FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

ヘビやトカゲにタカ… 動物カフェに珍種が続々

ツイートすれば、格好のネタに

 蛇やタカなど、日ごろ見る機会の少ない動物を眺めながらお茶を飲めるカフェを若者が好んで訪れている。鮮やかな色や独特な形を持つ爬虫(はちゅう)類や猛きん類などは写真映えがよく、交流サイト(SNS)上で一風変わった趣味をアピールするには格好のネタ。友人からの反応を楽しむ「ネタ消費」の材料になっている。さらに変わった趣味を持つ仲間同士できずなが深まり、来店客の交流も生まれている。「猫カフェ」や「ドッグカフェ」とはひと味違う、変わり種動物カフェの魅力を追った。


■「動物園よりゆっくり見られる」

 「カラフルでかわいいし指の形も面白すぎ。こんなに近くで見られるなんて」。7月下旬の日曜午後3時ごろ、友人と2人で初めて横浜亜熱帯茶館(横浜市)を訪れた平塚市の女性会社員(33)はトカゲの水槽を前に興奮気味だ。スマートフォン(高機能携帯電話)で写真撮影し、画像を交流サイト(SNS)の「フェイスブック」とミニブログ「ツイッター」に投稿する。「嫌いな人も居るから、最初に『爬虫類注意』とつけないと」と配慮しつつ「『リツイート』(つぶやき返し)されるといいな」と話す。

 約50平方メートルの店内には壁沿いに飼育ゲージや水槽が並び、16種類、約40匹の爬虫類と両生類を見られる。体長が1メートルほどあり、赤色の頭に緑色の胴体、黄色と黒色のしま模様の尾を持ったトカゲや、白色の蛇など珍しい動物がずらりと並ぶ。浜中飛鳥さん(27)は「動物園よりゆっくり見られる」とデジタルカメラでリクガメやイモリの動画を撮影する。

■爬虫類カフェ、8割が女性客

 9つあるテーブルはほぼ満席状態で、8割がたが女性客だ。座って話し込む客は少なく、お茶を飲んでは立ち上がり、飼育ゲージの前でしゃがんで動物を眺める。店の一角を柵で仕切って作った約10平方メートルの「放し飼いエリア」には、甲羅の長さが25~50センチメートル程度のリクガメが3匹と、トカゲが1匹歩き回る。客が入れ代わり立ち代わり、カメの甲羅をなでたり、様々な角度から写真撮影したりする。

 店長の長野睦さんによると、昨年7月の開業時と比べ現在の来店客数は2倍近くに伸びているという。20~30代の女性が全体の約8割を占め、2~3時間は滞在する。同店は横浜市のみなとみらい21地区まで歩いて15分ほどの距離のため、「買い物のついでに友人と来店する人が増えている」(長野さん)。

■SNS上で人と違う趣味をアピール



 電通総研の西井美保子研究員は「スマートフォンに親しんだ若い女性が、SNS上で人と違う趣味を持つ自分をアピールしたいという『ネタ消費』を目的に来店している」と分析する。さらに「珍しい動物が大好きな人も、SNS上で自分の趣味を気軽に表現し、他人と共有できる。カフェは興味のある人同士が実際に会って交友関係を広げる場にもなっている」と指摘する。

 タカやフクロウなど約10匹の猛きん類を間近に見ながら食事ができる東京都三鷹市の鷹匠茶屋には週末、1日100人ほどの客が訪れる。昨年5月の開店以降、「口コミで昨年10月ごろから客が増え始め、今年7月は1月と比べ2倍の客数」(店長の佐々木薫さん)という。客の半分以上は20~30代の若者。6月下旬にタカのヒナが誕生したこともあり、成長を見るのが楽しみなリピーターも訪れる。

■客のツイート見て訪れた客も

 埼玉県ふじみ野市の会社員、野崎英之介さん(29)は昨年9月から週1回の頻度で鷹匠茶屋に来店する大のタカ好き。野崎さんが同店に関して書いた「ツイート」を見て興味を持った東京都府中市のアルバイト、津田奈緒子さん(29)は今年6月に初めて来店。7月下旬の土曜日には野崎さんの友人で神奈川県厚木市の会社員、米谷圭太さん(25)も加わった。津田さんと米谷さんは初対面だが、3人でタカを見ながら「目がきれいで引き込まれる」(津田さん)、「気品があって、近寄りがたい雰囲気がいい」(米谷さん)などと魅力を語り合いながら意気投合する。


■非日常気分を味わえる

 7羽のインコがいる東京・練馬の「FUKUROKOJI cafe」には、鳥好きの客が自分の飼い鳥を連れて来店する。店長の梶川典子さんは「日によって居る鳥が違うので、一期一会の出会いを楽しみに来る客も多い。写真を撮るうちに飼い主との会話も生まれる」と話す。2009年10月にインコを置いたところ、鳥好きを中心に客が増え始めた。最近は「初めて来る人が全体の半数」(梶川さん)。来店客数は昨年と比べ3倍のペースで推移している。

 一度行けば非日常気分を味わえる、変わり種動物カフェ。横浜亜熱帯茶館に女性3人で訪れた横浜市の主婦(25)は「爬虫類好き同士、予定の合う人で気軽に集まりたい」とツイッター上で呼びかけて来店した。SNSが普及した今、その魅力はネタとしての面白さだけでなく、実際に会ってニッチな趣味を共有できる楽しさにあるようだ。

■猫カフェは下火に、夜間展示禁止が打撃

 一方、動物カフェの王道、猫カフェの人気はピークを過ぎたようだ。情報サイト、オールアバウトの「カフェ」ガイド、川口葉子さんによると、猫カフェは2004年に関西地方から広がり始め、08~10年に人気のピークを迎えた。「仕事帰りに男性の会社員が癒やしを求めて通うなど、広く浸透した」(川口さん)

 しかし猫カフェを取り巻く環境は厳しい。環境省は6月1日から、犬と猫の展示を午前8時から午後8時までに限る動物愛護管理法の改正省令を施行した。経過措置として猫だけは、1歳以上で施設内を自由に移動できる状態であれば、14年5月までは午後10時までの展示を認めるが、その後の方針は不透明だ。川口さんは「夜間の来店客も多かった猫カフェにとってマイナス要因。首都圏では店数が飽和状態で、昨年から閉店の話も聞く。人気の峠は越えた」とみている。
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/14250-d3d697c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック