FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スペインの連覇か、イタリアの44年ぶり制覇か 両者が最終決戦へ/EURO2012プレビュー

 EURO2012は現地時間7月1日に決勝が予定され、スペインとイタリアがタイトルをかけて激突する。グループリーグ初戦でも対戦し、そのときは引き分けた両者。トロフィーを掲げるのは、主要国際大会3連覇に王手を掛けたスペインか、1968年以来44年ぶりの欧州制覇を目指すイタリアか。ロイター通信が報じている。

 スペインとイタリアは、クラブレベルでは過去25回も欧州王者を産み出してきた強国同士だが、EURO決勝の舞台で対戦するのはこれが初めて。2006年のW杯をはじめ、世界王者に4度輝いたイタリアに対し、タイトルホルダーのスペインは2010年W杯を含め、前人未到の主要大会3連覇を目指している。

 両国の勝ち上がり方は、それぞれ異なるものだった。攻撃が最大の売りであるスペインだが、大会を通じて決定力を欠き、ポルトガルとの準決勝では0対0のままPK戦の末に勝利。ただし、イタリア戦以来失点がなく、堅守を見せている。

 「チキ・タカ」と呼ばれるパスサッカーで、1970年代の西ドイツ(当時)に続き、主要大会で3回連続決勝進出を果たしたスペイン。だが、より経験を積み、優勝候補として迎えた今大会では相手を攻めあぐねる場面も多く、ファンをなかなか魅了できていない。決勝でイタリアに敗れれば、「スペイン時代」が終焉を迎える可能性もある。

 スペイン代表のビセンテ・デルボスケ監督は「選手たちは疲れていて、限界を迎えている」と疲労を懸念しているが、一方で、「だが、彼らはシーズンを通じてこういうことに慣れているよ。決勝ではシャープな状態でいられることを願っている」と王者の風格を見せてのタイトル獲得を誓った。

 一方のイタリアは、大会前は2010年W杯での惨敗や、直前の国際親善試合での不振から、高い評価をされていなかった。しかし、チェーザレ・プランデッリ監督のもと、これまでの堅守速攻スタイルからの変貌を遂げ、ダイナミックなプレーを披露し、準決勝でも優勝候補筆頭のドイツを撃破。新鋭FWマリオ・バロテッリも真価を発揮し、攻撃力を武器にここまで歩んできた。

 グループリーグ初戦の結果は両者1対1の引き分け。イタリアはFWアントニオ・ディナターレ、スペインはMFセスク・ファブレガスがゴールを挙げている。プランデッリ監督は再戦を前に「我々のねらいはまず、スペースを埋めてボールを奪うこと。ボールの取りどころは自分たち、そしてスペインの出来によって変わってくるだろう。中盤のスペースを埋めることに集中することが大事だ」と述べ、アンドレス・イニエスタら強敵揃いの中盤を警戒した。

 ただし、イタリアの中盤もスペインに負けていない。プランデッリ監督は「ウチの中盤のクオリティは素晴らしい。ピッチを万遍なくカバーしてプレスを掛けられるし、ゲームのレベルを引き上げてくれる選手が1人いる。もちろん、それはアンドレア・ピルロだ」と、ここまでMVP級の活躍を見せている司令塔ピルロをキーマンに挙げた。

 スペインDFセルヒオ・ラモスも「ピルロは唯一無二の存在だね。たった1本のパスで相手をこじ開け、一対一の状況を作ってしまう。違いを作れる選手だし、試合を支配しコントロールしてしまう」と、ピルロの怖さを語っている。なお、当のピルロは「僕らは再びサッカーを楽しめている。このチームには十分なクオリティがあるし、成功に飢えているんだよ」と気負わぬ様子を見せた。

 「この試合の勝者はチャンピオンにふさわしい。(スペインとイタリアは)最も安定した2チームだったと思う」とセスクが話す通り、今大会で強さを発揮してきた両者。イタリアは勝てば1968年以来2度目、スペインは64年、08年に続く3度目の戴冠。勝利の女神はどちらに微笑むのだろうか?

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/12761-184faacb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック