FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

野々村県議 生花店に「なんで俺に聞くんだよおおお」と激高

 計195回の日帰り出張をしたとして、約300万円の交通費を「政務活動費」から支出していたことが明らかになり、“号泣会見”を開いた兵庫県議会の野々村竜太郎議員(47才)だが、その過去をひもといていくと、筋金入りの“クレーマー”だということがわかった。
 大阪出身の野々村議員は、名門進学校である大阪府立北野高校の出身だが、彼の“特異性”は高校時代から見え隠れしている。
「とにかく気難しいというか、急に怒ったりするので、友達があまりいない人でしたね。そのうち不登校になり、出席日数が足りなくて、結局、彼は1年留年してしまったんです」(高校時代の同級生)
 卒業後は関西大学法学部に進学、同大を卒業後は川西市役所に職を得た野々村議員。このころから、さらに彼の“クレーマー”ぶりが際立つようになる。川西市内のある生花店の店主がこう話す。
「ウチは毎年、市内の学校の入学式や卒業式での贈花を担当しているんですが、ある年、贈花に関する市役所の窓口が、野々村さんに変わったんです。私はもう何十年もやっているので、例年通りの書類を作って市役所に送ったところ、彼は“例年通りってなんだそれはぁ! ちゃんと考えろ!”って怒り出しましてね…じゃあどうしたらいいかと聞いたんですが、“なんでおれに聞くんだよおお! なんなんだよ! うああああ!”って、会見同様、奇声を発するだけで…何のプランもない。唖然としました」
 兵庫県議に初当選後、彼の“クレーマー”ぶりは、さらにエスカレートしていった。県議選後の初の議会では、まず各議員が担当する常任委員会を決めるのだが、そこでこんな事件が起きた。ある兵庫県議がこう語る。
「彼は警察常任委員会を希望したんですが、そこは希望者が定員を超えたため抽選になり、野々村さんは抽選で外れてしまったんですね。すると、彼は激高して、机を叩いて、“これは不当だ、裁判に訴えてやる!”と叫びだしたんです。公平な抽選によるものでやむを得ないということを伝えても“だったら次回は希望をかなえるよう誓約書を書け!”と怒鳴り散らしまして…。抽選に当たった議員に“この恨みは一生忘れない”というメールまで送りつけています」
 また先輩議員に議論を吹っかけては、支離滅裂なことをわめき散らすことは日常茶飯事で、やがて県議や県庁職員の間では“アイツにはかかわるな”が合い言葉となっていったという。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

いじめかばった小3女児に称賛の声 「勇気をほめるべきだ」「めちゃくちゃかっこいい」…

いじめられている同級生を見かねて、「いじめるなら私をいじめて」とかばった女子児童が暴行を受け、全治1週間のけがを負っていたとわかった。
自ら身代わりを申し出た女児の正義感ある行動に、インターネット上では「勇気をほめるべきだ」などと称賛の声が上がっている。
「私を代わりにいじめて」と申し出る

被害を受けたのは、愛知県豊橋市立の小学校に通う、小学3年生の女児(8)。豊橋市教育委員会によると、被害児童は2014年6月3日午後、同級生3人から乱暴行為を受け、全治1週間のけがを負った。気付いた男性担任(23)はその場で暴行を止め、事実確認と指導を行っている。
きっかけは、前日の被害児童の発言だった。別の女子児童が4月から悪口などの嫌がらせを受けていたため、被害児童は2日の放課後、児童クラブ(学童保育)で「いじめるなら私を代わりにいじめて」とかばった。それを伝え聞いた加害児童が、暴行に及んだという。
担任は4日、学年主任に相談。校長へ伝え、学校は複数人による授業を始めるなどの対応を始めた。また学校は10日、加害児童、被害児童双方の保護者に、騒動の概要と今後の対応について説明したが、被害児童の保護者は改めて謝罪の場を設定するよう求めた。
26日に再度謝罪の場が設けられ、27日に被害児童は保護者同伴で登校。週が明けた30日からは、以前と同じように登校している。
報道によると、担任は4月に採用されたばかりの新任教諭で、学校側の支援も十分ではなかったため、暴行をからかいや遊びだと思っていた。いじめをかばった理由について被害児童は、「いじめを見るのが嫌だった」と話しているという。

尾木ママ「その勇気をほめたたえたのでしょうか!?」
ツイッター上では担任や学校批判もあるが、目立つのが女児を称賛するものだ。
「かばった女子児童を尊敬する」
「この女の子の勇気をほめるべき!!」
「頑張ってかばったこの子 めちゃくちゃかっこいいわ」
法政大学教授の尾木直樹さんもブログで、
「その勇気を誉めたたえたのでしょうか!?」
「いじめ起きない学校づくり児童に約束したのでしょうか!?」
「いじめるのなら私をいじめて…と叫んだ小学三年生の女の子 学校は絶対に守らなければなりません!」
と熱弁。13年施行の「いじめ防止対策推進法」を引き合いにだし、「なんていう無責任な学校! 今は担任任せにしない 校内の対策委員会で動くのが原則!」と学校の対応についても非難している。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |