FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

こじらせ女子の実態って? 映画「さまよう小指」公開記念トークイベント~こじらせ生物学者たちの集い~をレポート

 最近よく耳にする「こじらせ女子」という言葉ですが、2013年に出版された「女子をこじらせて」(雨宮まみ)をきっかけに急速に広まったもの。そして、この秋、そんなこじらせ女子が主人公の映画「さまよう小指」(竹葉リサ監督)が公開されます。竹葉リサ監督は自身にとって初の長編映画となる当作品で、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014においてグランプリを受賞。

出会えるのは映画だけじゃない!? レンタルビデオ屋さんでドキドキした体験

 いったい「こじらせ女子」って? そこで、さる9月8日、下北沢B&Bにて開催された本作の公開記念トークイベントに潜入。司会進行役にフリー素材モデルの大川竜弥さん、ゲストは自他ともに認める“こじらせ女子”ライター・イラストレーターのシマヅさん、料理研究家のオガワチエコさん、フリーライター・婚活アナリストの古田ラジオさん、女豹作家の島田佳奈さん、元ナンバー1ホステスでタレントの神室舞衣さん、そして竹葉リサ監督。各界で活躍中のこじらせ生物学者が集ったトークイベントで語られた「こじらせ女子」の実態とは…?

●自己評価が低いのに承認欲求が高い

「こじらせ女子って『自己評価が低い』のに『承認欲求が高い』っていう性質が根っこにありますよね」(島田さん)

●自分は実はセンスがいいんだよと表明したい

「こじらせ女子の男性版って非モテ男子だと思うんです」
「こじらせっていうのはモテるモテないはあまり関係なくて、実はセンスの問題なんですよね。自分は今モテないけど、実はセンスがいいんだよっていう表明がこじらせとか非モテっていうことかと」(古田さん)

●客観的にみてモテていても否定する

「いわゆるサブカル系? 一般ウケじゃなくてマイワールドに生きてるっていうような。本人が客観的にみてモテてるモテてないじゃなくて、実際にはモテてる人もいるんだけど本人が気づいてないから真っ向から否定しちゃうっていうような。あいつモテてんじゃんってなっても『イヤイヤイヤ…』っていう。それでこじれちゃうのかなって」(島田さん)

●婚活には不向き

「婚活的な視点でいうと、こじらせは邪魔になるので直したほうがいい」(古田さん)

「それ(こじらせている私)を愛してくれる男性が見つかればいいですけど、それって傲慢じゃないですか?メンドクサイ女が好きな男って、絶対数として多くないと思う」(島田さん)

●モテないわけじゃない。


モテたい男にはモテないだけ

「こじらせ女子って30代くらいが多いんですけど、周りの同世代が結婚しはじめ、私は彼氏すらいない、好きな人はいるけど好きな人には愛されない、絶対ナシと思ってる圏外の男子は寄ってきてウザい…みたいな状況がややこしさを生じさせてる」
「全然モテないわけじゃないんだよ、モテたい男にはモテないだけで」(島田さん)

●もう何もできない! みたいになる。自己肯定感が生まれるまで解消しない

「こじらせは治さなくてもいい気がするんですけど、幸福度が低そうなのはちょっとよくないなって気がしていて」(竹葉さん)

「こじらせって結婚したからって卒業できるわけじゃないんですよね。自己肯定感が生まれなければずっとこじらせてる」(島田さん)

「こじらせって恋愛だけじゃないんですよね。私はデブをこじらせているんですけど、私が飲み会とかで食べてると『やっぱ食べるんだな』って思われてるんじゃないかとか、食べないと『デブのくせして食べないんだな』って思われてるんじゃないかとか、もう何もできない!みたいになるのがデブをこじらせてると思う。でも痩せたからと言ってこじらせが解消されるとも思わないんです」(オガワさん)

<以上、トークイベントのコメントを順不同で抜粋>

(画像キャプ)
上段左から、大川竜弥さん、シマヅさん、オガワチエコさん、古田ラジオさん、下段左から島田佳奈さん、竹葉リサ監督、神室舞衣さん

 トークイベントの後半では、竹葉監督のこじらせを解消するための自己肯定はどこでできるのかという問いかけに、「自覚が生まれないと肯定できるステップに進めない」と、島田さんがピシャリ。

 “こじらせ”って、傍から見るとなんだか生きづらそうですが、そんな愛情をこじらせた人たちの純情やバイオレンスを、キッチュでポップな世界観で描いた作品『さまよう小指』。この作品を観たとき、自分にもハッと思いあたることがあるかもしれませんよ?

◆作品情報

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014
グランプリ/シネガー・アワード受賞

タイトル:さまよう小指
★2014年9月14日(日)~9月26日(金) 期間限定レイトショー
配給:S・D・P

(C)Team The Pinkie

<STORY>
5歳で出会った初恋の人・涼介(小澤亮太)に振られ続けてもサイボーグみたいにヘコたれない、ブスで超恋愛至上主義の桃子(我妻三輪子)。想いと勢い余って涼介の実家を全焼させてしまい絶縁されていたが、月日が経ったある日、涼介がヤクザの笹神(津田寛治)に切られた小指を偶然拾うと、本人に黙ってクローンを作ってしまう。

関連記事
スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

盲導犬、全盲の少女、妊婦、高齢者…いま弱者イジメが止まらないのは、○○の欠如によるものだ!

先日、埼玉県内で盲導犬が何者かに傷つけられる事件が発生しましたが、またしても信じられない事件が発生しました。特別支援学校に通う全盲の少女が駅構内で何者かに足を蹴られるという事件が発生しました。

立て続けに痛ましい事件が発生する昨今、冷たい時代になったなと実感させられますが、実は障がい者だけでなく、いわゆる弱者に対するいじめが増えているのです。

■マタニティマークがかえって危険!?
マタニティマークと言えば、妊娠中の女性が周囲に注意を促すために作られたキーホルダーでご存知の方も多いのではないでしょうか? 電車やバスなどの公共交通でこのキーホルダーをつけることにより、周りから自発的に席を譲ってもらったり、不用意にぶつかるなど、体に危険を与えないようアピールするものです。

そんなマタニティマークですが、最近では、マタニティマークをつけている方が危険という声が聞かれるようになりました。リクルートの情報誌R25では、「『マタニティマーク』は危険?」という記事が紹介されています。

「キーホルダーをしてると故意に蹴られたり腹を押されたりする事もあるので、キーホルダーを見せるのはシルバーシートの前だけにしましょう!と産婦人科で注意された」

というものから、電車の中でサラリーマンから

「妊婦が電車なんかのんなよ!タクレばいい」

と罵られたエピソードまで実に信じられない出来事が。

確かに、筆者の周囲でもマタニティマークをつけることに躊躇する妊婦さんの話をチラホラ聞きますので、実際にマタニティマークで危険を感じた方が多いということでしょう。

■もはや安らげない老人ホーム
核家族化が進み、老後も自宅で過ごすことができなくなった高齢者が増えています。中には、誰にも面倒を見てもらうことができずに孤独死をしたというニュースも聞きますが、幸いにも終の棲家として老人ホームに入れたからといって、もはや安心はできない様子です。老人ホームにおける虐待件数は年々増加しており、とどまることを知りません。平成23年度には、介護従事者による虐待の発生・相談件数はなんと約700件(厚生労働省)。

特に自分から被害を訴えることができない認知症患者に対する虐待は顕著で、複数の介護従事者から継続的に虐待を受けたというニュースも頻繁に聞かれます。

■想像力の欠如。それが一番の原因
このようなニュースを耳にするとき、その原因として不況やそれによる人心の荒廃が叫ばれますが、果たしてそうでしょうか。


確かにかつての日本は障がい者など弱者に厳しい時代もありました。しかし、誰しも人生のどこかで通るであろう妊婦や老人といった人たちにまで危害が加えられるといった時代はあまりなかったように思います。もちろん、障がいをもった方が差別されてよいはずもありません。しかし、現代になればなるほど、そんな世の中の冷たさが解消されるどころか拡大しているようにしか見えないのです。経済的に豊かになった現代のほうが、貧しかった時代より冷たい社会になっている。もはや、このような状況は不況うんぬんの問題ではないのではないでしょうか。

筆者は社会全体で想像力が欠如していることが原因ではないかと考えています。誰しもある日突然、交通事故で障がいを持つ可能性もあります。妊娠する女性もいます。また、すべての人がいつかは老人になることは言うに及びません。

このようなことが、自分のこととして想像できていないためにこのような痛ましい事件を生み出すのではないでしょうか。その遠因としてスマートフォンなどに代表されるデジタル機器の発達もあげられるかもしれません。

例えば、以前は、電車内で暇をつぶす場合、読書や新聞を読むか、物思いにふけるくらいしか方法がありませんでした。一方、現在は、スマホで動画を見たりゲームにいそしむなど、主体的にものを考える時間が減っていると言えるでしょう。このような日常の積み重ねが想像力の減退につながり、考えられないほど冷たい時代を生んでいる可能性もあるのではないでしょうか。

便利な世の中になりましたし、筆者もスマホ愛用者です。しかし、今こそ、スマホの画面からたまには顔を上げ、周囲に意識を向ける程度の余裕は持ちたいものです。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

埼玉・4歳長女暴行 父親、10年前にも長男への虐待事件起こす

埼玉・狭山市で、父親に暴行された4歳の女の子が、翌日、死亡した事件で、逮捕されたこの父親は、10年前にも長男に対する虐待事件を起こしていたことがわかった。
西沢道雄容疑者(43)は、9月10日、自宅で長女の美咲ちゃん(4)をけった暴行の疑いが持たれていて、美咲ちゃんは、翌日、死亡した。
死因は、わかっていない。
西沢容疑者宅では、以前から、虐待が疑われる子どもの泣き声が聞かれ、通報騒ぎも起きていた。
暴行される直前の美咲ちゃんと話した人は「人と一緒にいたい。1人は嫌だ。パパとママに置いて行かれたと声をかけてきた」と話した。
6月ごろ通報した人は「『ごめんね、ごめんね。痛い、許して』という声が出ていたので、怒られているのかなと思った」と話した。
西沢容疑者は、10年前にも長男への虐待事件で逮捕されていて、2014年7月以降、通報を受けた狭山市の担当者が家庭訪問していたが、過去の事件を把握しておらず、具体的な対応を見送っていたという。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

アパート通路で男性刺す=殺人未遂容疑で住人逮捕―埼玉県警

 居住するアパートの通路で男性を刺したとして、埼玉県警川口署は12日、殺人未遂容疑で同県川口市芝の無職篠塚吉信容疑者(73)を逮捕した。男性は60~80代とみられ、病院に運ばれたが死亡した。篠塚容疑者は「同じアパートの者を刺した」と話していて、同署は容疑を殺人に切り替えて調べる。
 逮捕容疑は同日午後8時40分ごろ、アパート1階通路で男性の首などを包丁で刺した疑い。
 同署によると、死亡した男性はアパート1階に住む冨田衛雄さん(78)。同8時50分ごろ、同容疑者が「人を刺しました」と近くの交番に出頭した。男性は通路であおむけに倒れており、近くに血の付いた包丁があった。篠塚容疑者は「殴ってきたから刺した」と話しており、同署は2人の間にトラブルがあったとみて調べている。 

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。