利であって、翌年に繰り越すことはできません。また、使ったらなくなるということも知っておかなければいけませんね。

―――「どういうこと?」

最初、20万円の株を買ったら、“枠”を20万円分使ってしまうので、残りの枠は80万円になります。この株を売却しても枠が100万円に戻るわけではありません。デイトレードをしている人は、すぐに枠を使い果たしてしまいそうですね。

これらがNISAの特徴です。
.

4年間は金融機関を乗り換えられない

―――「なるほどねぇ。ねぇ、NISAって、どうやったら利用できるの?」

“NISA口座”を受け付けている証券会社や銀行で口座を開設することができます。「NISA 口座開設」などと検索すれば、すぐに見つかるでしょう。ただし、金融機関によって、売買手数料が違ったり、NISA口座で買えるもの(国内株式、外国株式、投資信託、積み立て投資など)が異なりますので、ご注意ください。

―――「じゃあ、いろんな会社に口座を作って一番便利なところにすればいいね」

いえ、それはできません。NISA口座は、ひとつの金融機関にしかつくれないのです。また、一度NISA口座を作ったら、4年間は口座を他の金融機関に乗り換えることができません。

―――「え!? そうなの??」

口座を開設する前に、十分吟味する必要がありそうですね。


-----

木暮 太一(こぐれ・たいち)

経済ジャーナリスト、(社)教育コミュニケーション協会代表理事。相手の目線に立った伝え方が、「実務経験者ならでは」と各方面から高評を博し、現在では、企業・大学などで多くの講演活動を行っている。『今までで一番やさしい経済の教科書』、『カイジ「命より重い!」お金の話』など著書36冊、累計80万部。最新刊は『伝え方の教科書』。
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/15744-0cab5836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック