1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

ただの友達「ただトモ夫婦」増殖中

 「草食男子」ってご存じですよね。昨年の新語・流行語大賞のトップテンにも選ばれましたが、草食系男子の研究者を自任する私なりに定義すれば、

 「20代から団塊ジュニアの30代後半までの、恋愛や消費に欲がない、あるいは恋愛や消費にガツガツしたところを他人に見せたくない、人を傷つけたり傷つけられたりすることが苦手な心優しい男子」

 のこと。

 男女平等の感覚が強すぎて、デートで割り勘は当たり前、男らしさを追求するという姿勢はみじんもなく、なぜ男がスカートをはいちゃいけないのか、なぜレディースデーがあってメンズデーがないのか、大まじめに疑問に感じたりする男子です。

 その子たちが結婚したらどうなるのかなと興味を持ち、1年半くらい前から20代、30代の夫婦の取材を始めたのですが、ビックリしました。夫婦でもなければ親友でもない。「ただの友達」と呼ぶのがぴったりするほど関係の浅いカップルがいかに多かったことか。それで「ただトモ夫婦」です。

 別寝室は珍しくありません。居間で自分が占有するテリトリーを決めている夫婦や、旦那が転勤したわけでもないのに別居婚や週末婚を続けている夫婦もいました。その理由がふるっていて、実家が居心地がいいからとか、旦那が趣味のガンプラ(注)やミリタリーグッズを捨てられず妻の荷物の置き場所がないとか。夫婦別ポケットで、お互いの給料や貯金がいくらか知らない夫婦の割合も高い。会話は「ツイッターでする」という夫婦もいるほどです。

 仲が悪いわけじゃないんですね。ただ、結婚後も自分のパーソナルな時間や空間を非常に大切にしていて、甘えたいときに甘えればいいと考える猫みたいなカップルなんです。夫婦というより、自由にソロ活動もできるユニットのような関係ですよね。だから離婚するときもあっさり。「解散」という一言で別れたカップルも、100人取材して2人(組)いました。

 彼らの言葉を借りると、「お互いに期待しすぎない関係がいい」そうです。なぜかというと、依存すると去られたときのダメージが大きいからだと。自己防衛なんですね。

 だったら結婚しなければいいじゃないかという指摘はもっともだと思います。

 ある結婚情報サービスの会社の調査で、今の20代女性で「結婚に憧れる」と答えたのは2割しかいないというデータもありました。でも、同じ調査で「結婚したい」が8割を超えたそうです。どういうことかというと、結婚というのはみんなに与えられた当然の権利なのだから、とりあえず行使しておかないと損だという感覚なんです。つまり結婚は、使わないと損するカードポイントなんですね。だから「結婚をすませたい」という言い方をする子が多いんですよ。

 いっぽう草食系男子はというと、積極的にプロポーズするタイプではありませんけど、一番の親孝行は孫の顔を見せることだと考える優しい男子ですから、家族を持つことに異論はない。ポイントカード感覚の女性にリードされて、結婚に至るというパターンです。

 長引く不景気や不安定な雇用環境も「ただトモ夫婦」増殖の背景にあると思いますよ。草食系男子が選ぶパートナーの典型は、仕事をバリバリこなせる女性です。仕事一辺倒の人生はイヤだし、正社員といえども将来は不安、実際に男性の平均年収は落ちるいっぽう。だけど、ある程度快適な暮らしはしたい。そのためには妻にも家計を支えてもらわないといけないと考えるのです。男女雇用機会均等法が浸透して女性が働くことが当たり前という感覚の世代でもありますからね。

 親や近所とのつきあい方にも、ただトモ夫婦ならではの特徴があります。

 まず、ただトモ夫婦世代には、結婚前に親と同居するパラサイトシングルだった男女が圧倒的に多く、結婚後もどちらかの親の家から30分未満に近接居住しているケースが6割超。また、彼らはよく「“ワル目立ち”したくない」という言い方をするのですが、空気を読めずに周囲から弾かれることを極端に嫌う。共働きは余計に親に子育てを頼る必要がありますし、ママ友とうまくつきあって、習い事やお受験の情報を融通しあうんですね。国や会社に頼れない自己責任社会だと身にしみているから、血縁、地縁のありがたみがあらためて浮上するんだと思います。

 さて、そんなただトモ夫婦の夜の営みはいかなるものでしょうか。

 おわかりですよね。それは割り切ったものです。共働きだから平日はお互いに疲れていて難しい。だから子どもが欲しいとなると、妻が携帯サイトで排卵日を管理して、そのために行為に及ぶということにもなるのです。今、育児休暇を取得する女性は9割近くいますが、育休を円滑に取得するために上司に子づくりの許可を求めたり、先輩社員と育休の取得時期を事前に調整したりする女性も少なからずいます。

 驚いたのは、4年ほど前に客室乗務員と結婚した男性の話でした。結婚後すぐに精子を保存させられて、奥様が地上勤務になった最近になって、その精子で受精したそうです。少しでも若いときの精子のほうが優秀だからということらしいのですが、そこまでやるかと思いましたね。

 じゃあ性欲をどう処理するのかというと、男性の場合は自慰行為で満足なんですね。めんどうくさいセックスは避けて、早く寝ようという感覚が強い。女性はいつまでも女として見られたいという気持ちはありますが、別にその気持ちを満たす手段がセックスでなくてもよくて、お洒落してお店に行ってイケメン店員に褒められたら満足なんです。

●大独身時代のシャッフル家族

 まあ、そんな夫婦でも、私が取材したカップルの6割は子どもがいました。では、子どもたちにとって、ただトモ夫婦を親に持つことは幸せなのでしょうか。

 まず念頭に置きたいデータは、今の20代の夫婦は3組に1組が離婚し、離婚した男女の6割強が再婚するということですね。つまり、子連れ離婚、子連れ再婚も当然増え、家族がシャッフルされるのが当たり前になるということです。いっぽうで生涯未婚の割合は、最新のデータだと男性は3人に1人、女性は4人に1人になるという予測があります。大独身時代のシングルは、甥や姪を猫かわいがりするおじバカ、おばバカの予備軍です。

 さてこうなると、団塊ジュニアが子ども時代を過ごした核家族は母子密着型だったのに対し、これからの子どもは母親ばかりではなく、親の再婚相手だったり、祖父祖母、おじおば、ママ友など、いろんな大人や血のつながらないきょうだいとつきあう機会が増える。それはそれで、いろんな価値観に触れるという意味でいいことかもしれません。

 いずれにせよ家族のカタチが劇的に変わろうとしているのです。

     *
 うしくぼ・めぐみ 1968年生まれ。企業のマーケティング業務を手がける「インフィニティ」代表。著書に『草食系男子「お嬢マン」が日本を変える』(講談社+α新書)、『「婚・産・職」女の決めどき』(大和書房)など

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/15637-a07dd9fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック