FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

アプリで朝まで無料通話、メールは「使わない」――女子高生が語る、今どきの“スマホ事情”

 「プリクラ帳は作らなくなりました」「デコメも使わなくなりました」――。

 友達と撮ったプリクラを交換し合い、絵文字たっぷりのメールを延々と交わす――そんな“女子高生像”はもう古いのかもしれない。サイバーエージェントが自社サービスユーザーを対象に行った座談会と調査から、今どきの女子高生のスマートフォン事情が見えてきた。

 調査は、利用者の95%が女性で13~19歳が過半数を占めるという“ホムペ”(個人サイト)作成アプリ「Candy」上で実施。また7月にはCandyユーザーの女子高生を対象に、座談会形式のヒアリングを開催。アドレス交換の方法やスマートフォン上でのお金の使い方など、5人の現役女子高生の口から率直なスマートフォン事情が語られた。

●スマホにしてから「メールを使わなくなった」

 座談会に集まったのは、都内の高校3年のありてぃさん(iPhoneユーザー)、高校2年でカナダ留学中のまつもとさん(iPhoneユーザー)、インターナショナルハイスクール2年のわこさん(Samsung「GALAXY」ユーザー)、静岡県内の高校2年のゆうさん(NECカシオ「Medias」ユーザー)、ゆうさんの同級生のみちさん(iPhoneユーザー)の5人。全員がスマートフォンユーザーだ。

 スマートフォン歴は「2年前から」が1人(まつもとさん)、「去年から」が3人(ありてぃさん、わこさん、ゆうさん)、「今年から」が1人(みちさん)。使い始めた理由は「普通のケータイより使いやすいから」「みんなが替えていたから」などで、「友達の半分くらいがスマートフォンを使っている」と全員が口をそろえた。

 スマートフォンにしてよかった点は「SkypeやFacebookが簡単に使える」(まつもとさん)、「(ストレージの)容量が大きい」(ゆうさん)、「mixiの『イイネ!』が押しやすい」「動画の画質がいい」(みちさん)など。SNSや動画共有サイトにアクセスしたり、写真を撮って保存したりと、使い方は多様だ。

 一方、スマートフォンならではのデメリットを感じることもあるという。多く挙げられたのは「メールが使いづらい」ということ。iPhoneユーザーのみちさんは「メール送信を中止できないから、よく間違えて送ってしまいます」と不満をもらす。

 同じくiPhoneユーザーのまつもとさんは、スマートフォンに替えてから「チャットは使うけど、メールを使わなくなりました」という。GALAXYユーザーのわこさんも「昔は1日100通くらいメールしていましたが、今はメールの数が減りました」といい、「ガラケーのころの方がいっぱいメールしていました」と振り返る。

 “メール離れ”に伴い、デコレーション素材などもあまり利用しなくなったという。「デコメは使わなくなりました。メールでもネットでも」(全員)

●メッセージアプリはLINEを“標準装備”、複数アプリの使い分けも

 メールの代替手段として女子高生に広がっているのは、「LINE」(NHN Japan)を始めとするメッセージアプリだ。

 座談会メンバーも、5人全員がLINEを“標準装備”。中でもわこさんやみちさんは、複数のメッセージアプリをインストールして使い分けているという。「機種によって使えないアプリもあるから、Viber、Skype、カカオトークを相手によって使い分けます。アプリを使って友達と夜から朝までしゃべったり……」(わこさん)

 とはいえ調査結果をみると、メールを支持するユーザーも依然として多いようだ。「友達とのメインの連絡手段」は「メール」(54%)がトップで、2位の「LINE」が39%。一方、3位の「電話」はわずか3%だった。

●アドレス交換は意外と“アナログ”

 かつて携帯電話同士のアドレス交換手段といえば「赤外線通信」が主流だったが、今ではiPhoneをはじめ、赤外線通信機能を持たないスマートフォンも多い。今どきの女子高生は、どのように電話番号やアドレスを交換しているのだろうか。

 「わたしはアドレスを書いた紙をコピーして友達に渡す。アナログです」とみちさん。他にも「QRコードのアプリを使って」(わこさん)や「mixiやTwitter経由で」(ゆうさん)といった声が上がった。

 調査でも、友達とのアドレス交換手段は「紙に書いて渡す」(30%)や「(相手のアドレスを)直打ち」(16%)といった“アナログ”な方法が目立った。とはいえトップは「赤外線通信」(44%)で、このほか「QRコード読み取り」が5%、「Bump(データ共有アプリ)」が3%、「LINEのふるふる(連絡先交換機能)」が2%だった。

●「プリクラ帳は作らなくなった」

 プリクラを張り付ける「プリクラ帳」は、今ではスマートフォンに役割を取って代わられつつあるのかもしれない。

 「プリクラ帳は作らなくなりました」とまつもとさん。わこさんも「(プリクラ帳を)いちいち作るのは面倒くさい。プリクラを撮ったら、画像をデータでスマートフォンに送ってそのままです」と話す。

 一方、スマートフォンのカメラをプリクラ機の代わりにしている場合もあるようだ。「スマートフォンに替えてから写真をいっぱい撮るようになりました」とわこさん。撮影した写真は画像編集アプリで加工し、メールで友達に送ったりするという。

●ソーシャルゲームは「オタクっぽい」「彼氏がはまってたら嫌」

 「Mobage」や「GREE」などソーシャルゲーム業界の成長が続いているが、女子高生の間での利用状況はどうだろうか。意外なことに、5人の中にこうしたソーシャルゲームのユーザーはいないという。「オタク系の男子がやってる。みんなで戦ってます」(全員)

 ソーシャルゲームで遊ぶのは「オタクっぽい」のだろうか。「自分の彼氏がはまってたら嫌ですね」とありてぃさん。ゆうさん、みちさんは「サッカーとかスポーツ系のゲームなら許せる」と話す。「スポーツ系のゲームならいいけど、RPGは嫌ですね」(みちさん)

 だが、ソーシャルゲーム以外のゲームなら遊ぶという女子も多いようだ。調査では、スマートフォンでゲームを「毎日する」が36%、「たまにする」が31%という結果に。まつもとさんは「太鼓の達人」アプリにはまっているといい、有料版にグレードアップしたこともあるという。

●スマホ上で「お金使ったことない」が7割

 有料アプリの購入など、スマートフォン上で有料サービスを利用するという女子はどの程度いるのだろうか。調査では「スマートフォン上でお金を使ったことはない」が69%という結果だった。

 「ある」の内訳をみると「アプリを購入する際」(16%)がトップで、以下「複数あり」(8%)、「ゲーム内アイテム購入で」(3%)、「LINEスタンプの購入で」(2%)、「デコメ素材などの購入で」(2%)と続いた。座談会メンバーのみちさんは、スマートフォン上で音楽をダウンロード購入することもあるという。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/14198-94288a8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック