1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

将来の出世にも影響? なぜ日本の親は子供を甘やかしがちなのか

就学前のしつけが将来を左右する

 25年ぶりに日本に帰ってきてまず驚かされたのが、日本の親の「しつけ行動」であった。買い物をしているとき、「お子さんを走らせないでください」とアナウンスが流れた。

 アメリカではこのこと自体考えられないが、さらに驚かされたのは、親が走り回っている子供を注意しないことだった。アメリカなら、その場で厳しく叱りつけるのが当たり前である。

 経済学や心理学では、学齢期以前の教育の重要性が指摘されている。1960年代、スタンフォード大学で「マシュマロ・テスト」という実験が行われている。4歳児を対象に、マシュマロを食べるのを我慢できたかどうかで、子供たちをグループに分け、高校生になるまで追跡調査をした。

 その結果、食べるのを我慢できた子供のほうが、成績のみならず、対人関係スキルも優れていることがわかった。

人間は一般的に、現在得られる「いいこと」と、将来得られる同様の「いいこと」を比較した場合、将来得られる「いいこと」を割り引いて考える傾向がある。これを「時間割引」といい、将来の「いいこと」をどれだけ割り引いて考えるかを「時間割引率」と呼ぶ。割引率が高いほど忍耐力は低く、割引率が低いほど忍耐力が高い。この高低が消費行動や貯蓄行動に影響することは、容易に想像のつくことだろう。

 アメリカには、「タフ・ラブ」という言葉がある。アルコール依存症の夫を更生させるために、妻たちは、勇気を持って厳しく突き放すという苦しい決断を迫られた。自助グループが50年代から使い始めた言葉だという。

 私は、このタフ・ラブの考えに基づいたしつけ行動の実証研究を続けている。大阪大学の大竹文雄教授らと共同で行った日米でのアンケート調査では、日米を比較すると、日本人の親のほうが「甘やかし」が多くタフ・ラブが少ない。

 また、時間割引率が低い(忍耐強い)親のほうが、タフ・ラブの態度を取る傾向が強いことがわかった。要するに、忍耐強い親ほど、現在の「いいこと」を我慢させて、子供を「勇気を持って厳しく突き放す」わけだ。

 ただし、このアンケート調査からは、日米の親の間に時間割引率に関する差はほとんど見られなかった。それでは、なぜ日本の親は子供を甘やかしがちなのか。これはおそらく文化的な背景の影響だろうと考えられる。

 日本の文化は「恥の文化」といわれる。人間同士の関係性が重視され、善悪はその時々の関係性の中で決まっていくため、倫理的な判断を含む世界観には確信を持ちにくい。アンケート調査の結果でも、日本人のほうがアメリカ人よりも確信度が低かった。確信度が低いと、目の前の子供の苦しみを、できるだけ和らげたいと考えがちだ。

 また、苦難を過去の行いの結果と捉えがちな仏教的世界観に対し、米国に多いキリスト教徒は、苦難に試練としての意味を見出す傾向がある。

 試練と考えれば、子供の受ける現在の苦しみも、長期的な利益のために許容しやすい。文化の違いに優劣をつける必要はないが、日本の文化には、子供を甘やかしがちになる傾向があるといえる。

 将来のために、現在の苦しみをどれだけ許容できるか。これはビジネスの世界にも求められることだろう。確信のない人物は曖昧な態度を取りがちで、明確なビジョンを示すのが苦手だ。確信がなければ、部下に対してタフ・ラブの態度を取ることも難しく、成長を促すこともできない。リーダーシップを発揮できない人間が、組織の中で出世していくのは難しいはずだ。

 子供を厳しくしつけられるか否かは、出世と無縁ではないといえる。(慶應義塾大学教授 大垣昌夫 構成=山田清機 撮影=プレジデント編集部)

 慶應義塾大学教授 大垣昌夫 1988年、シカゴ大学経済学部博士課程修了。ロチェスター大学助教授、オハイオ州立大学教授などを経て、2009年より現職。
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/14638-7b315df1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック