FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

「女性目線」「子育て配慮」=需要獲得へ商品多様化―住宅業界

住宅業界が、戸建て住宅の多様化に力を入れている。国内の住宅市場は成熟化が進み、今後も大きな伸びは見込めない。各社はさまざまな消費者のニーズにできるだけ応えようと、女性目線を重視したり、子育て世帯への配慮を盛り込んだりと知恵を絞っている。
 大和ハウス工業は今月発売の「ジーヴォクレバ」に、スキンケア商品のP&Gグループと開発した女性専用の部屋「コクームスペース」を導入。化粧台の照明を自然光に近づけるなど、くつろいで過ごせるよう努めた。ほかにも、2階に天窓を設けて洗濯物を室内に干せるようにするなど、共働き世帯を考慮した造りとなっている。
 ミサワホームは昨年10月、延べ床面積が68~97平方メートルのコンパクトな住宅「ジャストスマート」の販売を開始。小型化や経費削減で価格を一般的な物件より2~3割下げ、1人暮らしや夫婦のみの小家族などに積極的に売り込んでいる。
 一方、旭化成ホームズ(東京)が昨年5月に売り出した二世帯住宅「イコイ」は、独自のキーワード「孫共育」を掲げた。親と子の両世帯の生活空間にそれぞれ子供の遊び場所を設けるなど、孫を中心に家族の交流を深められるようにした点が大きな売り物だ。
 三井ホームは同4月、初めて女性社員が中心となって開発した「シュシュ」を発売。外出する前の身支度をしやすいよう玄関の横に試着室を設け、収納設備も充実させた。「顧客向けのパンフレットが通常より多く出ている」(同社)といい、注目度は高いようだ。 

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/126-e82184ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック