FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

ポルノを大量に見ている男性は脳の灰白質が縮小するとの研究。これにはエルキュール・ポワロも降参w

ポルノは脳に悪影響を及ぼすか?独研究

http://www.afpbb.com/articles/-/3016342



露骨な性描写を含む「ポルノ」を大量に見ている男性は、

脳の灰白質が縮小しているとの最新の研究論文が28日、

米国医師会(AmericanMedical Association、AMA)の

精神医学専門誌「JAMAサイキアトリー(JAMAPsychiatry)」に掲載された。



だが今回の研究では、実際にポルノが原因で脳が縮小しているのかどうかを

判断するまでには至っておらず、論文の執筆者らはこの件に関して、

さらなる研究の必要性を指摘している。



論文を発表した独マックス・プランク人間発達研究所

(Max Planck Institutefor Human Development)の研究チームは

「今後の研究では、ポルノグラフィーの影響を長期的に調査するべきだ。

先入的知識のない被験者にポルノグラフィーを見せて、原因となる影響を

長期にわたって調べる必要がある」と述べている。



今回の研究では、「ポルノの消費量がそれぞれ大きく異なる」

21歳~45歳の男性被験者64人に対して調査を行った。

被験者には、ポルノを見る時間はどのくらいかについて、調査票に記入させた。

被験者の回答を平均すると、1週間に4時間余りとなった。



また、ポルノサイトの露骨な性描写を含む画像や、ポルノとは無関係の

運動中の人の画像を被験者に見せ、その間にMRI技術を用いて

被験者の脳をスキャンした。

「ポルノグラフィーの使用頻度が高くなるにつれて、線条体の右尾状核の

灰白質体積が小さくなることを、われわれの調査結果は示している」

と論文は述べている。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |