FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

教育現場で増える“トイレに行けない症候群”近代化が遅れる学校のトイレに問題山積

 教育現場で今、子どもたちのあいだで増える“トイレに行けない症候群”が問題になっている。多くの子どもたちが「和式だから使えない」「臭いし汚いから近づかないようにしている」と改修が進まない学校のトイレを嫌い、使えずにいるというのだ。

 便器の国内シェア80%を持つTOTOは、内装メーカーや清掃メンテナンス会社と1996年に「学校のトイレ研究会」を発足し、学校のトイレを調査してきた。学校のトイレに関する公的なデータが少ないため、民間での調査を通じて全国1800の自治体や国に、事の重要性を訴えているのである。

 最新調査結果からは、近代化の遅れによる“トイレに行けない症候群”の深刻化が浮き彫りになった。「多くの学校がトイレの5K(臭い・汚い・怖い・暗い・壊れている)に悩んでいる」とTOTOは指摘する。住宅やオフィス、商業施設のトイレは最新鋭の機器が入り、綺麗で明るく趣向を凝らしたものに進化している。一方、全国の小中学校ではトイレの改修を20年以上行っていない学校が約5割にのぼった。

 子どもたちにすれば、自宅と学校のトイレのギャップがあまりに大きい。トイレを我慢することは子どもの健康に悪影響を及ぼすだけに、教職員からは切実な声が上がる。「学校で子どものために改善が必要な場所はどこか」との問いに対し、「校舎の耐震化」を上回り「トイレ」が圧倒的に多い。しかし、予算の都合もあって改修によるトイレ環境の改善は思うようには進んでいない。

 改善のポイントは大別すると3つある。まずは便器の洋式化だ。ほとんどの子どもが洋式を希望するなか、7割以上の学校で洋式よりも和式が多い。トイレは全て和式という学校も約1割ある。

 「今どきの子は和式トイレも使えないなんて、軟弱だ」と眉をひそめる大人もいるが、これは精神論だけでは片付けられない。というのも衛生面から見て和式は難点が多い。和式便器のまわりは尿が飛び散り、汚れや雑菌の温床だ。それらが靴の裏について教室や廊下に広がり、子どもたちが床で遊んで転げ回れば、感染症も引き起こしかねない。

 洋式化と併せて重要なのが、清掃の仕様である。タイル張りの床を水で洗い流すという従来スタイルの湿式清掃は、床が濡れたままになってしまうため菌だらけ。トイレの悪臭の原因はこの湿式清掃にあり、塩ビシートの床をモップで拭く乾式清掃の方が衛生的だ。

 第2のポイントに挙げられるは、節水型トイレの導入だ。旧型トイレは1回の洗浄に13リットルの水を使っていたが、今では6リットルタイプが主流。切り替え時のイニシャルコストはランニングコストの減少によって2~3年で回収できる。東京都の学校で試算すると、年間218万円かかっていた水道代が115万円になり、プール5杯分の節水になる。全国の小中学校3万校が取り組めば、なんと160億円も水道代が節約される。

 第3のポイントは、誰もが使いやすいトイレにするためにユニバーサルデザインを採用することだ。肢体障害児に対応した多機能トイレの設置はもちろん、トイレをコミュニケーションの場と捉え、カジュアルで楽しい雰囲気にするのだ。商業施設でよく見るカラフルな色彩や、丸みを帯びた壁や扉の作りがそれだ。中学生にもなると、擬音装置の「音姫」や温水洗浄便座「ウォシュレット」を求める声も出てくる。

 また、2011年3月に発生した東日本大震災を通じて、地域社会における学校のトイレの役割も再認識された。東日本大震災発生時、多くの地域住民が学校に避難し、通常の何倍もの老若男女が学校のトイレを利用した。足腰が弱く和式を使えない高齢者のなかには、都度ボランティアにトイレの中で体を支えてもらうことをためらうあまり、水分をあまりとらなくなる人もいた。屋外の仮設トイレは寒さの問題はもちろん、夜間は防犯の点から女性や子どもが使いづらかったという。

 学校の常設トイレの整備を進めることは、日常の教育現場の切実なニーズに応えるものであると同時に、災害に対する備えでもある。子どもや地域住民が安心して使える清潔なトイレづくりが急務となっている。
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/13162-c4f06b77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック