FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

あの元トップAV女優の危機?ファンから酷な質問連発、飯島愛との致命的な違い

 トップAV女優・麻美ゆまが5月20日、多くのファンに惜しまれつつも歌手本格デビューを機にあらためて“AV引退”を宣言した。女性グループ・恵比寿マスカッツ2代目リーダーとしてバラエティ番組でも活躍したが、2013年3月に境界悪性腫瘍で両卵巣と子宮を全摘出したため、傷が残っていることなどを引退の理由に挙げた。
 この日、アコースティックギターの弾き語り曲である最新シングルCD『Re start~明日へ~』を発売。13年8月に退院して2カ月後には、米ロサンゼルスの音楽学校に3週間短期留学していた彼女。さらにもともと趣味で弾いていたギターも1年前から本格的にレッスンを受け始め、作詞も自ら手掛けた渾身の一曲だ。本人がこの曲にかける思いが強いのと同時に、MV制作では世界的に著名な映像作家を起用し、英ロンドンで撮影を行うなどスタッフの力の入れ具合もなかなかのもの。
 CD発売日の1カ月前から始まったCD予約キャンペーンでは各地をまわり、駆け付けたファンたちとコミュニケーションをとる中で、「AV復帰はしないんですか?」という質問がとにかく多かったという。発売日の記者会見では涙をこらえながら「みなさんの期待に応えたいという気持ちもあって、本当に本当に悩んだんですが、手術をして傷も残っていますし、やりたくてもできない。だからきょうでAVは卒業します」と宣言した。
 AV女優出身で過去に芸能界で大成功した人といえば、故・飯島愛さんなどごく少数。CDのリリース記念イベントといえば、レコード店やレコード会社、ライブ会場や屋外イベントスペースなどが定番だが、20日の麻美のイベント会場は、グラビアアイドルやAV女優たちの聖地でもある東京・秋葉原ソフマップのアミューズメント館。芸能記者が語る。
「歌であれバラエティであれ、彼女のファンはAV時代のファンがほとんどです。かつてその枠組みを飛び出して飯島愛さんが活躍しましたが、ジャンルを超えての活躍を期待するのは難しいでしょう」
活躍のカギとは?


 また、芸能事務所関係者も語る。
「日本の芸能界で売れるには、やっぱり所属事務所の力が大きいです。麻美さんほどの知名度があれば、もっと幅広く活躍することも可能でしょうが、今の事務所はほとんどAV女優専門といえる状況です。飯島さんがあれだけ活躍ができたのは、大手芸能事務所ワタナベエンターテインメントに所属していたから。麻美さんの人脈がどれくらいあるのかは知りませんが、本気で芸能界での活躍を望んでいるなら、現在の事務所のままでは厳しいといえるでしょう」
 このほかにも麻美のブレイク策として雑誌記者はアジア進出を勧める。


「同じAV女優出身で恵比寿マスカッツ初代リーダーである蒼井そらのように活動の場をアジア全体にシフトすれば、歌手としても案外成功できるかもしれません。特に台湾や香港はアダルト業界の規制が厳しいので、日本のグラビアアイドルやAV女優は大人気なのです」
 多くのファンのためにも、ぜひ麻美の活躍を願いたい。

関連記事
スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

年収1億円から困窮生活へ――芥川賞作家・柳美里が告白「なぜ、私はここまで貧乏なのか」

 芥川賞作家の柳美里氏が、3月に上梓した『貧乏の神様 芥川賞作家困窮生活記』(双葉社)が話題になっている。昨年10月に柳氏が公表して話題となった雑誌「創」(創出版)の連載エッセイの原稿料未納問題や、困窮のためネット回線が止められ、公共料金や仕事の電車賃、あげく食費にも困るという作家の実情がつぶさに書き綴られているのだ。柳氏ほどの著名な作家がなぜここまで生活に苦しむことになったのか……その理由を自らが語った。

--いつから、なぜ、困窮するようになったのでしょうか。

柳美里(以下、柳) 困窮の理由はふたつあります。ひとつは、2004年ごろから断続的にひどい鬱状態に陥ることがあり、その間はトイレに行くにも起き上がれず、幻覚・幻聴も強く、「書かなければ」と思ってもまったく書けない状態になってしまいました。

 もうひとつの理由は、携帯電話の普及に伴い本が読まれなくなり、だんだんと収入が減っていったことです。20代で出版した『ゴールドラッシュ』(新潮社)は、初版5万部だったと記憶していますが、最近出版するものは初版1万部前後。これは私だけの問題ではなく、一握りの超ベストセラー作家以外の作家は総じて初版部数を絞られています。電車に乗るたびに、絶望的な気分になりますね。昔はたくさんの人が文庫や週刊誌を読んでいたのに、今はスマホ。それも電子書籍が読まれているわけではありませんからね。

--多くの作家が経済的に困っている状態ということですか。

柳 「書くことだけで食べている作家は30人ぐらいではないか」という話を聞いたのですが、かなりリアルな数字だと思います。ただ「貧乏は恥ずかしい」と考えている方が多く、公にしないだけだと思います。

 友人の作家は、1作当たりの販売部数が減ったことの対処として、出版点数を増やすことにしたそうです。私はそんなに量産できません。今回の『貧乏の神様』の前に出版したのは、1年前の『JR上野駅公園口』(河出書房新社)です。ある程度知名度のある作家の中には、大学や専門学校やカルチャースクールで教えたり、講演会やトークショーを頻繁に開いたりして、原稿料や印税以外の副収入に頼っている人もいます。私は講演会はほとんどしません。聞くところによると、講演会のギャランティもバブル期に比べて半分以下に減っているそうです。講演会収入で生計を立てていた作家も苦しくなっているようですね。


--柳さんの最も多かったときと少なかったときの年収を教えてください。

柳 多かったときは1億円以上、少ないときは400~500万円です。少ないときでも日本の平均収入くらいはありますが、1億円あったときに購入した神奈川県鎌倉市の家のローンと維持費が生活を圧迫し、水道や電気などの公共料金すら支払えない事態となりました。その家は現在売りに出していて、4月に引っ越した福島県南相馬市の借家は月額6万円の家賃なので、今後は食うに困るという状況には陥らないと思います。

--収入が多かったときに貯金はしていなかったのでしょうか。2000年に亡くなった元恋人の東由多加氏が闘病されていた際は、アメリカの病院での毎週500万円もの高額ながん治療費を柳さんが工面されていたそうですが。

柳 貯金はしていませんでした。東さんががんになる前は、浪費、乱費をしていましたね。ブランド品や貴金属など後に残るモノを買うわけではないんです。例えば、タクシーに乗るんですが、目的地に向かうために乗るのではなく、ただ2時間走り回る。そうやってお金を無目的に無意味に使うということに意地になっていました。20代から抗鬱剤を服用し、出血性胃炎や十二指腸潰瘍などで入退院を繰り返していたので、長く生きられるとも、長く生きたいとも思っていなかったんです。

●お金のために書くわけではない

--収入が減って、講演会や講師など“書く”以外の仕事をしようとは思わなかったのですか。

柳 もともと人前に出て話すことが苦手だから書く仕事を選んだんです。ほかの方法でお金を得ることは考えられません。ただ、一時期、小説家を辞めてドッグトレーナーになろうと学校に通っていたことはあります。犬を相手にするドッグトレーナーなら、人間とは話さないで済みそうだと思って。

--「小説家を辞めて」? 副業ではなく?

柳 はい。でも、実際相手にするのは、犬よりも、その飼い主でした。かなり理不尽なオーダーもあると知って、私には向いていないとあきらめました(笑)。

--「芥川賞受賞」という名誉があれば、テレビ番組やCMなどの声もかかりそうですが、そういった仕事もダメですか。

柳 テレビ番組の出演依頼は何度かありましたね。引き受けると返事をしても、番組のスポンサー側から「待った」がかかるんです。そのたびに、私は依頼してきた担当者を「あぁ、やっぱり。仕方ないですよ。気にしないでください」と慰めています。ネットで「柳美里」と検索すると、ロクなものが出てこないんで。昔は人の噂も七十五日と言いましたが、ネットにいったん出回った風評や噂話は、ある人が聞き飽きたとしても、ある人が初耳である限り拡散され続けます。でも、「柳美里」のイメージが最悪だということは嘆くことではなく、逆によかったと思っているんですよ。「私には書くことしかない」と、書くことに追い詰めてくれますからね。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

菜々緒 『イケパラ』間宮祥太朗と連日デートしお泊まりも

 5月下旬のある夜10時半過ぎ、菜々緒(26才)が都内のダイニングバーを訪れた。店の奥にある窓際のテーブル席で彼女を待っていたのは、パーマがかったミディアムヘアに、白っぽいカーディガンを着た男性だった。

 あれ? この人って最近よく見かける…あ! イケパラのあの男だ!! DJを目指していつもヘッドフォンで音楽を聴いていた!! そう、彼は今、人気急上昇中の若手イケメン俳優、間宮祥太朗(21才)だった。

 中学生の頃から『Hana*chu→』の読者モデルを務め“スマイル王子”と呼ばれていた間宮。2008年にドラマ初出演を果たすと、昨年の『水球ヤンキース』(フジテレビ系)や、今年1月クールの『学校のカイダン』(日本テレビ系)にもイケメンエリート集団のリーダー役で登場した。

「ふたりはつきあって半年ぐらいになるんじゃないですかね。ドラマ『ミス・パイロット』(2013年)で共演したときには仲のいい先輩後輩って感じでした。何より菜々緒さんが姉御肌でさばさばした性格っていうのもあって、それまでの恋愛対象は年上ばかりでしたからね。間宮くんのことも、最初はかわいい弟くらいに思ってたんですよ。でも、彼女もいろいろありましたから…」(ふたりの知人)

 彼女の“いろいろ”──それは2つの大きな恋だった。1つは、2011年7月に発覚したT.M.Revolution 西川貴教(44才)との恋。18才という年の差と、身長172cmの菜々緒に対して西川は161cmという“逆身長差”で注目されたふたりは結婚前提の同棲生活を送っていたが、2013年2月に破局。

「2年半ずっと片思いだった」。失恋後、菜々緒は雑誌のインタビューでそう語ったこともあった。しかし、西川との破局から2か月後の2013年4月、本誌はJOY(30才)との熱愛をスクープ。

「おれらは、いつ結婚してもいい!」。女性セブン記者の前でそんな宣言を行うほどラブラブだったが、JOYの二股騒動などもあり、ほどなく破局した。

 そんな彼女のそばにいつもいたのが間宮だった。

「彼は人づきあいがよくて、誘われたら何時でもどこにでも駆けつけるタイプ。本人もお酒が大好きですから、事務所の先輩の小栗旬さんや綾野剛さんからもかわいがられてるんですよ。菜々緒さんより5才も年下だけど男気もあって、そんな彼に菜々緒さんも自然と惹かれていったそうです」(前出・知人)

 冒頭のシーンに戻ると、2時間ほど食事を楽しんだふたりは店の前でタクシーに乗り、菜々緒の自宅マンションへ。約5時間後の朝6時半過ぎ、“お泊まり”を終えてひとりマンションから出てきた間宮は、電車でドラマの撮影現場へと向かった。

 そして、この日の夜、再び菜々緒と間宮は同じ店にいた。実はここはふたりのデートスポットになっており、連日ラブラブな様子が目撃されているという。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。