1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

負債総額1億3070万円! 噂の借金返済アイドルユニット「ザ・マーガリンズ」全メンバーが独占水着姿で負債事情を披露

アイドル戦国時代に異色のグループが登場した。なんとメンバー全員が“借金を抱えた女子”。しかも、その総額は1億3070万円! ブレイクしなけりゃ、返済地獄はそのままというトンデモ設定のアイドルユニット「ザ・マーガリンズ」。

借金アイドルたちの水着画像はこちら!

そんな彼女たちをプロデュースするのは、伝説のアイドルグループ「恵比寿マスカッツ」を手掛けた演出家・マッコイ斉藤と、大ブレイク中の女性芸人・大久保佳代子のおふたり。12月17日に1stシングル『グッバイ借金天国』が発売される彼女たちの初水着を独占公開!







■笑顔のプリマドンナ
藤原亜紀乃クン(組長) 負債700万円
身長153cm B78 W60 H89・23歳

今年の春、大学を卒業しました。借金は、4年間の仕送り分全額と奨学金です。現在は、アイドル活動のほかにラーメン屋さんでバイトしてるけど、生活はカツカツで……。なんとしても、このチャンスをモノにしたいです!!

■おっかんきばるっちょ!
�橋 蘭クン(いい子) 負債50万円
身長162cm B79 W52 H81・19歳

50万円は、上京するために母から借りました。ひとり暮らしはとてもできないので、親戚の家に身を寄せてます。でも、そこにも母が月々の居候代を支払ってくれて。芸能志望だった母に代わり、夢を叶えて、恩返ししたいです。

■しおくりびと
木下結愛クン(ねずみ) 負債300万円
身長155.5cm B81 W58 H81・20歳

地元の山形から某ねずみの国へ遊びに行きすぎてしまったこと、さらに上京してからの2年半の仕送りで借金が膨らんでしまいました。今はアイドル活動のほかに、ティッシュ配りのバイトをしてますが、返済には程遠いです。
■ダンシングトラクター
小野美公クン(スーブー) 負債400万円
身長164cm B? W? H?・24歳

体育大に進むときの奨学金が、400万円。小さい頃からすんごいダンス&スポーツ少女だったんですよ。でも、高校時代にプロテインでたたみかけたら、それが全部脂肪に変わっちゃって。今の取りえは、ガッツだけです!!

■ダマされ借金ママ
渡邊ナツ來クン(おっかさん) 負債800万円
身長161cm B? W? H?・23歳

二児の母です。でも、歌手になることを諦めきれなくて。芸能事務所をかたる2社と、芸能人専門をうたうエステにまんまと引っかかって、借金を背負っちゃいましたが、いつか子供たちに堂々とした姿を見せたいです!

■ゲルマンサンシャイン
マリー・C・クラウゼ クン(ゲルさん) 負債220万円
身長172cm B86 W65 H98・22歳

小学校時代、私の故郷のドイツで『神風怪盗ジャンヌ』という少女マンガが大流行しまして。それで日本に憧れてやって来ました。220万円は留学費用です。将来の夢は、ずばり日本人男性と結婚して、永住することです!!
■赤点アイドル
光原みうクン(みぅ~) 負債300万円
身長160cm B78 W58 H82・23歳

女子高に入学したものの、全然水が合わなくて、通信制の高校に入り直したんです。その両校分の諸費用が300万円。親には「絶対成功したる!」と言って、大阪から出てきたので、3年後には軌道に乗ってたいですね。

■町工場を背負う娘
西田真己クン(工場長) 負債1億円
身長145cm B83 W59 H83・30歳

両親が営んでいた鉄鋼所が、2年前に倒産しました。1億の負債については、今、清算中です。人並み以上の暮らし、平々凡々な生活はすべて吹っ飛びました。人生観が変わりました。これからは一日一日を全力で生きます。

■ウソつき魔女
依田香奈実クン(香奈実ちゃん。) 負債300万円
身長161cm B88 W60 H85・29歳

携帯電話の新規コンテンツ配信事業に出資して、見事にコケてしまいました。生活費をクレジットローンで賄ってたのも、追い打ちをかけました。なので、理想の男性はお金の運用に長けている方。私を救ってください♪

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

グラビア初挑戦の浅田舞が私生活を告白「妹と合コンなんて、飲みにだって行けません!」

今夏、ダイビングスーツを腰までまくった黒ビキニ姿の写真で世間を驚かせた浅田舞。明日発売となる『週刊プレイボーイ』50号(12月1日発売)のグラビアでは、健康的に鍛えられた小麦色の“美BODY”を披露している。

【写真】浅田舞の初挑戦グラビア!

週プレ本誌では“ダイバー”として活動する彼女も完全撮り下ろし! 意外すぎる私生活について語ってもらった。

―グラビア初挑戦、お疲れさまでした!

舞 お話をもらったときは、やっていいのかな、やったらどんな反応をされるのかな、本当に自分はできるのかなって不安な気持ちもありました。

去年までは妹が競技に出場しているなかで、姉の私が水着になるのも申し訳ないと思って、お話があってもお断りしていたんです。

―今シーズン、妹の真央さんは完全休養中ですよね。

舞 それに、もう26歳なんです、私。大人になって、なかなか新しいことにチャレンジする機会も少なくなってきたし、26歳の今の自分を残したいな、今だからこそやらなきゃいけないんじゃないかなと思ったんです。

――撮影中は本当に楽しそうで、スタッフもついつい笑顔になってしまいました!

舞 笑顔ってどうすればいいんだろうって、最初は緊張しました。だって、CMでも風邪を引いた人の役しかやってないですから(笑)。どんどん撮影が楽しくなってきて、終わるのが寂しかったです。初めて、ちゃんと自分自身を撮ってもらえているっていう感覚があったんです。本当にやって良かったって思ってます!

――今回のグラビアはどんな人に見てもらいたいですか?

舞 友達とか家族じゃなくて、競技やテレビでの私しか知らない人に見てもらいたいですね。写真だから言葉はないんですけど、でも言葉がないからこそ、自分自身をすごく出せたかなと思います。見てくれる人が「浅田舞ってこういう一面もあるんだ!」って思ってくれたら嬉しいです。

―ダイビングのお仕事もされているんですよね?

舞 ライセンスを持っているので、最近では海にまつわるお仕事も多いです。12月11日には「エコプロダクツ2014」で、サンゴやコンブの保全活動についてトークショーをするんです。これからは環境問題に関わるお仕事もしていきたいです。

―ダイビングといえば、8月にビキニ&ダイビングスーツ姿の写真が話題になりましたね。

舞 あの写真は完全非公開のインスタグラムから流出したんです(笑)。たぶん、誰かが公開にしちゃったんだと思います……。プライベートの写真だけど一応サングラスかけてるし、誰だかわかんないよな?と思っていたらすぐにバレましたね。

―そんな裏事情が! 普段の舞さんはどんな人なんですか?

舞 「お行儀がいいお姉ちゃん」と思われがちですが、そんなことありません! 普段はまったく出歩かないですね。お酒もまったく飲めないんです。

週刊誌には「妹と合コンに行く」とか書かれましたけど、飲みにも行けないんですよ、みんなのペースについていけないので……。家でひとり鍋することが多いです(笑)。休みの日はお昼に起きて、そのままベッドでお菓子を食べながらずっとマンガを読んでいるのが至福のひと時です!

*発売中の『週刊プレイボーイ』50号で、インタビューの全文をお読みいただけます。

(撮影/熊谷 貫 衣装協力/GULL)

★浅田舞さんの初挑戦グラビアは、発売中の『週刊プレイボーイ』50号に掲載!
【http://www.grajapa.shueisha.co.jp/item/detail/weeklyplayboy/ef8f55da1cb490179e13b425e2a7e35c】

★12月の週プレnetにて120点超の未公開カット&イメージ映像を配信!
12月1日から31日まで。
週プレnetでは、浅田舞さんのお宝画像&動画をボリューム満点で配信。今すぐチェック!
【http://shupure-net.shueisha.co.jp】

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

西島秀俊、雲ひとつ無いほど晴れやかな失望

突然の結婚発表で、世の女子たちを阿鼻叫喚させた俳優の西島秀俊。端正なマスクでスマートな演技を見せる彼ですが、ここ数年急激に女性たちの心を惹きつけてきたような印象があります。どうして西島秀俊が人気に火がついたのか、武田砂鉄さんが読み解きます。


「追伸・はぐれ刑事純情派、懐かしいです」

これほどまで全ての女性がショックを受けまくっているとの報道が相次いでいるのであれば、西島秀俊についてメンズから言及することは慎重にならざるをえないので、梅宮アンナの話から始めることで自分の身を守りたい。先月、あるバラエティ番組で西島の大ファンだという梅宮アンナが、携帯やメアドを記したラブレターを送ったと激白した。需要が見込まれない公開だが、全文はこちら。「西島さんへ。はじめまして、梅宮アンナです。作品を観させて頂いて、とても感動しましたので、感謝しています。元気になりました。今後もたくさんイイ作品に出会えるとイイですね。楽しみにしています。追伸・はぐれ刑事純情派、懐かしいです。」

梅宮一家というスパイスをふりかけてもちっとも濁らない

雲ひとつないほど晴れやかに稚拙な文章だが、最後の「追伸」にだけ企みが込められている。西島のデビュー作は意外にも刑事モノの「はぐれ刑事純情派」、そこで西島と共演したのが父・梅宮辰夫だった。先頃、梅宮辰夫はアンナに浮上した新たな熱愛報道について「全く関知していない。興味を示さないようにしている。もう疲れました」と徹底した無関心を表明したそう。

このように、西島秀俊を語る時に「演技派」「寡黙」などではなく、「梅宮アンナ」「梅宮辰夫」と続けると、話がみるみるうちにチープになっていく。成城石井の門構えだったのに入ってみたらドン・キホーテだった、かのごとく。梅宮アンナを、人気者にあやかった炎上商法とバッシングしてはいけない。梅宮一家というスパイスをふりかけても、西島秀俊というブランドが雲ひとつないほど晴れやかなまま濁らない、この事実を付与してくれたと感謝すべし。あれだけ派手な値札とうるさいBGMをぶつけても、成城石井でいられるのが西島秀俊なのだ。

西島秀俊の名エッセイ

断言するが、ちまたにある「朝まで飲んじゃった」エピソードに面白いものはひとつもない。今日も全国で5000人くらいが、その無個性に気づかぬままゴミ捨て場で寝ちゃったエピソードを嬉々と披露しているのだろう。長年の大ファンの女性から「西島さんは地上から1センチ浮いているような人」という、すごく分かるようなちっとも分からないような評定を何度か聞いてきたのだけれど、どこか俗世間から乖離しているようにみえる彼が書いたエッセイでは、「朝まで飲んじゃった」エピソードがこのように書かれるのである。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |