FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

【MLB】現地メディアでもその去就問題が出始めたイチロー 「メジャー史に名を残す偉人」に待ち受ける未来は

メジャー3000安打まであと160本としたイチロー
 ヤンキースのイチロー外野手が22日(日本時間23日)のオリオールズ戦で8番ライトで先発し、3打数1安打1得点2盗塁、4試合連続安打で打率を.286とした。前日21日のブルージェイズ戦では今季24回目のマルチ安打をマーク。2連勝を飾るチームに貢献している。

 そのイチローに関し、地元メディアは来季は他チームでプレーする可能性が高まっているとの見方を示している。地元紙ジャーナル・ニュース電子版が報じている。

 記事は「イチロー スズキはまたマルチヒットを記録した」とヤンキース打撃陣の中でイチローが高打率を残している点を指摘しつつ、「彼が来季以降もプレーを続けたとしても、おそらくピンストライプのユニフォームではないだろう」と伝えている。一方で、移籍の可能性が高いとする理由については触れていない。

 イチローは今季343打数で98安打。6試合を残して、21年連続でのシーズン100安打まであと2本に迫っている。 レギュラーという立場にはない中で、着実に安打を重ねており、メジャー通算安打も2840本。3000本の金字塔まで残り160本だ。そんなイチローは守備も走塁も高いレベルを維持しており、41歳で迎える来季もヤンキースに必要な人材となり得る。ただ、チーム方針や本人の意向により、より多くの出場機会が望める新天地に移る可能性は否定できない。

 今季開幕時は5番目の外野手と位置づけていたジョー・ジラルディ監督は、その厳しい立場を事前にイチローに伝えていたようだ。

今季は自らのパフォーマンスで苦境を切り開く
「開幕時には我々の外野手の人数が多かった。私はどういう状況になるかも、何試合(彼が)スタメンで出れるかも確信がなかった。彼にはスプリングキャンプで、“スタメンで出ることもあると思うが、何試合とは確約できない”と伝えた。彼は自分の仕事をよくやってくれている」

 自らのパフォーマンスで苦境を切り開いたイチローをこう称えている。

 一方、記事では壮大なファンファーレとともに今季限りで引退するデレク・ジーター遊撃手との対比についても触れている。

「ジーターはあまりに多くの注目を浴びている。それに相応しいが、イチローもメジャー史に名を残す偉人である。野球殿堂入りも、1回目の投票で選出されるだろう。彼は野球界で最も人気のある選手と同じチームに居合わせてしまった」

 ジーターに匹敵する実績と名声を誇るイチローだが、今季は大々的な引退ツアーの陰に隠れてしまったと分析されている。

 レギュラーシーズンも残りわずかとなった。ヤンキース、そしてイチロー本人が今後の未来をどう描くのか。今季終了後に日本が誇る安打製造機の去就に注目が集まることは間違いない。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

AKB、ペナントレース中止で謝罪「解決の見通し立たず」

 4月にスタートした『AKB48グループ ペナントレース』(開催期間:4月22日~10月31日)が、23日をもって中止となった。同日付の公式ブログで発表された。

秋元康、AKB運営に重圧なし ジブリPとヒットの秘訣語る

 ペナントレースにはAKB48グループの12チーム(AKB=チームA・K・B・4、SKE=チームS・KII・E、NMB=チームN・M・BII、HKT=チームH・KIV)が参加。(1)劇場公演有料会員応募倍率 (2)AKB48劇場盤握手会の販売枚数 (3)AKB48シングル選抜総選挙の得票数の勝点を競い合い、勝点最多獲得チームが優勝するとしていた。

 同サイトでは、「スタート当初よりファンの皆様から『ルールが複雑すぎる』『チームごとの公演回数に差がありすぎる』等々ご指摘を頂いておりましたが、まさにその通りで御座いました」と不備を認め、「ご指摘の点を改善しようと試行錯誤して参りましたが、解決の見通しが立たず、残りひと月では御座いますが、本日のこの発表を持ちまして中止させて頂くことをここにご報告申し上げます」とした。

 チーム8が加わり、1つの劇場で5チームが公演を行っているAKB48と、チームが2つしかないHKT48の公演数の差は開く一方。トップを走るHKTのチームKIVは41公演、2位のチームHは39公演行っている一方、AKB48は4位のチームAが24公演、5位のチーム4が29公演、6位のチームKが26公演、7位のチームBが22公演と足並みをそろえられず。それを補う握手会の回数も5月の握手会襲撃事件以降、減ったことも影響したと思われる。

 ペナントレース実行委員会は「これらは全て、全面的に当実行委員会の認識の甘さがもたらした大失態です。大変申し訳御座いませんでした」と謝罪。「チームとしての団結力の向上、そして劇場公演の根幹であるメンバーへ光が当たることを願ってスタートした企画でしたが、逆に多くのメンバーやファンの皆様を混乱させてしまう結果」となり、やむなく中止に。「特に現在1位のHKT48チームKIVメンバーと応援して下さっているファンの皆様には、このような不完全な形で中止のご報告を申し上げる結果に至ったことを重ねてお詫び申し上げます」と陳謝した。

 今後については「メンバーは勿論のこと、ファンの皆様のご意見にも事前事後を問わず真摯に耳を傾け、スタッフ間で協議を重ね、ファンの皆様に本当に楽しんで頂ける企画を再度ご提案させて頂く所存」としている。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

神戸・長田区で遺体、不明小1女児との関連捜査

 23日午後4時頃、神戸市長田区長田天神町の雑木林で、袋に入った遺体があるのを巡回中の兵庫県警の警察官が見つけた。

 今月11日からは、同町に住む市立名倉小1年、生田美玲(みれい)さん(6)が行方不明になっており、兵庫県警は死体遺棄容疑で捜査を始め、遺体の身元特定を急ぐとともに、美玲さんとの関連についても調べている。

 捜査関係者によると、遺体が見つかった場所は、美玲さんの自宅から東約150メートル、同小からは北西約150メートルで、自宅と同小のちょうど中間付近。県警は、発見現場周辺での鑑識活動を行うとともに、目撃情報などの収集を進めている。

 美玲さんは11日午後2時45分頃に下校。学校の北西約250メートルにある自宅に近い祖母宅に立ち寄った後、遊ぶ約束をしていた友達の住むマンションを訪れたが、会えずに立ち去った。

 その後、自宅近くの名倉幼稚園などで目撃され、同午後5時半頃、自宅から南東に約700メートル離れた大丸山公園付近を歩く姿が目撃されたのを最後に行方がわからなくなった。

 県警は12日に公開捜査に切り替え、連日、捜索を続けるとともに、神戸市も地下鉄全26駅と、長田区周辺のバス停550か所に美玲さんの顔写真入りのチラシを掲示し、情報提供を求めていた。

 遺体の発見現場は、神戸電鉄有馬線の長田駅から西約300メートルの住宅街の一角。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |