FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

<リサイクル店強盗>逃走の男を容疑で逮捕 宇都宮

 栃木県警宇都宮東署は7日、リサイクルショップで店員を刃物で刺してネックレスを奪ったとして、住所・職業不詳、安岡淳容疑者(42)を強盗致傷容疑で逮捕した。

 容疑は7日午後7時50分ごろ、宇都宮市峰1のリサイクルショップ「宇都宮鑑定団駅東店」で、試着したネックレス(約25万円)を首にかけたまま店外に出たが、男性アルバイト店員(27)に呼び止められ、右胸を刃物で刺して逃げたとしている。店員は全治2週間のけが。

 同署によると、安岡容疑者はその後、タクシーで約7キロ離れたスーパー銭湯に行き、タクシー会社から通報があった。安岡容疑者はネックレスを所持していたが、「酒を飲んでいて記憶にない」と容疑を否認しているという。刃物は見つかっていない。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

鉄柵乗り越え皇居に侵入、自称40歳代男を逮捕

 皇居の敷地内に侵入したとして、皇宮警察本部は8日、自称40歳代の男を建造物侵入容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、男は同日午前3時50分頃、皇居西側にある天皇、皇后両陛下のお住まいに近い半蔵門の渡り堤に、鉄柵を乗り越えて侵入した疑い。警戒していた皇宮護衛官が取り押さえた。同本部が男の身元などを調べている。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

水上バイクで行方不明、男女を救助…琵琶湖

 滋賀県高島市沖で7日午後、水上バイクで琵琶湖に出たまま行方不明となっていた京都市西京区の男性(35)と京都府城陽市の女性(25)が8日早朝、相次いで見つかり、救助された。

 高島署によると、2人とも命に別条はないが、一晩中湖面にいたため大事をとり高島市民病院へ運ばれた。

 発表では、女性は8日午前4時15分頃、高島市沖約2キロでブイにつかまっているところを同県近江八幡市の漁師に発見された。男性は約1時間20分後、東約4キロで漂流しているところを同署の警備艇に見つかった。2人とも救命胴衣を着用していた。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

彼のことが好きかどうかわからない? 自分の気持ちがわかるバロメーターとは

「彼のことを好きかどうかわからない!」と悩んでいる人は意外と少なくありません。自分が恋に落ちているかどうかのバロメーターは何でしょうか?

 “恋の予感”のバロメーターは色々ありますが、あえて1つ挙げるとしたら、これです。

 「会った次の日、心に“その人の良い余韻”があるか」

 恋に落ちていない時はすぐに心が切り替わって、他のことに夢中になってしまいますが、心が奪われていると、どうしても相手のことを考えてしまうもの。そんな自分になったときは、「恋をしている」と言えるのかもしれません。

 好きの反対は嫌いではなく、「無関心」です。つまり、無関心の相手なのに彼のことが頭から離れないということはほぼないはず。

 もちろん、好きにも“度合い”はあるので、「手放しに好きになっている」状態とは限りませんが、会った次の日、心に“その人の良い余韻”がある場合は、それなりに相手に関心があり、心が奪われている証拠です。

 ただ、心ではなく、“頭”で恋をしようとしている人は、それを認められないことはよくあることなのです。

■好きだと認めたくない?

 人によっては、なにかしらの理由があって、「相手を好きだという気持ちを認めたくない」場合もあるものです。

 例えば、下記が挙げられます。

 「彼のことが気になるけど、自分が理想とする条件ではない」
 「友達だから、恋愛対象にはしたくない」
 「相手が結婚している人なので、好きになってはいけない」

 そんなときは、どうしたらいいでしょうか? すごく根本的なことを言ってしまうと、「好きだったら、必ずしも関係を深めなくてはいけないか」というと、そういうわけではありません。好きなだけで良ければ、わざわざ関係を深めなくてもいいのです。

 また、「好きな相手だから関係を進めた方がいい」とも言い切れません。時には理性で止めた方がいい関係もあります。

 そんなときは、「好きだけど、関係は進めない相手」だと割り切ってみてはどうでしょうか? その方が、本当は好きなのに認められなくて、「好きかどうか分からない」と思い込むよりも、意外と心がスッキリ解決するのではないでしょうか?

 「好き」だと認めること自体は、そんなに難しいことではないもの。でも、いくら好きだとしても、そこから関係を深めるかどうかは別の話です。そこを混乱させると、好きなことに気付かないふりをすることもあるでしょう。

■好きだと思い込みたい場合も?

 さらに、逆のパターンを言うと、「相手を好きではないのに、条件が良いから好きだと思い込もうとする」人もいます。その場合も、無理やり「好きなのかもしれない」と思い込ませるくらいであれば、「まだ好きではないけど、関係を進めてみたい相手」だと割り切ることもアリかもしれません。

 もしかしたら、関係を深めることで相手を好きになることもありますし、どうしても好きになれなくて辛くなったときは、「自分は好きな人と付き合わないと幸せを感じないんだ」と、自分自身をより知ることもできるでしょう。その学びは、今後の恋愛に役立つものです。

 結局、「相手を好きなのに認めたくない人」も「相手を好きではないのに、好きだと思い込みたい人」も、心と頭が一致していないから、「好きかどうかわからない!」となるわけです。

 そんなときは、いったん、心と頭を切り離して、自分を見つめてみることも大切です。

■恋愛体質の人は、自然に恋をする

 恋愛体質の人というのは、“頭で理想としている感情”に振り回されないから、自然に恋ができるとも言えます。

 先日、恋多き男性として知られている俳優の方を取材しました。その方に恋について質問すると、こんな答えをいただきました。

 「恋ってやろうと思ってやるものではないよね。友達を作るときも、作ろうと思ってなるものではないし、自然と『この人、面白い』と思ったりして、引き寄せられるもの。それは止められない。恋も急に芽生えて、振り回されて、どうにもならなくなる。理屈ではないですよね」と。

 その方と話していて、思ったんです。こんな風に「自分はこうでなくてはいけない」なんて制限を持たない人だからこそ、“頭で理想としている感情”に振り回されることなく、素直に心で感じている思いを大切にし、自然に恋をすることができるのだ、と。

 さらに、その方とお会いして驚いたのが、「人に対して壁を作らない」こと。心がオープンで構えていないし、相手を受け止めるような大らかさもあるのです。

 きっとそんな風に、人に対して心を開く彼だからこそ、意中の相手も自然と心が開き、恋が発展しやすくなるのかもしれませんね。

■心の思いは誤魔化さずに受け取る!

 人は自分にも嘘をつくものです。でも、心のどこかではその嘘に気付いているからこそ、心がモヤモヤするのです。

 本当は「好き」なのに「好きではない」と思ったり、「好きではない」のに「好き」だと思い込んだりするのも、要は自分に嘘をついているのです。

 大人になればなるほど、頭で考えて恋をしようとしがち。

 「この人と付き合ったらどうなんだろう?」
 「結婚する可能性はあるのかな?」
 「結婚したらどうなんだろう?」とか。

 でも、そんなことはひとまず置いといて、会った次の日、心の中に相手がいたときは、その気持ちを大切にしてみましょう。

 もちろんそれが、不倫や二股愛などであればおすすめしませんが、単に「相手が理想の条件ではない」などであれば、素直に心に従ってみた方がいいと思いますよ? なぜなら、もう恋に落ちてしまっているのだから!

文・ひかり (All About ひかりの恋愛コラム)

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |