FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

睡眠不足は酔っ払い状態と同じ!? 「コーヒーと昼寝」「帰宅後の運動」で睡眠不足解消!

 年を重ねるごとに失われていく「男らしさ」。いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? 第一線で活躍する専門家たちに「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう連載の第9回目は、睡眠障害について、睡眠科学の第一人者として知られる睡眠評価研究機構の白川修一郎代表に解説してもらう。

 いつまでも若さと健康をキープするには、正しい食生活と運動の習慣、そして睡眠が大切だ。日本のビジネスマンが24時間働いていたバブルの頃は「忙しくてさ~、昨日2時間しか寝てないんだよ~」なんてドヤ顏で話す男性諸君が後を絶たなかったが、今の時代、「寝てない自慢」は仕事が遅いことの告白になりかねない。

 ところが、やはり日本人は寝ていない。OECD(経済協力開発機構)の2009年の報告では、加盟18カ国中、日本は韓国に続いて2番目に睡眠時間が短かった(下記グラフ参照)。中でも問題は中高年世代だ。2010年にNHKが行った「国民生活時間調査」によると、日本人の平均睡眠時間は7時間14分。他の年代はすべて7時間以上寝ているのに、男女とも40代と50代だけが6時間台で、全体の足を引っ張っている。

 「望ましい睡眠時間は6時間半から8時間。5時間を切る日が続くと、脳はチューハイを2~3杯飲んだときと同じくらい機能が低下する」と指摘するのは、睡眠研究の第一人者として知られる睡眠評価研究機構の白川修一郎代表だ。
.

●睡眠時間6時間以下の人は7時間以上の人より死亡率が2.4倍高い!

 頭の働きが悪くなるだけではない。「睡眠不足は体を壊す」ことは疫学的にも確認されている。45歳以上の5万4269人を調査したところ、睡眠時間が6時間以下の人と、10時間以上の人はともに肥満、糖尿病、心臓病の有病率が高かった(SLEEP 2013;36(10):1421-7)。

 睡眠不足になると脂肪や糖の代謝が悪くなり、太りやすくなったり、血糖値が高くなったりする。さらに、「交感神経の緊張が続くため血圧が上がるし、うつ病のリスクも高くなる」と白川代表。テストステロン(主要な男性ホルモン)の数値が低くなるという報告もある(Clin Endocrinol(Oxf).2012 Nov;77(5):749-54)。

 「睡眠時間が短い人は早く老ける」というのも、あながち俗説とは言えないようだ。「睡眠中は成長ホルモンが出て細胞を再生する。睡眠不足だと、その分泌が少なくなるので老化が進んでしまう。同じく抗老化ホルモンであるメラトニンも、やはり夜に分泌される」と白川代表は説明する。

 4419人の日本人男性を調査した結果、睡眠時間が6時間以下の人は7~7.9時間の人に比べて「死亡率が2.4倍高くなる」ことも確認されている(自治医科大学の研究結果より、J Epidemiol.2004 Jul;14(4):124-8)。つまり、睡眠不足は老化を進め、寿命を縮めるというワケ。「よく眠る」ことは立派なアンチエイジングなのだ。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/15189-1c1ad343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック