FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

“主要21社”夏のボーナス一挙公開!ソニー19万円ダウン

 もはや「出るだけマシ」か。この夏の民間企業のボーナス支給額は総じて厳しい状況で、前年から10~20%超も激減した企業が続出している。主要企業21社の夏のボーナス支給額(別表)をみると、業績が悪化した企業と踏みとどまった企業で明暗が分かれ、業界内の“序列”にも異変が起きている。 

 夕刊フジの調査に回答した企業の中で、支給額が100万円を超えている企業が消えた。前年夏の支給額が約105万円台だったホンダは約14万円減って91万円台に。このところトヨタ自動車を上回っていたが、再逆転された。

 同社は支給額減少の理由を「業績やビジネス環境などによるもの」(広報部)と説明。2012年3月期の連結決算で同社の利益は6割減。為替も超円高の水準が続いている。

 昨年の東日本大震災やタイ洪水、欧州財政問題などで、日本の輸出企業は大打撃を受けている。

 過去最悪の赤字を計上したソニーも96万円台から77万円と19万円の大幅減に。重電分野に強い日立製作所や三菱電機を下回った。

 ソニーでは「業績連動方式ではないが、毎期のエレクトロニクス業績を大きな要素として決定している」(広報センター)としており、主力のテレビ事業の不振が足を引っ張ったようだ。

 平井一夫社長ら同社執行役も業績連動報酬を全額返上することを決めており、痛みを伴う再生を目指すことになる。

 数年前までは100万円を軽く突破していた鉄鋼業界大手も業績悪化が響いている。新日鉄やJFEスチールなどは2008年と比較してほぼ半分の水準になった。神戸製鋼所も前年夏から23%超の大幅減を余儀なくされた。

 支給額がゼロとなるのは東京電力。福島第1原発事故を起こし、政府が公的資金1兆円を資本注入し実質国有化することを受けた措置だ。ただ、同社はこの冬の賞与として約147億円、13、14年度は夏と冬の賞与としてそれぞれ約294億円と約291億円を人件費に計上していることが明らかになった。同社は家庭向け電気料金値上げを打ち出しているだけに、ボーナス支給再開も一筋縄ではいかないだろう。

 一方、経営破綻した日本航空は、09年夏から支給を見送っていたが、11年夏に1カ月分を支給、同年冬は1・5カ月分、そしてこの夏は2カ月分に倍増と上昇気流に乗っている。同社は「全社員が力強い一歩を踏み出すために今回の提示を行った」(広報部)と説明している。

 輸出関連企業の支給額が軒並み減少したのに対し、内需系のNTTドコモやJR東海がそれぞれ横ばいながら90万円台と高水準を維持したのも目立った。

 経団連の第1回集計では、大手企業が支給する夏のボーナスの平均妥結額(加重平均)は昨夏比3・54%減の77万2780円で、3年ぶりのマイナスとなった。夏の初回集計では過去3番目に大きい減少率となっている。

 大手シンクタンクのエコノミストは「大企業のボーナス支給額は景気の動きに半年から1年ぐらい遅れて動くとされ、昨年の震災やタイ洪水、円高の悪影響がこの夏のボーナスに反映されている。夏と冬のボーナス支給額を同時に決める企業も多いので、この冬も同様に減少傾向が続くだろう」と分析する。

 それでは再び回復基調になるのはいつからか。

 「今期は増益見込みの企業が多く、来年夏のボーナスは増加に転じる可能性があるが、景気がおかしくなれば、増益シナリオが狂う。最大のリスクはギリシャなど欧州問題だ」(前出のエコノミスト)

 日本とは縁遠いギリシャだが、意外にもサラリーマンの財布に直結しているのだ。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/12166-7edff4e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。