FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

陸山会事件捜査 改革途上の検察にまた教訓 「ゆがみ」自浄作用働かず

 当時の東京地検特捜部部長と担当検事らの懲戒処分という結果を招いた陸山会事件の一連の捜査は、改革途上にある検察組織に、また一つ教訓を残した。27日に発表された最高検の検証結果では、田代政弘検事の取り調べについて「不適切だった」と反省する一方、なぜ虚偽の捜査報告書が作成されるに至ったのか、特捜部の風土や上司の関与など組織的な問題までには深く切り込まなかった。

 小沢一郎民主党元代表は無罪になったものの、4月の東京地裁判決は「不記載などの報告を受け、了承した」と一定の関与を認定した。小沢氏の関与があると見立てた捜査が全面的に否定されるものではなく、大阪地検特捜部の郵便不正事件とは趣を異にする。

 だが、見立てに執着した捜査や行き過ぎた誘導、威圧的な取り調べはあってはならない。田代氏の取り調べは境界線上にあるといえる。政界汚職捜査で有罪判決を勝ち取ってきた“成功体験”に隠れ、特捜部にゆがみが生じていた感は否めない。

 郵便不正事件での証拠改竄(かいざん)を受け、検察当局は昨年以降、特捜部事件への可視化の導入など組織改革を行ってきた。今回の問題は改革前の出来事とはいえ、組織の自浄作用が働いていなかったことが改めて浮き彫りになった。可視化の導入などで捜査を取り巻く環境は厳しさを増している。批判に耐える取り調べを実現するため、捜査の現場には、不退転の覚悟と努力が求められている。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/12661-861fe7c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。