FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

「魚釣島に居住空間つくれる」 東京都の現地調査団が会見

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)の現地調査を行った東京都の調査団が2日夜、調査を終えて石垣港に帰港した。会見に臨んだ調査団長の坂巻政一郎尖閣諸島調整担当部長は「天候にも恵まれ、凪と言ってもいい絶好の条件で、島に肉薄し、充実した基礎調査ができた。成果は都庁に持ち帰り、購入活用の次のステップにつなげたい」と語った。

 また、海洋政策が専門で都の専門委員を務める山田吉彦東海大学教授は「予想以上に新しいものが見られた。位置的にも、残された自然をみても、尖閣諸島が非常に重要な島であることを再認識した」と述べた。

 その上で、「長らく周辺海の域調査すらやられてこなかった。意義深い、もっと早くやるべき調査だったが、石原慎太郎知事の判断でできたことは、この国全体にとっても大きな一歩だった」と評価した。

 また、鳥類の研究で知られる小城春雄北海道大学名誉教授は「魚釣島ではヤギの食害が深刻だった。早急に駆除することが必要だ」と指摘した。

 実際に島を目の当たりにして、もっとも驚いたことを問われると、坂巻部長は「想像以上に大きいところだった」、山田教授は「魚釣島では水場が予想以上に多かった。居住空間もつくることができると感じた」とした。将来的な利活用について、山田教授は「これまであまり言われていなかったが、ウミガメを3カ所で確認するなど、観光資源としても豊かだ」とした。

 現地調査にあたって石原知事は特に、荒天時に漁船が避難する「船だまり」の適地を探すように指示。山田教授は「設置は十分可能だと考える」とした。坂巻部長も「魚釣島と北小島、南小島の地形をつぶさに見て、水深や潮流データを収集したので分析する」と述べた。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/14283-25fbe159
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック