FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

“切り餅特許戦争”が第2ステージへ、越後が新たに提訴、サトウも反撃に自信満々

 切り餅の表面に加えられたスリット(切り込み)の特許をめぐる、切り餅業界最大手・サトウ食品工業対同2位の越後製菓の訴訟が、越後が新たにサトウに対する訴訟を起こしたことで新たなステージに突入した。

 今年の正月シーズンまで、サトウの切り餅には上下面に十字、側面に2本のスリットが入っていた。一方、越後の切り餅はサイドスリット1本のみ。両社ともにこのスリットで特許を取得しているのだが、越後側が、「サトウが自社の特許を侵害している」として2009年3月にサトウ食品を提訴したのがそもそもの始まりである。

 10年11月30日、東京地裁がサトウ食品完勝の判決を出したが、11年9月7日、二審の知的財産高等裁判所が中間判決という形でサトウによる特許侵害を認める逆転判決を出した。

 中間判決は争点が複数ある場合、争点の一部に裁判所が判断を出す手続きで、民事訴訟一般にはほとんど使用されることはなく、知財分野ではまれにではあるが利用されている。

 この訴訟では、中間判決でサトウの侵害を認め、中間判決後は損害額の審理を行い、3月22日の最終判決では、サトウに約8億円の損害賠償の支払いと、対象製品の販売禁止、製造設備の撤去を命じている。サトウはこの判決を不服とし、最高裁に上告している。

 今回越後は最高裁の判断を待つことなく、4月27日付で新たな訴訟を提起。サトウの手元に訴状が届くまでに約1カ月かかったので、5月29日にサトウが開示して判明した。

 本稿では、便宜的に現在最高裁で審理中の最初の訴訟を「第一訴訟」、4月27日提訴の訴訟を「第二訴訟」と記述することにする。

 第二訴訟は、対象製品を第一訴訟で対象にした製品以外のものに拡大、今回新たに対象にした製品についての4月27日までの損害賠償を求めている。加えて、第一訴訟対象製品についての11年11月1日から今年4月27日までの損害賠償も求めている。第一訴訟では11年10月31日までの損害額しか主張していないからだ。これらを合計、総額約19億円の損害賠償を求めている。

■サトウのダブル敗訴の確率は99.9%?

 「知財高裁で和解していたら、19億円を追加されることもなかっただろうに、愚かな選択をして傷口を大きくするリスクを背負い込んだ」(知財訴訟に詳しい弁理士)。第二訴訟に対し、知財の専門家からはサトウに対してこのような厳しい意見が出ている。

 知財訴訟に詳しい上山浩弁護士は「99.9%サトウに勝ち目はない」と見る。最高裁で審理をしてもらえる理由は限られている。

 「まず、第一訴訟については、上告理由書などを見たわけではないが、最高裁で審理がなされる論点を含む事案ではないと考えられるので、半年程度で上告不受理の結論が出されれば、その時点で知財高裁の判断が確定する。したがって、第二訴訟においても、第一訴訟の対象だった製品については、地裁は最高裁の判断が出たあとに、その判断に沿った結論を出すことになる。
 
 次に、第一訴訟の対象ではなかった製品については、一からの審理になり、理屈のうえでは第一訴訟の最高裁判断に地裁が拘束されることはない。とはいえ、製品名が異なっても、スリットの入り方が同じなのであれば、地裁は第一訴訟に沿った判断を下す可能性が極めて高い」という。

 つまり第一訴訟は早晩最高裁が上告不受理を決定して知財高裁の判断が確定。第二訴訟も地裁の敗訴はほぼ確実で、第一訴訟での結論が影響して控訴、上告をしてもまずサトウの主張は通らず、サトウはダブル敗訴に至る、という見立てだ。

■願ってもない好機ととらえるサトウ陣営

 ところが、サトウの反応はこういった知財の専門家の反応とは異なり、提訴は願ってもない好機ととらえている。
 
 「日の目を見なかった大量の証拠を出す機会がこんなに早く訪れるとは思わなかった。また一から特許侵害などしていないということを主張し、今度こそ余すところなく、可能な限りの立証を行い、必ず証拠捏造の汚名をそそぐ」(佐藤元・サトウ食品社長)と意気込む。

 サトウが知財高裁で逆転敗訴を喫した理由の1つとされているのが、サトウによる証拠捏造疑惑である。越後のサイドスリット入りの切り餅が発売されたのは03年春。
 
 サトウはその前年の02年秋、イトーヨーカ堂向け限定で、上下面十字スリット入りの切り餅を発売、当初の約1カ月間だけ、サイドに1本のスリットを入れていた、だからサイドスリットはウチのほうが1シーズン先に出している、というのがサトウの主張だ。

 越後の特許をサトウが侵害しているとしても、越後の特許出願よりも先にサトウがサイドスリット入りの製品を開発していれば「先使用権」が認められ、損害賠償請求は認められない。

 実際、社内に保管していた当時の餅を公証人が確認、公正証書にしたものを裁判では証拠として提出しているのだが、知財高裁の担当裁判官は、公証人が確認したという餅が後日捏造されたものであると疑った可能性が極めて高く、この捏造疑惑が全体の判断を左右した可能性もまた極めて大きい。

 中間判決に「捏造」という文言は登場しないが、判決文を素直に読めば、大抵の人が「裁判官が捏造を疑った」と読み取れる。

 この中間判決は、サトウにとっては不意打ちだったので、中間判決後、急きょ弁護士事務所を西村あさひ法律事務所に変え、大量の証拠を出して捨て身の反論を試みたが、時すでに遅し。最終判決では「時機に後れた主張」であるとして無視される結果に終わった。

■日の目を見る大量証拠は再逆転をもたらすのか

 今回サトウが意気込むのは、今回第二訴訟を起こされたことで、この幻の大量証拠が審理の対象となる機会を得たからだ。

 本来なら、最高裁は証拠調べをしないので、最高裁が知財高裁への事件差し戻しを決定して初めてこの証拠は審理の対象になるはずだった。

 この幻の大量証拠の中にはライバルメーカーの社長が、問題の餅が実在したことを明確に証言した陳述書も含まれているだけに、これらの証拠調べはサトウの悲願。

 専門家から厳しい意見が出ていることについて、佐藤社長は「最高裁で審理してもらえる対象が限られていることは聞いている。だが、代理人はもちろん、元知財判事を含む複数の有識者の意見を聞き、そのうえでやはり知財高裁の判決は特許法や民事訴訟法の理解を誤っていると考え、最高裁でも審理してもらえると確信した。上告中の訴訟でも、東京地裁では当社勝訴の判決が出ているし、今回の訴訟では知財高裁で検討していただけなかった証拠も新たに提出できる。それを見てもらえれば、正当な判断をしていただけると信じている」と言う。

 第一訴訟で逆転敗訴を喫した原因が、サトウ食品側の法務リスクに対する鈍感さにあったことは否定できない。

 ライバルメーカーの社長の陳述書のような、説得力のある証拠を出していないなど、立証活動が稚拙であったり、特許申請に精通しているプロの実務家から見たら「ありえないレベル」のミスがサトウの特許申請にはあり、この申請時のミスが、知財高裁の裁判官に捏造を疑わせる原因となった可能性は極めて高い。

 創業以来訴訟は本件が初めてという点に同情の余地がないでもないが、投資家を背負う上場会社としては、法務リスクに対する備えがお粗末だったことは否定できない。

 はたしてサトウは汚名をそそげるのか。あるいは汚名をそそぐどころか、ダブル敗訴に至るのか。

 地方の中堅企業同士の争いという枠を超え、法務リスクに無頓着な多くの企業経営者への教訓事例としても、そして迅速な進行が最優先される知財訴訟の流れに影響を与えかねない判例としても、「切り餅特許戦争」が持つ意味は大きい。
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsdojo.blog54.fc2.com/tb.php/12020-9f91a79c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。